夢の一台はブラック×ピンクの鮮やかなMADONE(マドン) SLR!! カラーオーダーProjectOneのご紹介!

夢の一台はブラック×ピンクの鮮やかなMADONE(マドン) SLR!! カラーオーダーProjectOneのご紹介!

2019-10-04T19:37:46+00:00 2019/10/4|ニュース|

Project One(オーダーシステム)のMadone SLRが完成しました!

TREK(トレック) Madone(マドン)SLR 【ProjectOne】

今回は組み上げる前段階の下準備作業もご紹介します。
こちらはスルーアクスルのタップ立ての作業。専用の工具を用いてネジ山の精度を高めます。
当然メーカー公差内で精度は出ておりますが、より厳しい基準で精度を高めると、
後々ホイールを頻繁に着脱する場合、より軽くスムーズな回転でストレスなくその作業が行えます。
ただ、言われないと分からない範囲かもしれませんが…。

 

こちらはディスクブレーキの本体取り付け箇所のタップ立て。
ホイールの着脱が多い場合や、走行距離が多くブレーキパッドの交換や調整を頻繁に行う場合、
ブレーキ周りの精度が高ければ調整が短時間でスムーズに行えます。

 

ブレーキ本体を取り付ける台座の面出しです。
ブレーキの調整やその精度も、元を辿れば取り付け台座の精度が出ている事が前提です。

 

合わせてネジの精度も高めます。当然精度の悪いネジが混入しているわけではありませんが、
箇所によっては予め塗布された緩み止め剤が固くなりスムーズな締め込みが行いにくいケースがあります。
一旦精度を整えたのち改めて緩み止めを塗布します。

 

ホイールも新品であっても精度チェックを行います。
実はBONTRAGERのホイールは出荷時に既に馴染ませた状態を作り出しています。
多くの完成ホイールの場合、乗り込むことでスポークが馴染みテンションの再調整を行う必要がありますが、
BONTRAGERは生産工程がしっかりしています。

これらの作業を一通り行ってから組み上げ作業に移ります。いわばこれまでの作業はあくまでも下準備です。
一台が組み上がるまで、意外と地味で細かい作業を加えています。

その後の組み上げ行程の様子はもっと長くなるのでカットします。。。

 

こちらが組み上がったMadone SLRです!

 

ProjectOneで自分だけの一台に仕上がりました!
マット塗装でピンクは中々見かける事がありません。

 

専用ハンドルにより、ハンドル周りにケーブル類が一切見えない完全内装仕様です。

 

そしてブレーキはディスクブレーキ。
ハイエンドモデルは全てディスクブレーキのみのラインナップとなります。

 

振動吸収の要ISO SPEED。スライダーにより調整可能です。

 

今回選択したコンポーネントはSHIMANO Dura-ace(デュラエース)。

 

当然!?Di2(電動変速システム)。ハイエンドモデルはDi2を選択されるケースがほとんどです。

 

ホイールはAeolus(アイオロス)XXX4。こちらも合わせてハイエンドモデルです。

選択出来る限り全てハイエンドで揃えよう!といった仕様ですね。

サドルはAeolus(アイオロス) Pro。今回のMadone SLRはトライアスロンが主な使用目的。
前傾姿勢を維持しやすいAeolusサドルはピッタリの選択です。

ちなみに私もトライアスロンに出ておりますが、スイム、バイク、ランと3つパートがある中で、
機材とそのポジションで大きくタイムを短縮できるのがバイクパートです。
結果を求めて毎年トレーニング&出場される方は、とりあえずバイクはハイエンドスペックが多いですね。

 

今回のMadone SLRはトライアスロンが主な使用目的ですが、ハイエンドモデルのご購入のきっかけはお客様によって様々です。
ロングライドを楽しまれる方、レースイベントに参加される方。
いずれにしても、自分でカラーを選択して手に入れたロードバイクは、走る道が同じであっても満足感や充実感はひとしお心に沁みます。

ロードバイクを生涯の趣味にする!と言う方はぜひProjectOne!いかがでしょうか?
TREK ProjectOneサイト


東大阪市、奈良市、天理市のTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店