コンプリート・アルミディスクロードバイク―TREK(トレック) EMONDA(エモンダ) ALR 5 DISC!

コンプリート・アルミディスクロードバイク―TREK(トレック) EMONDA(エモンダ) ALR 5 DISC!

こんにちは!スタッフ武本です。
さっそくですがバイクのご紹介。

Emonda ALR 5 DISC

Color : Matte Gravel / Quick Silver

Price : 199,000- (税抜)

TREKが誇る最軽量アルミ、カーボンロードバイクシリーズ・Emonda(エモンダ)

その中核を担うアルミロード・Emonda ALR 5に最新技術である油圧ディスクブレーキを搭載させたのがこちらのEmonda ALR 5 DISC。通常のブレーキ版(リムブレーキタイプ)からのグレードアップですが、価格差は約2万円に収まるというコストパフォーマンスにも優れた一台です。

―Emonda ALR 5 2019年モデル。

前モデルから塗装技術も大幅に進化し、もはやカーボンロードバイクと見間違うほどキレイな溶接処理が施されています。見た目でもロードバイク選びでは重要になるポイントですが、こちらのEmonda ALR 5では塗装の美しさも非常に大きなメリットだと思います。


↑ヘッドチューブ周辺。まったくアルミの溶接痕がみられません

↑トップチューブ周辺。
塗装パターンはシンプルなマットグレー・クイックシルバーの組み合わせ。まるで高級車のような高貴な佇まいです。落ち着いたバイクがお好みの方にはピッタリなペイントだと思います。

変速機・ブレーキ等はこちらも新モデルとなったすべてShimano 105 R7000シリーズで統一。こちらはロードバイクのパーツグレードでも上から三番目に位置する、上位モデルを踏襲した性能やデザインを兼ね備えているハイパフォーマンスなグレード。「105グレードが付いていれば(性能等)間違いは無い」と呼ばれるほど。
Emonda ALR 5 は一切妥協されないパーツアッセンブルで構成されています。

メインフレームは最軽量300 Alpha Alminiumシリーズ。そしてフォーク部分(前輪を支える二又の部分)はTREKカーボンフレームと同じクオリティー基準であるOCLVカーボン製。高い強度、軽さ、快適性を生み出すTREK最高傑作のカーボンをふんだんに使用。

シートポスト(画像中央、サドル下の円柱)もカーボン製。衝撃吸収性能、軽量化に貢献しています。ロングライドもバッチリこなせます。

標準で700x25Cタイヤを装備。通常リムブレーキタイプは25c以上の太さでは装着自体は可能な車体もありますが、ホイール着脱時にタイヤとブレーキが接触しまいがち。ディスクブレーキではその心配はありませんね。安心して太いタイヤの装着が可能です。また、太いタイヤにする評価はここ近く非常に高く、その操作性の楽さ乗り心地の良さコーナリング時のグリップ力など。

私自身も700x28cを現在使用していますが、圧倒的に上記のメリットが大きいと思います。700×25~28cはロングライドではぜひオススメしたいタイヤの太さです。

そして核心のディスクブレーキ。最大のメリットは

非常に高い安定・安全性

これにつきるかなと思います。

 

従来のリムブレーキに比べ、ディスクブレーキは驚くほどブレーキ性能を底上げしています。下りやコーナーの減速時などでも手の力がほとんど要らず、軽いタッチで素早く減速。また、とっさの事故を回避するパニックブレーキでも制動距離を抑えれる点は大きいです。指の疲労も少ない為、ロングライドでは大きなアドバンテージになりますね。

特に冬の下りなどは…かじかんで全く指の力も入りにくかったりもありますし…笑


【リムブレーキ vs ディスクブレーキ】

よくお客様から「リムブレーキとディスクブレーキ、どっちがいい?」と、お問い合わせいただきます。

リムブレーキ・ディスクブレーキ。
どちらも良いバイクです。

リムにはリムの良いところ…
・軽量さ
・個人での整備のしやすさ
・利き幅(リムとシュー間)の調整がより細かく出来る
・輪行時など気を使うことが少ない

ディスクにはディスクの良いところ…
・圧倒的なブレーキコントロールの楽さ
・28cのワイドタイヤが安心して装着出来る。車種によっては32cも可能。
・リムがブラックカラーとなり、見た目がとてもスッキリ。
・雨天時の走行ではかなりのアドバンテージ。

ロングライドで、とにかく楽に長い距離を
万が一雨になっても安心なバイク――ディスクブレーキロードバイク

登りやアップダウンで軽さを
自身で色々パーツなどカスタムしてみたい。――リムブレーキロードバイク

と、どちらも長所がたくさんあり…また短所もあります。
「適材適所」という言葉が最も正しいのかもしれません。

しかし悩む…という方は、「見た目で選んでしまう」というのも、あながち一つの解なのかもしれません。


↑↓左(手前)、リムブレーキ。     ↑↓右(奥)、ディスクブレーキ。

ルックス。ディスクブレーキはかなりシンプルなフレーム形状になった気がしますね。対してリムブレーキは従来通りロードバイク然としていて、王道な感じ。

見た目はほぼ一緒ですが、乗り味はかなり違いますよ…!
とはいえ、どちらもTREK最軽量カテゴリー・Emonda。
リムはもちろん、ディスクも登りを難なくこなします!

とはいえ、実際に乗ってみられるのが最も確実な方法だと思います。笑
バイシクルカラーでは車種は異なりますが、リムブレーキ・ディスクブレーキ共に試乗車をご用意しております。
ぜひお問い合わせ下さいませ。

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店
=================================================================