原です。

前回よりの続きです。



コンビニで休憩後、再出発した我々。西側の海岸沿いを北上し、スタート・ゴール地点の岩屋港を目指します。
IMG_2678-001.JPG美しいビーチを眺めながらのサイクリングは気持ちが良いです。
IMG_2681-001.JPG
こちらは「北淡県民ビーチ」というそうです。海も砂浜も綺麗で素晴らしいですね。今年はヤングを中心にナイトプールが流行っているそうですが、男は黙って海です!IMG_2683-001.JPG
コンビニ出発後約10キロ。目的のひとつでもあった「とれとれ市場」に到着です!
IMG_2684-001.JPG哀愁漂う近所の定食屋ぽいメニューに心が和みます。
IMG_2686-001.JPG店内も近所の定食やと実家を足して2で割ったような雰囲気でなんともシュールです。流行のインスタ映えなどを気にせず男は黙って淡路島のとれとれ市場です!!
IMG_2687-001.JPGこちらは海鮮ちらし900円です。特にたこがぷりぷりで歯ごたえも良く美味しかったですよ。次回淡路島に行った際は上ちらしを頼んでみようと思います。
IMG_2692-001.JPG腹ごしらえを済ませ、残り約10キロ。ご機嫌に快走する森光と私。とても良い夏の思い出ができました。また来年も行きたいですね。淡路島!
IMG_2704-001.JPGIMG_2750-001.JPG約50キロのサイクリングを終え、続いて第2部の淡路島海水浴です!
IMG_2753-001.JPG
続く。

原一矢


前回からの続きです。


淡路島サイクリング、棚田コース一番の難所。東側の海岸から西側へ横断する際の登坂区間を走る、森光と私。
IMG_2653.JPG斜度7~8%の上り坂がおよそ3キロ程続きます。クロスバイクやロードバイク等、スポーツバイクご購入間もない方にとっては少し難易度の高いコースに感じるかもしれませんが、半年~1年程度の経験者なら(たぶん)大丈夫です。

と思ったのですが、振り返ると経験年数10年程度あるはずの森光がはるか後方に・・・。真下を向いて明らかに辛そうです。残念ながら彼のバイクに付いているギアは重たいギアが多く、軽いギアは少な目のセッティングで登坂に適してはいなかったようです。頑張れ森光!
IMG_2654.JPG
登坂区間の終わりにはタイムを申告するポストが用意されていましたが、特にタイムは計っていないしゆっくり登ってきたのでパスしました。
IMG_2658.JPG
登坂区間が終われば後は西側まで下り坂です。美しい棚田を眺めながら走りますが、速度超過には注意です!景色に見とれすぎると危ないので気をつけましょう。
IMG_2662.JPG
IMG_2665.JPG時折海が顔を覗かせます。出発前にはどんよりしていた雲も、知らぬ間に綺麗な空へと移り変わっていったようで、我々のテンションも最高潮です!
IMG_2663.JPGIMG_2666.JPG棚田エリアにはこの様な看板がいくつかあり、絶景ポイントなどの指定もあります。皆さんもマイ絶景ポイントを見つけてくださいね!
IMG_2669.JPG下り坂が終わりあっという間に西側の海岸沿いに到着です。右を向けばゴールへ。左を向けばすぐにコンビニです。
IMG_2673.JPGトイレが我慢できない森光の要望でコンビニに立ち寄ります。大きなサイクルラックとテーブルが用意されているリゾート感出し惜しみしないコンビニでした。森光もご満悦です。
IMG_2674.JPG
続く。

原一矢


原です。

7月26日(水)、定休日を利用し東大阪店スタッフの森光と2人で淡路島へ行ってきました。

その模様を何度かに分けてスタッフブログでご紹介したいと思います。皆様のサイクリングの参考とならば幸いです。

さて、6時前に奈良を出発し、森光の安全運転で1時間ちょっとで到着。早朝出発なら案外近い、淡路島です。
IMG_2599.JPG前日の深夜から朝方にかけて大雨が降った為、淡路島に到着してもまだしばらくは曇り空。スカッと晴れると暑いのでこれはこれで助かりました。
IMG_2601.JPG淡路島に到着したら早速サイクリングの準備です。「絶対焼かない主義」の森光は入念な紫外線対策。使用しているのはもちろん3リットルの汗でも落ちない日焼止め「アグレッシブデザイン」です。
IMG_2613.JPG
私はサプリを摂取。運動で脂肪を燃焼!グリコ、パワープロダクションのエクストラバーナーです。もはやネタです(笑)IMG_2616.JPG岩屋港で記念撮影です!バックに写る明石海峡大橋はもちろん、体重比1対1.5の並びも中々見応えがありますね(!?)
IMG_2617.JPGスタートからおよそ20キロは東側の海岸を南下します。*写真は全て安全に配慮し停車して撮影しています。
IMG_2620.JPG海なし県として有名な奈良県憧れの海岸サイクリングは最高に気持ちよいです。遠くまで伸びる空はそれだけで心を洗ってくますね。
IMG_2631.JPG曇り空とはいえじめじめとした気候で気温も30付近でしたのでドリンクの消費が早いです。
IMG_2630.JPG自転車専用ドリンクボトルなら写真の様に自販機で購入したドリンクをその場でボトルに移し、すぐにゴミを捨てれます。保冷機能が付いたボトルもあるので暑い季節でもドリンクの冷たさをある程度キープしてくれるのも嬉しいですね。
IMG_2643.JPG淡路島といえば淡路島1周こと通称「あわいち」が有名ですが、走行距離150キロに加え上り坂も多い為かなり大変です。こんな暑い季節にそんな長い距離を走るなんて危険ですよね。

私たちは通称「棚田コース」と呼ばれる約50キロ、淡路島3分の1周コースを選択しました。棚田コースは平坦な東西の海岸沿いと、内陸の上り坂区間とに別れたメリハリのあるコースで、ショートコースながらも中身は濃い目です。
IMG_2646.JPGさて、美しい棚田を眺めながらの登坂区間スタートです。スタッフ森光は早くも限界!?
IMG_2650.JPG

続く。

原一矢


今回も機材関連の少々マニアックな内容です・・・。

前回のブログで、遂にテンチョーマストアイテムと呼ばれるパワーメーターを導入した私ですが、今回はその交換作業の一部をご紹介したいと思います。

早速ですが、ガーミン純正ペダル(左)とSHIMANO(シマノ)のアルテグラペダル(右)、それぞれの軸を取り外した状態です。
IMG_7577.JPG
そしてこちらはガーミン純正ペダルから取り外した軸からさらに「歪みセンサー」だけを取り出した状態です。小さな部品ですがガーミンのパワーメーターの価格内訳のおよそ6~7割はこの子です。
IMG_7583.JPG
次に別売りのカートリッジキットを用意します。前回のブログでも紹介しましたが電子部品ではなく、換装用の軸だけで13,932円(税込)とこちらもまぁまぁ高価です・・・。
IMG_7582.JPG歪みセンサーをカートリッジキットに差込み、ナットで固定します。
IMG_7584.JPG
最後にカートリッジキット付属のアダプターと普通のモンキーレンチを使用しシマノのペダルに嵌め込めば完成です。
IMG_7589.JPG
ところで、「なんでわざわざそんなキットまで買い足してシマノのペダルを使うのか?」という方もおられるかと思います。

理由はいくつかありますが一番大きな理由は「スタックハイト」です。スタックハイトとはペダル自体の高さ、厚みです。

ペダルが変わるとペダル自体の厚みが変わりますので結果サドル高の微調整が必要になります。この点については「プロサイクリスト吉田隼人のオフィシャルブログ」にも書かれております。

当然私はプロではないのでもっと身近な悩みです。身体が硬く股関節周りの稼動域が少ないので、少々サドル高が合わないだけで膝に負担がかかり、痛みがでてしまうので微調整が必要でそれが面倒。ただそれだけなのですが・・・。
IMG_7592.JPG
次回はパワーメータを使った遊び方をご紹介したいと思います!

原一矢


原です!

遂に、GARMIN(ガーミン)社のパワーメーター、VECTOR(ベクター)を購入しました。そして、最近発売されたばかりのPD-6800コンバージョンキットも同時購入し、早速取り付けたいと思います。

今回は、皆大好き!重量計測です。
IMG_7573.JPG
まずはベクターです。片側155グラム。
IMG_7575.JPG
続いて標準のアルテグラペダル。片側129グラム。
IMG_7576.JPG
そしてこちらのコンバージョンキットを使用し、ベクターのペダル軸内部に入っている歪みセンサーをアルテグラのペダルにお引越しします。ちなみにコンバージョンキットは唯の軸にも関わらず、税込13,932円と決してお安くはありません・・・。
IMG_7582.JPGベクターの歪みセンサーをアルテグラにお引越しした状態です。131グラムと、ノーマル比較2グラムの増加ですが、ベクターと比較すると24グラムの軽量化ですね!
IMG_7586.JPG
最近自転車を購入されたばかりの方にはこの24グラムはどうでもよいことかもしれませんが、軽量化マニアの方には24グラムの意味はとても大きいですね。また、私の様に使い慣れたシマノペダルをそのまま使えるというメリットもあるのではないでしょうか?

また近日中に細かい部品の写真等もご紹介させて頂きます。

ちなみに、私は軽量化マニアではありません。

原一矢


こんばんは、原です。

深夜更新失礼します。

日々夏の足音が近づいて来ていますね。暑がりの私にとってこの足音はまるでホラー映画のワンシーンのように聞こえます。

さて、皆さん、「BMI」というワードを聞いたことあるでしょうか。アメリカのコンピューター関係の企業じゃありませんよ。

つい先日、当店のお客様でスポーツ系の学科を専攻する大学生の子とこの話になり、色々と教えてくれました。とてもおもしろかったので皆さんに共有させていいただきますね。

BMIとはBody Mass Indexの略称で体格指数や肥満指数などと呼ばれているようです。

この数値を算出することで肥満度合いや逆に痩せすぎているかなどが判別できます。その彼に教えてもらったのですが、算出方法はとても簡単です。

体重÷(身長の二乗)だけです。

私の場合・・・(キャ!)

体重75キロ ÷ (身長(メートル単位)1.75×1.75=3.0625) = 24,489...

となります。

ちなみにもっとも痩せていたと思われる20歳ごろなら・・・

体重65キロ ÷ (身長(メートル単位)1.75×1.75=3.0625)  = 21.224...

となります。

そしてなんと人生で過去最高値は28付近に到達します(笑)

こちらのサイトによるとBMI25以上は肥満となり、高血圧や糖尿病などのリスクあると書かれていますね。
無題.png
しかしその反対に痩せすぎというのもあまり良くはないように書かれています。

あまり数値に捕らわれすぎるのはどうかと思いますが、参考にするのは良いかと思います。

みなさんのBMIはいくつになりましたか?





さぁて今日も仕事終わりのビールを飲むか!


原一矢



休暇ライドブログも第三回目。今回が最終回です!

第2回目はこちらからそれぞれご覧頂けます。

さて、タイトルはずっと朽木村なのにようやく朽木村へ突入です。

IMG_2141.JPG
湖西らしいのんびりとした雰囲気の道を進みます。車も少なく気楽に鼻歌まじりで走ります。

IMG_2143.JPG
走り出すこと10分。既にかなり田舎です。気持ちが良いですね!

IMG_2154.JPG
昨年参加した奈良のサイクルイベント「吉野グランフォンド」を彷彿とさせる風景に思わず立ち止まり、シャッターを切ります。

IMG_2157.JPG
朽木村中心部へ向かう道中はゆるやかながら上り坂が続きます。ゆっくり無理せず風景を楽しみながら走ります。

IMG_2162.JPG
前日の曇り空とはうって変わって気持ちの良い空です。流れる川に下りて行き、川遊びをしたくなりますね。しかしまだまだ走り出してから30分ほどです。

IMG_2168.JPG
朽木周辺の牧場、「宝牧場」さんにも立ち寄りました。

IMG_2175.JPG
巨大な乳牛がなんとも迫力満点でしたよ。レンガの様なものを舐めていますが塩の塊だそうです。

IMG_2176.JPG
ちなみに売店もあります。搾りたての生乳を使用したソフトクリームが堪能・・・できませんでした。私が訪れたのは9時過ぎ。開店は10時からでした。

IMG_2177.JPG
泣く泣く再出発です。しばらくは川の東岸沿いの林道を走りました。たぶんメインのルートは西岸の様ですが、こちらはこちらで木陰が気持ちが良かったです。

IMG_2187.JPG
ちなみに西岸は鯖街道です。

IMG_2184.JPG
私が走ったのは平日でしたので車も少なくとても快適でした。ゴールデンウィークや春秋の行楽シーズンは交通量も少し多いようです。広い空と大きな自然に囲まれた朽木周辺はサイクリングにうってつけです。是非秋の行楽シーズンに出かけてみてくださいね。

IMG_2188.JPG
そして鯖海道の終わり付近で、パンクです。気持ちよく走っていたのに・・・カッター刃のような形をした石が刺さっていました。

IMG_2191.JPG
カッター石のおかげで良い思いでが作れました(怒)

無題.png
ちなみに上記地図、黒まるのあたりでパンクしました。

いかがでしたでしょうか。

今回は、2日行程で一日目、約95キロ、2日目に約115キロのサイクリングとなりました。

教訓はふたつあります。

正解だったなと思うのは体温調節にクリアレインジャケットを携帯していったこと。暑がりなのであまり必要ないかなと思い、持って行こうかどうか悩んだアイテムでしたが、1日目に役立ちました。

失敗したなと思ったのはリュックを背負って行ったことです。短距離ならまだしも、長距離サイクリングではリュックの煩わしさがじわじわと効いてきます。荷物を最小限に留めるか、宿に郵送するか、最近流行の巨大サドルバッグを使用するかが良いですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

また秋ごろにどこか遠くへ出かけたいなと考えています。お勧めスポットなどありましたら教えてください。

原一矢


今年は5月ながら、気温30度を越える日も多く、既に暑さにお疲れ気味の方も多いのではないでしょうか?しかし、7月~9月はまだまだこんなものではありません。今回はそんな季節でもなるべく快適にサイクリングを楽しむことができるウェアをご紹介します。

IMG_6616.JPG
私が手に持つのはウェアブランドKAPELMUUR(カペルミュール)のレジェフィット半袖ジャージです。(こちらの柄は既に販売終了しております)私が所有するサイクルジャージの中では格段に涼しく、肌触りが良い為、春秋のロングライドや真夏のサイクリングでは好んで愛用しています。

IMG_6624.JPG
初めてサイクルジャージを着用される方にとっては、ピッタリとしたシルエットに抵抗があるかもしれませんが、サイクリング中の快適性は圧倒的に向上します。また、格安のサイクルジャージと比べても軽い着心地や通気性は驚くほどの違いを感じていただけると思います。

IMG_6618.JPG
ちなみに暑がりで汗かきの私はこの高機能に惚れ込みデザイン違いでもう一着所有しております。(こちらの柄も既に販売終了しております)

IMG_6620.JPG
続いてレジェフィットビブショーツです。下半身に着用するいわゆるぴちぴちのウェアです。こちらのお気に入りポイントは大変地味ですが裾の裏地です。

IMG_6622.JPG
裾を捲った所です。グリッパーテープと呼ばれる裾の滑り止めです。この部分、他メーカーの大半のビブショーツには滑り止めとしてラバーが配置されていますが、大量の汗をかくと皮膚と擦れて痒みや炎症の原因となる事がよくあります。ですがグリッパーテープではその様な不快感はまったくありません。これは特に皮膚が弱い方にはとても心強いアイテムとなります。私もそのひとりです。

IMG_6628.JPG
ちょっとだけ商品のご紹介をさせて頂きます・・・。
現在店頭には一番人気の高い千鳥柄のレジェフィットジャージをSサイズからLサイズまでご用意しております。フィッティングルームもございますので一度お試しくださいませ。
LionDeKAPELMUUR(リオンドカペルミュール) レジェフィット半袖ジャージ 千鳥格子リオン
¥14,040-(税込)

IMG_6630.JPG
同タイプのビブショーツもご用意しております。オールブラックにライオンのワンポイントのみですのでどの様なジャージにも合わせやすいところが嬉しいですね。
LionDeKAPELMUUR(リオンドカペルミュール) レジェフィットビブショーツ リオンブラック
¥12,960-(税込)

また、現在店頭には今回ご紹介のレジェフィットタイプではありませんが、生産数限定のサイクルジャージが入荷しております。是非こちらもご覧になってくださいね!
IMG_6700.JPG
原一矢


バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店、店長の腹、ではなく原です。

前回からの続きです。

南郷洗堰から北上し琵琶湖大橋を目指します。

しかし、洗堰でスポーツようかんを食べたのはずがやたらお腹が減ってきました。W140型のベンツ並みと評される極悪燃費な私の胃袋。空腹に耐えながら、「滋賀県の名産品(?)守山にある来来亭でラーメンをがっつり食べよう」と考えながら走りました。

強烈な向かい風に虐められながらもなんとか来来亭守山店に到着。が、なんと「メンテナンス定休日」の旗が・・・。一気にテンションが下がりもはや帰ろうかとも思いました。結局泣きながら隣のコンビニでおにぎりを食べました(泣)
IMG_4232.JPG
IMG_4233.JPG
さて、気を取り直し再出発!琵琶湖大橋を西に横断。湖東に別れを告げます。
2-IMG_2102.JPG
琵琶湖大橋付近では特に風が冷たく、半袖ジャージではさすがに震える程でしたのでカペルミュールのクリアレインジャケットを羽織りました。およそ3年程使用していますが、体温調節に便利で大変気に入ってます。4月~5月、10月~11月の早朝と日中の気温差が激しい日や、冬はウインドブレーカーとしても使用できるため、真夏以外はほぼ通年使用しています。価格も7,560円と手ごろな所も良いですね。
1-IMG_2100.JPG空が真っ白です。そら寒いですね。ちなみにミスチルの「エソラ」という曲中に「天気予報によれば夕方からの降水確率は上がっている。でも雨に濡れぬ場所を探すより星空を信じ出かけよう」という歌詞があります。
3-IMG_2103.JPG湖西に出てからは僅かに向かい風も弱くなり、時速30キロ前後で快調に走れました。左手に見える山々が雄大です。「明日はあの中を走るのかな」なんて考えながらも目的地の民宿まであともう一息です。
5-IMG_2107.JPG民宿に到着後すぐにお風呂とビールです。こんなおいしいものを飲めるなんて生きているって素晴らしい!
6-IMG_2110.JPGもちろん星空を信じましたが夕方からはじゃじゃぶりの雨です。星の撮影なんてできるわけもありません・・・。カエルの大合唱を子守唄に就寝しました。ちなみにちなみに、歌詞の続きは「雨に降られたら乾いてた街が滲んできれいな光を放つ。心さえ乾いてなければどんな景色も宝石に変わる」です。私の心はどうやら乾いていたようです(笑)
7-IMG_2114.JPG
翌日、晴れ渡る空!お楽しみの朽木村へ向かいます!8-IMG_2141.JPG
つづく!

原一矢


こんばんは、原です。

今夜は自転車ネタと画像は一切ナシでお送りいたします。

皆さんはテレビはお好きですか?私は大好きです。

テレビ好きなら今期、テレビドラマがなかなかアツいと感じているのは、もしかしたら同世代の方かもしれません。(30歳前後)

前置きが続きますが、サービス業に従事する私にとってはテレビドラマを録画以外で毎週見ることは高難度です。かつては金曜ナイト枠と呼ばれる時間帯に放送された「特命係長只野仁」や「スカイハイ」、「時効警察」、「サラリーマン金太郎(永井大版)」は大変楽しませてもらいました。

やっと本題ですが、私は今期のテレビドラマ、「ボク、運命の人です。」と「母になる」が世代的にとてもヒットしています。

まずは「ボク、運命の人です。」ですが、ジャニーズの亀梨君と山Pという組み合わせがアツいです。30歳前後の方はおわかりですよね?ええ、「修二と彰」です。私の同年代で修二と彰の「青春アミーゴ」はカラオケで歌った事のないと言われる程の定番曲です。40代後半~50代の方にわかりやすく解説すると、スナックで浜田省吾の「もう一つの土曜日」、もうだけ少し若い人ならGLAYの「カーテンコール」を歌った事がないくらい異端かもしれません。

ちなみに私は浜田省吾好きです。定番ですが好きな曲は「MONEY」です。

続いて「母になる」ですが、「別に・・・」で一世を風靡した(?)沢尻エリカが主演、夫役は藤木直人です。また記憶が逆戻りしますが「1リットルの涙」という難病と闘う少女の姿を描いた名作ドラマはご存知でしょうか?10年以上前ですが。主役の女子高生は沢尻エリカ。その難病の主治医がなんと藤木直人です。

女子高生とその主治医だった2人がなんと夫婦役とは・・・。と思ったのは私だけでないはず。つまり、武田鉄矢とと杉田かおるが夫婦役くらいの衝撃なわけです(たぶん)

いかがでしたか?私は文化的に母の影響を強く受けております。松田聖子の曲は大体歌えますし、ハマショーやシュワちゃん(アーノルド・シュワルツネガー)が好きです。

多くのお客様にとって、私は息子の様な年齢かもしれませんが、一生懸命自転車に向き合っております。是非一緒に自転車を楽しんでみませんか?精一杯のアドバイスをさせていただきますのでどうぞ何卒よろしくお願いいたします。

原一矢


このページの先頭へ