平地のロングライドに最適のカーボンホイール、Bontrager Aeolus(アイオロス) Pro 5を購入しました!!

平地のロングライドに最適のカーボンホイール、Bontrager Aeolus(アイオロス) Pro 5を購入しました!!

こんにちは!東大阪店スタッフの西條です。

この度、憧れのカーボンホイールを購入しました!!
しかもリムハイト50mmのディープリムモデルAeolus Pro 5 DISC TLRです。
そこで、今回は購入の経緯、「なぜディープリムにしたのか?」やホイールの性能についてご紹介します。

Aeolus Pro 5 DISC TLR
フロント¥84,000- リア¥10,000-(税抜き) 前後セットで1,720g(タイヤやブレーキローター含まない単体の状態)

まず、なぜ私がこのホイールを選ぶことにしたかというと、
自分のペースでゆったりと坂や峠を上るのが好きな「ゆるクライマー」を自称していますが、
愛車Domane SL 6 DISCを購入してから、ヒルクライムよりも平地メインのロングライドが好き
になってしまったからです。

Domaneがヒルクライムに不向きという訳では決してありません。
それ以上に、Domane SL 6 DISC には長距離を快適に走れる仕様がたくさん盛り込まれているのです。
その結果、ロングライドがさらに楽しくなり、平地メインで長い距離を走るのが好きになってしまいました。
Domane SL 6について詳しくはこちらをご覧下さい。

そこで、「ロングライドをもっと快適に、かつスピードも出しやすいホイールはないかなー」と考えた結果…
「ディープリムホイールなら巡航性がよくなる。しかも、カーボン素材ならアルミよりも軽くて楽ちんなのでは?」
と、思い切ってカーボンディープリムの Aeolus Pro 5 Disc TLRを購入しました。

 

Aeolus Proホイールの特性としては
・素材がカーボン
・Pro3 、Pro 5の2種類展開
・リムブレーキ仕様、ディスクブレーキ仕様での展開

といった点があげられます。

まずAeorosのホイールはProシリーズ以上から素材がカーボンです。
下位グレードのAeolus Comp 5はアルミのリムとカーボンディープを組み合わせたハイブリットなモデルですが、
Proシリーズ以上はフルカーボンホイールとなり、Aeolus Comp 5 と比べ軽量で、漕ぎ出しも軽くなります。

Aeolus Pro 3, Pro 5の2種類あり、 平地も登りもオールマイティーにこなせるAeolus Pro 3と
平地での巡航性能に特化したAeolus Pro 5の2モデル展開となっております。
(左がAeolus Pro 3 、右がAeolus Pro 5)

 

Aeolus Pro 3 は平地での巡航性能もある程度考慮されリムハイトがやや高めの35mmです。
それでいて重量はリムブレーキのモデルですと1505g、Bontragerのアルミ最軽量ホイールの
Paradime Elite(パラダイム エリート) 並みの軽さを誇り、登坂性もバツグンで、
まさにいいとこどりのホイールです。

 

Aeolus Pro 5はリムハイトが50mmと高くなり、巡航時の空気抵抗を受けにくく、
平坦路の走行性能を追求したモデル
です。

 

一般的なリムハイトの低いホイールであれば、スポークが長い分、正面から後方に受ける気流を乱してしまい、
抵抗となってしまいます。
しかしAeolus Pro 5 のようなディープリムホイールの場合、リムハイトを高くすることで、正面から受ける
空気の乱れを軽減し、空気抵抗を抑えることが出来ます。
その結果、巡航時のスピードが落ちにくい構造に なっています。

 

Aeolus Pro 3よりもリムハイト分の重量が増え、ヒルクライムは不得意にはなりますが、
一定のスピードを長距離維持するような走り方で効果を発揮してくれます。
その為、峠や坂道よりも平坦コースの多いロングライド好きの方にオススメです。

またリムブレーキ対応のAeolus Pro TLR Clincherと、ディスクブレーキ対応のAeolus Pro Disc
TLR
の展開があります。ディスクブレーキ車の場合、フロントフォークやシートステイのフレームの
クリアランスがリムブレーキほど制限されないので、28Cや32Cのワイド幅のタイヤも履けちゃいます
(左がリムブレーキ、右がディスクブレーキです。)


タイヤ幅の広いタイヤを履かせることで路面との接地面積が増えて安定性がよくなります。
またタイヤの空気圧を下げ気味で、柔らかい乗り味を出すことも出来るので、舗装の粗い道や
マンホールなど路面なども気にせず走れ、長距離を走る際のストレスを 大きく軽減してくれます。

今回、私はR4 Classics(700 × 28C)という1本9,900-(税込)の高級タイヤを履かせて見ました。
通常の、金型で成型するタイヤとことなり、ハンドメイドで熱や圧力を加えない製法で、
ゴム本来のしなやかでやわらかい乗り味のタイヤです。

実際にホイールを履かせてみるとこんな感じです。
(ホイール交換前)

(ホイール交換後)

 

以前のホイールもシンプルでスッキリした見た目でしたが、 ディープリムになり見た目のインパクトが
ぐっと上がりましたね。またR4 Classicsタイヤのクラシカルなタイヤを使用することで、 レース車の
ような雰囲気も出たと思われます。

リム面のグラフィックは特殊な加工によるもので、デカールは使用されていません。
こちらも重量削減に一役買っているポイントですね。
マット地のリムに対し、グラフィック部のみツヤになっており、シンプルながらもさりげない
高級感が出ていて、所有欲が満たされる見た目です。

 

 

気になる重量ですが、以前のカスタムでは完成車にペダル、ボトルケージをつけて9.13kgありましたが、
Aeolus Pro 5 DISC TLR装着後では実測8.87kgでした。
タイヤも元の完成車より軽いものを使用しましたが、車体、全体で260gほど軽量化されました。

ディープリム化し、かつ少し軽量化した分、巡航性や漕ぎ出しの軽さが向上したこと間違いなし。
ロングライドでの快適性や疲労の軽減への期待が高まります。

インプレッションについては、後日、実際に走ってみた感想をご紹介します。

 

バイシクルカラーでは「冬のホイール購入サポートキャンペーン」を2/28まで実施しております。
寒い冬のモチベーションアップにホイール購入を検討されている方やこの春からのライドをより
快適にしたいとお考えの方はぜひ、この機会にオトクなキャンペーンをご利用ください!!

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 西條 芳哉
=================================================================