走行データをアプリに自動アップロード! GARMIN Edge130でサイクリングやロングライドの楽しさを広げよう!

走行データをアプリに自動アップロード! GARMIN Edge130でサイクリングやロングライドの楽しさを広げよう!

2019-07-06T10:11:01+00:00 2019/07/6|取扱商品のご案内|

先日お客様バイクにGARMIN Edge130を取り付けさせていただきました!

元々BONTRAGER trip300をご使用頂いていましたが、データの同時表示が2項目までだった為、3項目以上同時表示出来る機種をご相談頂きました。

3項目以上の表示を可能とするサイクルコンピューターは多数ありますが、折角ならGPS機能が搭載され、アプリと連携しデータ管理が行い易い機種をご提案させて頂きました。もちろん表示出来る項目数は画面をカスタムすることで幅広く対応します。


GARMIN Edge130 ¥23,800-(税別) 本体のみ

「本体のみ」とはスピード/ケイデンスセンサーが付属していない事を意味します。今回お客様は既にtrip300をご使用時にBONTRAGERのDuotrapSセンサーを取り付けていましたので、そちらをそのまま使います。
※ANT+もしくはBluetooth(BLE)に対応したセンサーであれば使用可能です。純正センサーが付属したセットモデルは¥29,800-(税別)です。

 

今回のEdge130は地図表示やナビ機能こそありませんが、GPS機能搭載により取得できるデータはハイエンドモデルと同じです。最も必要な機能をコンパクトにまとめ価格を抑えた、コストパフォーマンスの高いモデルと言えます。

 

タッチパネルではありませんが、正直ライド中にタッチパネルが操作しやすいかと言うとそうとも言い切れません。スポーツ関連のデバイスでは物理ボタンを好むユーザーも多数おられます。

慣れてしまえば直感的に操作可能です。

 

そしてデータを表示するだけのサイコンと比べ最大の面白さが、アプリと連携し走行データを後からチェック出来る事ではないでしょうか!
スピード、ケイデンス、距離といった代表的なデータは勿論、高度上昇量やラップデータまで幅広い走行データを取得可能です。

 

ブラウザでは場所ごとの走行データをグラフから読み取る事も出来ますよ!

 

走行データはカレンダーに累積しますので、月間の走行距離や運動頻度が一目瞭然!ちなみに、GARMINから発売されているランニングウォッチやトライアスロンウォッチを使用すれば、同じカレンダーで一元管理できます。

走っている時だけでなく走った後も活用できるサイクルコンピューター、スポーツバイクの楽しさを広げる事間違いなしです!
その中でもGARMIN Edge130は、価格を抑えて気軽に取り入れやすいモデルですね。

当店でご購入頂いたGARMIN製品であれば、無料で設定、取り付け、アプリとのペアリング、使い方のご説明を行っております。
自分にはどのモデルがピッタリなのか、まずはお気軽にご相談ください!

=================================================================
東大阪市。奈良市、天理市にあるTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店
=================================================================