ロードバイクのディスクブレーキ、オイル交換を行いました。【愛車TREK(トレック)EMONDA SLR Discでご紹介】

ロードバイクのディスクブレーキ、オイル交換を行いました。【愛車TREK(トレック)EMONDA SLR Discでご紹介】

2019-10-07T19:02:56+00:00 2019/10/7|ニュース|

ロードバイクのディスクブレーキが出始めて2~3年経ちます。
その頃にご購入された方は、そろそろオイル交換やピストンのクリーニング等メンテナンスも必要になってきます。

今回は私のロードバイク(EMONDA SLR Disc)に搭載されている、ディスクブレーキのメンテナンスを行いました。
もうすぐ2年ほど経つものの、トライアスロンでMADONE(マドン)に乗っていた時も多い為、
このEMONDAに関しては走行距離5千~7千Km程。

 

とても汚れてはいますが、走行距離や期間を見ると、ブレーキオイルの交換がそこまで必要な状況ではありません。

 

こちらが内部のブレーキオイル。シマノはミネラルオイルと呼ばれる鉱物系オイルを採用します。
オートバイで使用されるDOTオイルより沸点は低いものの、吸湿性がほとんどなく、オイル自体の劣化が極端に少ないことが特徴です。
※スポーツバイクではAvidやHAYESでDOTオイルが使用されています。

 

オイルの劣化もほとんどなく綺麗な状態です。

 

新しいオイルを下から送り古いオイルと入れ替えます。

 

合わせてピストンのクリーニングも行います。

 

ドロドロだったフレームも綺麗に掃除。

 

ブレーキの調整も行い組み付け終了。
フォークの塗装が剥げたりしていますが、部品の動きに関しては全く問題なし。

 

走行距離や保管期間等によりブレーキオイルの交換目安は異なりますが、
ほとんど乗られない方でも2~3年に一回。頻繁に乗られる場合であればパッドの交換2~3回に1回は
オイルも一緒に交換しても良いかと思います。(オイル自体の劣化は少ないものの予防メンテナンスの一環として)

(注)ただし上で挙げたDOTオイルは劣化が早いので交換期間は早くなります。
またDOTオイルはオイル自体の劣化だけでなく、シリンダー内のゴムがオイルにより劣化し、
ピストンの動きを邪魔してしまうケースもあります。

 

オーバーホールで全ての分解洗浄をトータルで行うメンテナンスもありますが、
多くの作業を限られたスタッフで行う為、長期の預かりになってしまいます。
箇所ごとの小まめなメンテナンスがお勧めですよ!

 


ご参考までに今回のメンテナンス費用です。

【バイシクルカラーでご購入頂いたバイクのサービス価格】
・オイル交換(片側) ¥2,000-(税別)
・キャリパー/ピストン洗浄(片側) ¥1,500-(税別)
・ブレーキオイル(100ml) ¥839-(税別)

【通常価格】
・オイル交換(片側) ¥4,000-(税別)
・キャリパー/ピストン洗浄(片側) ¥4,000-(税別)
・ブレーキオイル(100ml) ¥839-(税別)

※ローターに歪みが出ている場合や交換が必要な場合は別途費用が掛かります。

【預かり期間】
繁忙期:2~3週間。
閑散期:3日程。

※パーツ交換が必要な場合は、その在庫状況により預かり期間が変わります。

 


 

安定した性能を長期持続できるディスクブレーキですが、オイルの劣化やパッドの摩耗等が、
一見判りにくいのがディスクブレーキです。
自動車であれば法定点検や車検がありますが自転車はありません。

当店の場合ご納車時にメンテの重要性をご説明させていただきますが、自転車が全て専門店で販売されているわけではありません。
長期ほったらかしにならない様、たまにメンテナンスについてもご相談下さいね!

 


東大阪市、奈良市、天理市のTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店