【2020年モデル】TREK(トレック) EMONDA(エモンダ) ALR5 DISCのご紹介!~TREK最軽量アルミロードに新色が登場!!~

【2020年モデル】TREK(トレック) EMONDA(エモンダ) ALR5 DISCのご紹介!~TREK最軽量アルミロードに新色が登場!!~

こんちには、藤本です。

今回は、2020年モデル「EMONDA ALR5 DISC」がニューカラーで登場しました!
また、TREKのアルミロードバイクの中で一番上のグレードに位置しています。

それでは、詳しい内容をご案内致します。

EMONDA ALR5 DISC ¥219,000-(税抜)
フレーム:ALPHA  アルミニウム 300
サイズ:47505254565860cm
メインコンポーネント:SHIMANO 105
カラー:Slate to Trek Black Fade/Purple Flip
ブレーキセット:油圧式ディスクブレーキ
タイヤ:700×25C


EMONDA ALR5 DISCの特徴を4点に絞って説明していきたいと思います。

1.2020年ニューカラー&EMONDAフレームの特徴
2.ディスクブレーキによるタイヤクリアランス拡大
3.サドルに伝わる振動を緩和するカーボンシートポストを採用
4.メインコンポ:SHIMANO 105で構成&油圧式ディスクブレーキのメリット

 

1.【2020年ニューカラー&EMONDAフレームの特徴】

・EMONDAは軽量化を図る為、無駄な部分を削ぎ落としたシンプルなフレーム設計となっています。また、フレーム素材として「ALPHAアルミ(軽量かつ高剛性アルミ」を用いることで、力の伝達速度が速くダイレクトな力強い走りを再現します!

・実は私もかなり注目していたカラーリング!! TREKの2020年モデルは特にグラデーションカラーをしたバイクが多いように思われます。デザイン専門の開発部署を社内に設け、昨今のファッショントレンドにも敏感で、自社製品にもいち早く取り入れているトレックだからこそ、出来るスタイリッシュなデザインです。

一見するとグロスのグレーのシンプルな見た目ですが、フロントフォークのエンド部やBB周りなど足元にかけてブラックへとトーンが変わっていく配色。遊び心を加えつつも渋みのある深いカラーで、見る人を飽きさせないデザインですね。

・また、EMODNA ALRのフレームの特徴で惹かれるポイントは、アルミフレームとは思えない程に溶接痕がほとんど見えない美麗な仕上げを施している所にあります!

・2020年モデルからフロントフォーク内にブレーキホースが通るようになった為、外観がよりスマートになりました!

 

2.【ディスクブレーキによるタイヤクリアランス拡大】

・ディスクブレーキによりクリアランスが拡がり、少し太めのタイヤでも履くことが出来ます。重量を抑え走行性を重視したい場合は700×25cがオススメです。一方で、快適性・安定性重視の場合は、700×28cにすることで空気圧を少し下げて乗ることができるのでオススメです。あくまでも一例ですがサイクリングスタイルに合わせてタイヤをカスタムするとよりライドを楽しんでいただけます。


 

3.【サドルに伝わる振動を緩和するカーボンシートポストを採用】

・初心者サイクリストにありがちなのは、サドルに伝わる振動によりお尻が痛くなってしまうというケースが比較的多いです。そこで、EMONDA ALR5 DISCでは、Bontrager Pro シートポストを採用しています!カーボン素材は振動吸収性に優れている為、舗装が粗い路面などの地面からの突き上げといったちょっとした微振動が緩和されることによりお尻の痛みが軽減されます。

 

4.メインコンポ:SHIMANO 105で構成&油圧式ディスクブレーキのメリット

【油圧式ディスクブレーキ】
・メインコンポーネントはSHIMANO 105で統一されています。

また2020年モデルからは、ほとんどの車種に油圧ディスクブレーキが搭載されています。

 

私が乗っているEMONDA SL6(ミドルグレードのフルカーボンバイク)はリムブレーキモデルである為、坂道や峠を下る際にどうしてもレバーを強く握らないとブレーキの制動をコントロールできません。この動作が意外と神経を使います…
店の試乗車やスタッフの私物のディスクブレーキ車に乗って感じたことは、ブレーキレバーを軽く握っただけなのにバイクの減速しバイクが静止するまでの時間がリムブレーキと比べ早いように感じられました!

軽く握ってもブレーキを制動できることは、峠や坂道を下る際にリラックスした状態でバイクコントロールが出来るようになります。
また、ディスクブレーキの魅力の一つで「環境に左右されない安定したブレーキング」を行える点にあります!

雨の日や濡れた路面でブレーキングを行った際に、ブレーキが効かないといった現象に陥ったことは私も経験したことがあります…
そのような時でも、安定したブレーキングが行えることは安全性がグッと増す為、ライドにより集中することが出来ますね。

2020年モデルからディスクブレーキが搭載されたバイクが徐々に増加傾向にあるため、今後ロードバイク選びのポイントとして重要になるかと思われます。

 


ALPHA アルミ 300がもたらす「剛性の高さ」と「軽量性」、そして油圧式ディスクブレーキの「より安全なブレーキング」を兼ね備えたロードバイクが『EMONDA ALR5 DISC』です!

EMODNA ALR5 DISCは、普段着でも違和感なく乗ることが出来るロードバイクです。
通勤・通学でスタイリッシュにスポーツバイクを乗りこなしてみませんか!

2020年最新モデルのご紹介は下のリンクをご覧ください。
【2020年】EMONDA SL5 DISCが入荷しました!EMONDA SL5にも油圧式ディスクブレーキが搭載です!

=======================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 藤本 康平
=======================================================