年末年始のロングライド!大阪府北部から山口県南部まで自走ライドをしました!思わぬトラブルも…

年末年始のロングライド!大阪府北部から山口県南部まで自走ライドをしました!思わぬトラブルも…

2019-02-02T16:14:45+00:00 2019/01/6|ニュース|

こんにちは!いつもスタッフニュースの記事が長文な東大阪スタッフの西川です。

去年の今頃は知人2人と自分を含めた3人で大阪~東京までほぼノンストップ(徹夜です(笑))で500kmの自走するという暴挙をやりましたが、今回は、知人1人と自分、2人で大阪府北部~山口県下関市までロードバイクと電車(輪行)を使用し、道中で2泊して3日間かけてゆるポタをしました!!

旅行行程を含め写真などを踏まえながらオススメのポイントや注意したほうが良いこと、またその体験記についてご紹介致します(今回も長文になっております(笑))

[Day1]
出発はAM10:00過ぎ(既に予定より遅れています(笑))。大阪府豊中付近からスタートです。
バイクの装備はパンク修理セット1回分だけです。全くもって軽装備です。ロングライドを舐めているとしか思えません(笑)。
※ちなみに持参した1回分のパンク修理セットにはチューブ、携帯ポンプ、タイヤレバーでした。長距離を走る際は、携帯工具や予備のチューブなどは必ず持参しておきましょう!

さらに、カギやボトルなどもあると良いでしょう。ロングライドでなにかと重宝する輪行袋も必須です!

 

1日目は大阪から岡山県浅口市にあるゲストハウスを目指しました。

目的地までの距離は約180kmとなっておりました。自転車用のサイクルコンピュータGarmin Edge820Jを普段より使用しておりますが、走行距離が100km以上になってくるとナビのロード時間が長すぎてナビとしては使い物になりません….あくまで820Jの地図機能は自分が今どのへんにいるのか確認するための位置把握できるなんちゃってナビみたいな感じです。さらに、ナビをつけて走行するとバッテリー消費が増加し6時間ほどでほぼなくなってしまいます。

ですので、ナビ機能を頻繁に使いたい!という方は少々お高いですがEdge1030Jもしくはスマホホルダーを活用しましょう。スマホホルダーはかなりの種類があるので、使い方に応じてどのようなデザインがいいのか良く考えたほうがいいでしょう!個人的な推しは、拡張バッテリーにも対応し、操作もヌルヌル動いてくれる1030Jです(笑)

 

↑上の写真は明石海峡大橋を通過したところで、ここで一旦休憩をはさみました。出発ポイントからおよそ40kmほどのところです。通ってきた道はフラットでしたのでまだまだ余裕です。信号抜きでの巡航速度は約22km/hほどでした。信号込みだと17km/hくらいです。

 

一直線の進むことさらに40km….姫路城に到着しました。あたりは日が沈みかけており、時計を確認すればだいたいPM4時過ぎ。暗くなってくると温度がさらに下がります。寒いのは苦手なので、ここで、輪行発動です(笑)。姫路駅(兵庫県西部)~金光駅(岡山県西部)まで後々お世話になる山陽本線を利用しました。

 

↑写真ではロードバイクを輪行バックに入れる前のところです。輪行バックには縦置きと横置きの2タイプがありますが、基本的に縦置きタイプのほうが置くときの省スペースです。
電車内の混雑状況などに鑑みて、他の方に邪魔にならないように置くことが大切です。特に、車両の前後に空きスペースがあることが多いのでそのようなところに置いておくのが良いかと思われます。
※輪行袋にはさまざまな種類がございます。車種にあったものをしっかりとセレクトしましょう

 

↑1日目の宿に到着しました。こちらの宿は築100年以上経っているそうで、壁が凄いことになっていました(笑)
ただ、洗面場やトイレなどは最新式で、周りは自然に囲まれているような感じの場所でした。かなり格安でしたので学生の自分にとっては大助かりです…..
このときはたまたま、他のお客さんがいなかったみたいで貸しきり状態でした。

 

[Day2]
2日目に入りました。この日も出発はAM10:00頃でした。
この日はいきなり輪行スタートで、金光駅(岡山県西部)~三原駅(広島県東部)までの移動でした。本当は広島を通過するときにサイクリングロードとしても全国的に有名な尾道に寄りたかったのですが、時間の都合上、今回はスルーしました。

三原駅に到着しました。だいたいAM11:00過ぎに到着でした。
ここから2日目の宿がある廿日市市(広島県西部)を目指しました。走行予定距離はおよそ140km。
国道沿いを走りながら、広島の山岳地帯に突入です。

↓あたりの景色は山ばっかり…..コンビニや自販機すらありません。

道中では西日本豪雨での爪跡が未だに残っておりました。橋が半分ほど流されていたり、地面が一部崩れかかっているところなどもあり交通規制もありました。

三原市を通過後にメカトラブルが起きました。去年、東京に行ったときはリアのシフトワイヤーが切れて変速が3段くらいしか入らないという事態がありましたが、今回は….

 

↑写真に注目してもらうと分かるようにスポーク折れです。しかも2本(笑)。恐らく、下っているときに踏んでしまった段差の突き上げが原因かもしれません。
スポークを支えるニップルがホイールのリムの中に入ってしまっており、フロントホイールを回すとカラカラと音がなっておりました。
スポークが折れた状態での走行は大変危険です。そのまま乗り続けてしまうと、ホイール全体のスポークテンションが下がってしまい次々にスポークが折れて転倒してしまう可能性があります

走行不能になってしまったので、奇跡的に近くにあった山陽本線の駅からとりあえず宿のある廿日市市まで本日2回目の輪行です。

↑2日目に泊まった宿は海が見えるホテルっぽいところの周辺写真です。他の人と共有できる広いスペースがあったり、シェアハウスのようなプランがありましたが、如何せん、シャイboyな性格なので個室でくつろいでいました。

 

メカトラにより、明日以降のライドが危ぶまれました…..
このまま、輪行で最終目的地の山口県下関まで行くか迷っていたところ…..そう!思い出しました!ここ広島やないのさ!

広島にもTREK専門店があります!

 

[Day3]
3日目です。午前中に泊まっていた宿から広島市内南部にある自転車専門ショップにLet’s Goです。

偶然にも(Destinyといっても過言ではないかもしれません(笑))広島を通過する前だったので、前日にことの経緯をお伝えし、スポーク修理を依頼させていただきました。修理時間は15分ほど。流石の腕前です。圧倒的感謝です。

 

その後、昼食でお好み焼きを食べてから原爆ドーム周辺からおよそ80km離れている下松駅(山口県南東部)周辺を目指しました。
↓下の写真はお好み焼きと原爆ドームの写真です。

 

出発から25km付近の岩国から分岐道路でした。自動車道が多く、自転車で通ることの出来る道が少なく自動車道の側道を進んでいきました。特に、高架や国道では自転車進入禁止の標識が立っていることが多いので郊外でも意外と走りにくいことがあります。事前に自転車で通過できるかどうかを確認してから走行することをオススメします

 

途中からひたすら登りになり、無心で漕ぎ続けていると日没に…..しかし、あたりを見渡せど山と坂のみ(笑)
この日はこのへんでtime up!さて、輪行でもするかぁと思い最も近い駅(欽明路駅)に向かい時刻表をみたところ

1時間に1本あるかないかというような山口県の山岳部を走る岩徳線のワンマンの電車でした。しかも、次の電車まで40分ほど。待合室はあったものの寒すぎて泣きそうでした。

待つことしばらくして電車が来ましたので、欽明路駅~下関駅まで輪行でワープです(笑)
途中に山陽本線に乗り換えてから行きました。あとで知ったのですが、大阪から下関まで山陽本線1本でいけるみたいでした。

 

↑目的地到着です!半分ほどは電車になってしまいましたが、自転車での総走行距離は約250kmでした。
※画像は翌日の朝に撮ったものです。実際に到着したのはPM11:30でした。

 

[Day4]
4日目は観光onlyの日でした。以下は山口県下関市の観光写真になります。

↓下の写真2枚は巌流島です。宮本武蔵と佐々木小次郎が戦ったといわれる島です。移動はフェリーです。

↓下関といったら”フク”料理!ちなみにこの定食で¥2,700ほど…もっと安価にフク料理を食べられるということを知ったのはこの後のことでした(笑)

↑さすがの港町といったところです。

 

[Day5]

帰宅の際は、バイクで下関から北九州市まで関門海峡トンネルを通過し、小倉まで移動です。
関門海峡では自転車ごと通ることが出来ますが、その場合は通行料が20円かかり、押しながら歩いて渡るような感じになります。なぜかトンネル内ではランニングしている人が多かったですが、昔はトンネル内でも自転車に乗ってもokだったみたいです。

ここを通過した後に、小倉駅まで自走し、無事に新幹線で大阪まで帰ることが出来ました!

 

いかがだったでしょうか?
ロングライドの楽しむやり方はひとそれぞれですが、冬は寒すぎるのでオススメはしません(笑)
出来れば春や夏に予定をしっかりと立ててから何人かで観光名所を回ってみるというのがいいかもしれませんね。

バイシクルカラー東大阪店ではさまざまな観光Mapやサイクリングイベント、他にもライドのご紹介をしております。是非一度、いらしてみてはいかがでしょうか?

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

===================================================================
奈良市・天理市・東大阪市のTREK(トレック)ロードバイク・クロスバイク・MTB専門店。
バイシクルカラー東大阪店 スタッフ 西川 晋広
===================================================================