TREKのロードバイクにBONTRAGERの最軽量アルミホイール「Paradigm Elite」ホイールを取り付けさせて頂きました!

TREKのロードバイクにBONTRAGERの最軽量アルミホイール「Paradigm Elite」ホイールを取り付けさせて頂きました!

2019-09-12T19:52:36+00:00 2019/09/12|取扱商品のご案内|

こんにちは、藤本です。

今回は、お客様のロードバイクのホイールアップグレードの作業をさせて頂きました!

Paradigm Elite TLR Clincher Road Wheel

価格:フロント ¥51,000-(税抜) / リア ¥60,200-(税抜)
重量:フロント 655g / リア 835g
付属パーツ:Tubeless Ready(TLR)リムストリップ、TLR バルブステム、インターナルカムクイックリリース


【 Paradigm Eliteの特徴】

「Paradigm Elite」ホイールの一番の特徴は価格を抑えつつも軽量さを実現している点にあります。シンプルな外観ではありますが、この無駄の無い設計により軽量化を可能としています。軽量性に特化しているこちらのホイールは、TREKの軽量ロードバイク「EMONDA」シリーズにピッタリだと言えます!
軽量ホイールのメリットは、加速性登坂能力の向上です。峠や坂道が楽になるとヒルクライムの苦手意識を克服できるかもしれませんね笑

スポークを支える角度を広げ剛性を上げるというTREK独自の技術を採用しています。剛性が上がると、力がロス無く伝わり漕ぎ出し時も楽になります!

ハブとスポークは完組ホイールやハブ・スポークを主に販売するアクセサリーブランド『DT Swiss』を採用しています。また、スポークは、空気抵抗を抑えるエアロスポークを採用しております。

ワイド設計リムを採用することで、ホイールの剛性を保つことが出来ます。その為、スポークテンション(張力)が過度に上がらないので、振動吸収性が高い点も特徴の一つですね。

ここがとても大切な点です。

単純に軽いだけ、剛性が高いだけ、乗り心地が良いだけのホイールは優れた製品とは言い切れません。
今回のホイールは、踏み込んだ時の高い剛性、そしてロングライドで求められる高い振動吸収性、それでいて軽い、とてもバランスに優れたホイールなのです。
数多くあるホイールメーカーの中でもTREKのオリジナルブランドであるBONTRAGERは、TREKのフレーム同様にオールラウンドで使用出来るバランスの良さが特徴です。
設計するに当たり同じコンセプトを用いていますので、TREKのロードバイクに合わせて間違いのないブランドです!

 

実測重量もメーカーの記載通り、前後合わせ1490gでした。(リムテープ含む)
完成車(ALR5やSL5 ※年式により異なります。)に付いているホイールは前後合わせて約2200gの物が付いていることを考えると、こちらのホイールに換えた場合単純に計算しても710gの軽量化が可能です!
10gをいかに軽量化するか苦心される方も多いので、一気に700gは驚異的な軽量化です!
さらにタイヤ・チューブも軽量の物に換えるとさらに軽量化に繋がります。

前後のホイールの実測重量です。


最後にお客様が「Paradigm Elite」ホイールを選ぶまでの経緯です。

バイクの軽量化を図る為ホイールかハンドルを換えるかで悩んでおられましたが、軽量化だけでなく大幅な走行性アップが実現出来る事を伝えし、ホイールをご提案させていただきました。
ご予算や走り方をお伺いしている中で「Paradigm Elite」ホイールに決まりました。

ホイールのアップグレードは、単なる軽量化だけでなく走り大きく影響するパーツです。
今回ご紹介しました「Paradigm Elite」ホイールは、「抑えた価格と軽量性」に特化したホイールと言えます。
軽量ロードバイクの「EMONDA」シリーズのポテンシャルを底上げしてくれること間違いなし!

=======================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 藤本 康平
=======================================================