TREK 2020年モデルX-Caliber 8(エクスキャリバー) -シティーライドからトレイルまで10万円台前半で手に入る万能MTB-

TREK 2020年モデルX-Caliber 8(エクスキャリバー) -シティーライドからトレイルまで10万円台前半で手に入る万能MTB-

こんにちは! 東大阪店 スタッフの西條です。

1台で街乗りからトレイルまでこなせるTREKの大人気MTBエントリーモデル、X-Caliber 8が入荷しましたのでご紹介します。

X-caliber8 ¥119,000-(税別)
カラー: Matte Trek Black(マット トレックブラック)

サイズXS/S/M/ML/L/XL 推奨適正身長147~196cm
(XSとSはホイールサイズ27.5インチ。その他は29インチ)

メインコンポーネント:スラムSX Eagle 1×12速(12段変速)
ブレーキセット:油圧式ディスクブレーキ(Shimano MT200 hydraulic disc  )
サスペンション:エアサス(RockShox 30 Silver, Solo Air spring 100mm travel)
タイヤ:29インチ×2.20インチ(約56mm幅)*27,5インチも同様のタイヤ幅となります。

 

X-Caliber 8とは

先日、ご紹介したROSCOE 7 と同様、フロントにサスペンションのついた「ハードテイル」と呼ばれるMTBのタイプに属しますが、タイヤ幅はROSCOEよりもやや細めで重量が軽い為、アップダウンのあるトレイルや街乗りを軽快に楽しめるバイクです。

 
10万円台のお手ごろなMTBでは、フロントサスペンションは安価なコイルスプリングサス装備がほとんどですが、X-Caliber 8 にはエアサスが採用されています。大きな衝撃を吸収してくれ、路面の追従性にもすぐれているので、シティライドでは歩道から車道への段差など、山中でもハイキングコースの下りレベルであれば十分活躍してくれますよ。

 

デザイン

 

まずは気になる見た目から。今回、入荷したカラーは「Mtte Trek Black(マット トレックブラック)」です。
車体全体落ち着いたマットブラックで統一され、ダウンチューブにホワイトで大きく「TREK」のロゴが入っています。シンプルながらもかなりインパクトのあるロゴで、MTBのゴツさが強調されており、アメ車のようなタフなルックスになっていますね。

車体の名前がエクスカリバー(アーサー王の剣)にちなんだバイクなので、シートチューブ裏にはポップでかわいらしい剣と盾のマーク。車体そのものはシンプルな見た目ですが、ふとしたところにTREKの遊び心が垣間見えます。

ドライブトレイン

  

  

ドライブトレインはアメリカのメーカーSRAM(スラム)のSX EAGLE(エスエックス イーグル)が採用されています。昨今のMTBで主流になりつつある1×12というフロントの変速をなくしリアのみで変速をするスタイルですね。
グレードこそ廉価版のコンポーネントではありますが、上位と同様の1×12スピードを受け継いでいる辺りはMTBに強いSRAMの特徴ですね。

フロント変速がなくなり、リア変速のみのよりシンプルで直感的な操作感に。また多くの場合、フロント変速時にチェーンが落ちてしまうので、チェーン落ちのリスクも軽減されて初心者にもやさしい仕様ですよ。

フロント(前)30Tに対し、リア(後ろ)は11-50Tとかなりワイドなギア比で平地から急登坂まで幅広く対応できます。

 

シティライドにもやさしい仕様

MTBというと山中のトレイルを走り回ることをイメージされる方がほとんどですが、実はシティライドでも活躍してくれます。

  

フロントサスペンション装備に加え、タイヤ幅もクロスバイクで多い28~35mm幅と比べ2.20インチ(約56mm幅)とかなりワイドなタイヤを履いています。 その為、里山の未舗装路や荒れた路面はもちろん、街中の段差も気にせず走れます。
「通勤・通学でスポーツバイクデビューしたいけど、走り方で神経質になりたくない。」、「細いタイヤはちょっと心配。」といった方にもやさしいバイクですよ。

 

そしてシティーライドで重宝すること間違いなしのキックスタンド。
スタンド用のダボ穴が空いているため、TREK純正のキックスタンドを装備することが出来ます。

 

いかがでしたか?これだけ贅沢な仕様が盛り込まれているのに10万円台前半で手に入るX-Caliber8。
山中のトレイルを走り回って遊ぶのもMTBの醍醐味ですが、シティーライドをゆったり快適に走るのもMTBの楽しみ方の一つですよ。通常MTBには山中でのハンドリングしやすいようにかなり幅広のハンドルがついていますが、街乗り仕様でハンドル幅のカットも承っております。その他、MTBカスタムでわからないことがあれば店頭のスタッフまでお申し付けください。

また、よりハードに山を楽しんでみたいという方にはフルサスペンション装備のMTBもオススメですよ。
詳しくはこちらもご覧ください。

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 西條 芳哉
=================================================================