朝ごはんスポット案内、第2弾!
先日ご紹介した「NANATSUMORI(ナナツモリ)」さんを第1弾という事にして、
朝ごはんに立ち寄れるお店を開拓、少しずつご紹介していきたいと思います!

今回は奈良市押熊町付近の「アルペンローゼ奈良神功本店」さんです。
1-DSCF0266.JPG
私の自宅から近過ぎるあまり、これまでサイクリングスポットとしてご紹介していませんでした・・・
でも、8:30から営業されていて、早朝ライドの終盤にモーニングを頂くこともできますね。

3-DSCF0270.JPG
店内は山小屋風です。吹き抜け天井が高く広々しているので、ゆったり寛げます。
2-DSCF0267.JPG
この時期はまだ暖炉が稼動していました。
4-DSCF0271.JPG
この日は殆ど走っていないので、手軽なパンとコーヒーのセットを(¥490-)。この他、サラダ付きのモーニングセットなどもあります。なんと言っても、店内釜の焼きたてパンを食べられるのが魅力ですね。コーヒーとパンと暖炉で、完全に落ち着いてしまいます。
5-DSCF0272.JPG
カフェの隣にパン屋さんです。目の前で焼きたてパンが出てきます。
6-DSCF0277.JPG
モーニングの時間は、ここで買ったパンをカフェに持ち込んで頂くこともできるそうです。色とりどりの中から選ぶモーニングも楽しいですね。
7-DSCF0279.JPG
サンドイッチもたくさん。サイクリングだけでなく、毎朝通いたいくらい色々なパンが充実しています。
8-DSCF0278.JPG
私が訪れたのは平日で、座席にも余裕がありました。でも、特に地元で有名なパン屋さん&カフェレストランなので、土日の朝は混雑しているかもしれません。大人数で行かれる際は予め込み具合をご確認いただくのがお勧めです。

ゆったりとした落ち着くモーニングが食べたいときにおすすめです!
奈良市内はどこからでも近いので、是非行ってみてくださいね。

鈴木 恒



先週の定休日、噂のカフェを目指して早朝サイクリングに出かけました。噂通りのオシャレで美味しいカフェ「nanatsumori(ナナツモリ)」さんを簡単にご紹介します。

場所は奈良県北葛城郡の上牧町。自転車なら王寺駅からもほど近い住宅地にあります。
P1010082.JPG
店に入ると広々とした立派なキッチン、カウンターが目に飛び込んできます。
P1010091.JPG
訪れたのは9時頃、朝の光りが暖かく差し込んで、ホッとする店内です。
P1010068.JPG
P1010092.JPG
片隅の書棚には、お店の雰囲気に合った興味をそそる本が並びます。
P1010074.JPG
2階では写真教室なども開催されているそうです。並ぶ本にも写真関連のものが多くありました。オシャレなだけでなく、文化度が高いですね・・こんな写真教室に通っていたら、友達に自慢できそうです。
P1010075.JPG
さて、このところ色々なカフェのモーニングにハマっているバイシクルカラースタッフですが、この朝は生まれて初めて食す「ダッチベイビー」。食べるのはもちろん、名前を聞いたのも初めてです。
P1010083.JPG
これは、甘党の私に最高の朝ごはんでした。「ドイツ風のパンケーキ」との事でしたが、普通のパンケーキよりかなりしっとりした生地。しかもフライパン熱々のまま出されます。バターとメープルシロップをたっぷりかけると溜まらなく美味しいです!

もう一つの名物は「OYAMAFFIN(オヤマフィン)」。奈良の山々をイメージしたマフィンで、ネーミングも見た目もかわいいですね。
P1010087.JPG
「ナナツモリ」さんまで、天理駅からは13kmほど、登美ヶ丘駅からは20kmくらいです。
大和西大寺付近からのルートは、ストアニュースでも掲載しています。

奈良市内からは、飛鳥方面へのサイクリング途中でも立ち寄れるのではないでしょうか?おすすめです!
※土日やランチタイムなどは混雑も予想されます。
 事前の電話確認をお勧めします。

鈴木 恒

かなり以前になりますが、「手組みホイール」を作りました。
最近では少しマニアックなイメージさえありますが・・・
時々興味を持たれるお客様もいらっしゃいますので、ここでごく簡単にご紹介しますね。

※手組みホイールとは、ホイールを構成する各部品を別々に揃えて、
 ショップで組み立てるものを言います。それに対して、メーカーでトータル設計され、
 完成された状態で出荷されてくるものを「完組みホイール」と呼んでいます。

下の写真のように、ホイール外周部の「リム」、中央の回転部分「ハブ」、骨組みに当たる「スポーク」、スポークとリムの接合に使用する「ニップル」で構成されます。
1-DSCF3145.JPG
これらの部品はたくさんのメーカーから様々な種類が発売されています。それを、乗り手の目的などに合わせて組み合わせ、設計します。今回はクロスバイクに使用するため、耐久性と乗り心地を重視した部品構成にしています。

まずは"あやとり"と呼ばれる工程です。ハブにスポークを通して、
3-DSCF3151.JPG
ニップルでリムに仮止めします。
4-DSCF3153.JPG
これをスポークの本数分繰り返して行きます。
詳細は割愛しますが、実は組み方が何種類もあります。求める強度によって、一本のスポークを別のスポークと何回交差させるのか。また、ブレーキの種類などによってホイール内部にかかる力の方向が変わるため、それも考慮しつつ最適な方法を選びます。

2-DSCF3150.JPG
次は"テンション調整"です。スポークの張り強さを調整し、同時に"センター出し(自転車に装着した際に、リムが真ん中に来るように調整)"も行っていきます。
1-DSCF3176.JPG
必要な工具は、写真右上の【センターケージ】左の【テンションメーター】下の【ニップル回し】です。
これらの作業は、ホイールを真円をチェックするための【振れ取り台】の上で行います。

5-DSCF3154.JPG
スポークの張り強さを見ています。一本一本が許容範囲内になるまでテンションを上げていきます。
8-DSCF3179.JPG
同時に、左右の張り強さを調整することで、リムのセンターを出します。
7-DSCF3178.JPG
【テンション調整】【センター出し】、真円に近づけるための【縦振れ取り】【横振れ取り】をバランスよく行い、微調整を加えます。
こうしてできたホイールは、使用する部品や設計が本当に多様で、オリジナルの一本になります。

近年、特にロードバイクに使用する軽量ホイールは"完組み"が大半です。実際、トータル設計されたホイールは無駄がなくバランスに優れます。軽さ、強度、乗り心地、さらに価格の面で完組みホイールが主流になるものうなずけます。手組みホイールをお勧めするケースはそう多くありません。
でも、乗り心地、強度、オリジナリティを求めた場合には有効な選択肢ですね。

※手組みホイール作成は部品検討、組立に日数を要します。予めご了承ください。


鈴木 恒

TREKのカスタムオーダーバイクシステム「PROJECT ONE(プロジェクト・ワン)」に、これまでで最高に渋いペイントテーマが追加されました!
fileforward.jpg
John Degenkolb Café Racer Domane
写真中央に写るのは、今シーズンからTrek-Segafredoに加入したジョン・デゲンコルブ選手。名だたるクラシックレースで輝かしい成績を残した名選手を称えるペイントです。

でも、そのデザインの元となったのはデゲンコルブ選手が趣味で所有するカフェレーサーと呼ばれるモータバイク。趣味から着想を得た、これまでにないユニークなテーマですね。
fileforward (3).jpg
fileforward (2).jpg
fileforward (4).jpg
fileforward (5).jpg
fileforward (1).jpg
※写真はメーカーページから

まるで金属の様な独特な質感を持った塗装で、最新のカーボンフレームとのギャップが堪らないです!個人的に非常に惹かれるデザインですが、私は最近バイクを買ったばかり・・・・
どなたか購入して、生のCafé Racer Domaneを私に見せていただけませんか?喜んで組み立てさせて頂きます(笑)

なお、このペイントテーマには特設ページが設けられています。

プロジェクト・ワンにも、既にこのペイントテーマが加わっていますよ!


鈴木 恒

ロードバイクの楽しみ方は色々ありますが、私は見ため重視派です。
そのため、バイクの見栄えに関しては細かいところまで気になってしまいます・・・

下の2枚の写真、何が違うか分かりますか?
1-IMG_5757.JPG
2-IMG_5765.JPG
正解はブログタイトルの通りですが・・ボトルホルダー。
上の写真はBONTRAGERで最もスタンダードなプラスチック製の「RL CAGE」¥2,100-。
下はカーボン製の「RXL Bottle Cage」¥6,900-です。

どうですか?私はボトルホルダーの違いでフレームの見え方に大きく差が出ると思います。軽やかさが違いますよね!
3-IMG_5764.JPG
プラスチックに比べて、非常に薄く成形されています。
この繊細さが、バイクの高級感を演出します。
共感して頂ける方は一部に限られるような気もしますが・・・念のため紹介しておきます。
4-IMG_5771.JPG
RXL Bottle Cage  ¥6,900-(税込)
カラー : マットカーボン、ブラック、ホワイト、レッド
重量 : 23g

重量もスタンダードなRL CAGEに比べて15g軽くなります。
さらなる繊細さを求めるとこちらが最適です。
※写真は代表 丹のMADONE9から。
5-IMG_5768.JPG
XXX Bottle Cage  ¥6,900-(税込)
カラー : マットカーボン、マットホワイト
重量 : 19g

私の好きな建築家で、「神はディテール(細部)に宿る」という言葉を多用した人がいます。「細かい仕事や拘りの集まりが、全体を奇麗に仕上げる」といった事でしょうか。
でもバイクカスタムでそんな事を考えていると、
予算的に歯止めが利かなくなってしまいますね(笑)

最後に、お金のかからない拘りをひとつ。
6-IMG_5766.JPG
見て頂きたいのはバーテープの巻き方です。
8-IMG_5774.JPG 7-IMG_5772.JPG
普通は左のように、化粧テープで解けないよう仕上げます。右の写真は化粧テープがありません。すっきり見せるための「逆巻き」です。

乗って本領を発揮するロードバイクですが、「カッコいいから乗っている」人も多いはず。見た目重視カスタムで、気分良く春夏のバイクシーズンを楽しみましょう!

鈴木 恒




鈴木です。ロードバイクで東大阪店へやってきました。一山越える必要はありますが、奈良から東大阪は意外と近いですね。
2-image1 (1)-003.JPG
この日の目的は、東大阪の内田店長にフィッティングしてもらうことです。
※フィッティングとは、乗り手の身体、目的などに合わせて、
 サドル・ハンドルなど、各所の位置調整を行うことです。

そう、話題のTREKフィッティングシステム「PRECISION FIT(プレジションフィット)」が東大阪店で間もなく始動します!
私が到着したときはまさに準備真っ最中。私のフィッティングデータも、サンプルとして活用される予定です。
1-DSCF9988.JPG
一番最初に、運動経験やライド目的、過去の怪我、現在の乗車頻度など・・・・フィッティングに必要な情報についてフィッターの内田店長から聞き取りがあります。
その後は身体測定。脚の長さ、肩幅、さらに柔軟性もじっくり調べます。私は体幹力が不足しているそうです・・・・
2-DSCF9990.JPG
情報をもとにフィッターがバイクセッティングを検討します。
3-DSCF9991.JPG
これまでのセッティングから、サドル、ハンドルの位置、角度を変えてもう一度乗ります。
6-DSCF9995.JPGペダリング中のデータを計測し、撮影した映像からも改善点を見つけます。
4-DSCF0001.JPG
コンピューターとカメラで解析し、アドバイスを貰えるなんて、プロの選手になったかのような気分です。
5-DSCF9998.JPG
診断の結果、サドルを9mm前へ出し、ハンドル高さは5mm高く、ステムは5~10mm短くすることが推奨されました。また、サドルの種類も再検討します。
ポジション以外の部分でも、ペダリング時に踵が下がりすぎる、左膝・足首に余計な旋回が見られる癖が認識できました。
単に身体各部の長さを測って寸法合わせをするだけではありません。また、単に経験的な勘でアドバイスするわけでもありません。
客観的な数字と、フィッターの専門的な知識、両方が揃ってこそのプレジションフィット。
クリート位置調整に始まり、体の特徴、ペダリングの癖の分析をしてもらい、自分の体を改めて点検するようで非常に面白い体験でした。

東大阪店で、3月中旬には予約受付を開始する予定です。
料金や内容、お申し込みの流れ、その他の詳細は東大阪店ストアニュースで近日告知予定です。
お楽しみにお待ちください!

※今回の私のフィッティングは、サンプルとして行いました。実際にお客様が受けられる場合と、手順や内容が異なります。予めご了承ください。

鈴木 恒

こんにちは、鈴木です。
バイシクルカラー奈良天理店のオープンが近づいています。
天理周辺の様子を知るために、スタッフ原と探索ライドへ行ってきました!
※コース詳細はページ下部をご覧ください。
1-IMG_0782.JPG近鉄奈良駅で待ち合わせをし、天理駅まで交通量の少ない裏道を抜けて行きます。
目的地は、たまごかけごはんが食べられる、「太紀家具」というお店。謎めいた店名です。

途中、梅の花が元気に咲いていました。春は近いですね。
4-IMG_0794.JPG
天理駅に到着!喋りながらゆっくり走っていましたが、あっという間でした。
2-IMG_0783.JPG
バイシクルカラーは写真中央奥、円錐屋根の建物に入ります。工事中ですが、完成した様子が想像できるくらい進んでいます。駅前が広々とした快適空間になりそうですよ!
3-IMG_0787.JPG
さて、天理周辺から15分ほど南下すると、今日のご飯処「太紀家具」さんに到着です。窓には「結婚相談」の札が・・・謎が深まります。
5-IMG_0795.JPG店内はこんな様子。教室を思わせる椅子に座ると、妙に落ち着きます。
6-IMG_0797.JPG
シンプルな卵かけご飯と味噌汁がセットで380円。卵とご飯がおかわり自由で、お腹いっぱい食べられます。僕は2杯、原は3杯食べました。
7-IMG_0802.JPG自転車で来店される方も多いようです。因みに、やはり元々家具屋さんです。今も卸売をされているようで、その一角で始められたお店だそうですよ!
「結婚相談」については聞き忘れてしまったので、次回お尋ねしてみようと思います・・・

帰り道、原はまたパンクです。チューブラータイヤ(ホイールにタイヤを糊付けする最近では少し珍しい規格)の交換も手馴れたものですね!
8-IMG_0804.JPG
実は今回のライドのもう一つの目的は、奈良市内から天理までの道のりを確認することでした。
奈良市内にお住まいの方に、気軽に天理店までお越しいただくためです!

走行ルートはこちら。

国道169号線と並行する裏道を抜けています。
信号も交通量も比較的少なく、快適に走る事ができます。
※ただし、道幅はあまり広くありません。
 時々来る対向車や歩行者に十分注意しましょう。

そして、天理までの距離が10km足らずであることが判明しました!クロスバイクでも30分程で到着しますよ!

これから天理方面のサイクリングスポットをどんどん発掘していくつもりです。
奈良市内のみなさんも、バイシクルカラー奈良天理店へ遊びに来てくださいね!

鈴木恒



こんにちは、鈴木です。先日の休み、スタッフ原と三重県鳥羽市でサイクリングをして来ました!
コース詳細はこちらの記事をご覧ください。

ライドの目的は、3/1(水)に行う、「ショートトリップライド(伊勢・鳥羽)」イベントの下見です。
が、仕事を忘れるくらいの景観にとグルメに、すっかり楽しんでしまいました。
06-DSCF9930.JPG
メインコースは「パールロード」。高台から伊勢湾を眺めて走る事ができ、爽快な気分です!
水平線だけでなく、島々や半島が点在する風景が楽しめます。
02-DSCF9922.JPG
路肩には水仙が。ここ最近、原は一眼レフに凝っています。バイクが溝に落ちるのにも気を留めず、水仙に夢中です。
03-DSCF9927.JPG
鳥羽展望台で記念撮影をしました。いい思い出になりそうです。展望台ですが、ここまで急坂はほとんどありません。
08-IMG_1385.JPG
鳥羽一郎さんとも記念撮影。原に無理やり撮らされましたが、いい思い出になりそうです。
07-IMG_1380.JPG
下って漁船の並ぶ港へやってきました。
1-DSCF9939.JPG
11-DSCF9943.JPG
イベント当日の昼食のため、海鮮グルメを食せるお店を聞き込みます。
しっかり仕事もしています。
09-DSCF9942.JPG
10-DSCF9956.JPG
イベントに相応しい店かどうか、調査を重ねます。
12-DSCF9947.JPG
ここでも原は撮影に必死です。
2-DSCF9944.JPG
ライドの最後は名物「赤福」でホッとします。

13-DSCF9958.JPG
お土産でしかいただいた事がありませんでしたが、風情のある店内で食べると一層おいしいです。お茶とセットで200円なのもうれしいですね。
14-DSCF9963.JPG
05-DSCF9961.JPG
ライド後は「湯快リゾート」さんの温泉で温まりました。「TO・BA」と言っています!
15-IMG_1418.JPG
日帰り温泉施設はたくさんありますが、この「鳥羽彩朝楽」さん、リーズナブルな価格で日帰り入浴ができます。気軽な足湯もあるのでおすすめです!

何より、高台から海や入り江を眺められる「パールロード」が本当に爽快でした。
アスファルトも奇麗に整備され快適です。アップダウンはあるものの、ゆっくり走れば初心者の方が楽しめるコースだと確認する事もできました。
グルメも充実の鳥羽、3/1のイベントが楽しみです!

若干名ではありますが、まだ定員に空きがあります。
ご都合のつきそうな方は是非参加してくださいね!
詳細はこちらです。
※近日中に、コース詳細を少し変更しする予定です。
 スタート、ゴール地点は変わりません。





こんにちは、鈴木です。僕の新しいロードバイクが届きました!
実は2ヶ月くらい前に「プロジェクト・ワン」で注文していました。そわそわしながら待っていたので、開封時も思わず顔が緩んでしまいますね!
※プロジェクト・ワンは、カラーやパーツを自分好みにオーダーできる注文方法です。
IMG_4231.JPG届いたのは約2週間前ですが、仕事の合間を縫って徐々に組立を進めていき・・・・
IMG_4649.JPG
やっと完成しました!
IMG_4628.JPG
EMONDA SLR (PROJECT ONE)
サイズ : 54 H1フィット
カラー : Solid-Team Logos  (Olive Green × Tour Yellow)

パーツはほぼ全て、今まで乗っていたロードバイクから組み替えています。
フレームカラーはかなり長い期間をかけて悩んだ結果、少し変わった色になりました・・・

IMG_4629.JPG
IMG_4633.JPG
IMG_4634.JPG
IMG_4632.JPG
IMG_4635.JPG
ほとんどの方には「自衛隊?」と言われてしまいますが、迷彩カラーをイメージした訳ではありません・・・
自分では「宇治抹茶みたいな色だなあ・・」と感じました。
どちらにせよ、すごく気に入ったので大事に乗ります!

完成後には一応重量を計測。ペダルなど込みで6.56kgでした。
IMG_4647.JPG
もう十分に軽いですね。さすが世界最軽量バイクです。
今は店に入ってすぐの一番目立つ場所に展示中です!週末は是非見に来てくださいね。

鈴木 恒




こんにちは、鈴木です。奈良県生駒市に、温泉足湯施設があるのをご存知でしたか?
P1010066-001.JPG
近鉄南生駒駅から東に坂を登った高台にあります。
生駒市が運営する「歓喜の湯」です。
P1010057-001.JPG
バイシクルカラーから自転車で1時間弱くらいでしょうか。
清潔感のある新しい施設で、誰でも無料で入ることができます。
P1010048-001.JPG
この季節、冷えた足先を温泉で暖めるとホッとしますね。
しかも高台にあるため生駒市を一望できます。
最高に気持ちの良いロケーションです。
P1010061-001.JPG
最後に少し坂を登る必要はありますが、サイクリング途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

因みに、足湯のすぐ横は「国道308号線」。細くてアップダウンの激しい有名な「酷道」です。足湯ついでにこの道にチャレンジしてみるのもおもしろいかもしれませんよ!
P1010059-001.JPG
鈴木 恒



このページの先頭へ