バイクパッキングで”自転車旅!” アドベンチャー要素満載のTREK2021年モデルCheckpoint(チェックポイント) ALR5が早くも登場!

バイクパッキングで”自転車旅!” アドベンチャー要素満載のTREK2021年モデルCheckpoint(チェックポイント) ALR5が早くも登場!

こんにちは、西條です。
バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店にて、お客様からご注文いただいた2021年モデルのCheckpoint ALR 5が早速入荷したようです。
今回はそんな旬なバイクの全体像とShimanoのグラベル用新型コンポーネントをご紹介しますね。

Checkpoint(チェックポイント) ALR5 価格:¥219,000-(税別)
※フレームバッグ、サドルバッグ、ペダル、ライトはオプションです。
フレーム:300 Series Alpha Aluminum
カラー:Teal
サイズ:49,52,54,56,58
コンポーネント:
リア&フロント変速機/G
RX RX810
レバー/GRX RX600
クランク/GRX RX600
ブレーキ/GRX RX400


 

突然ですが、『グラベルロード』と言うワードを聞いた事はありますか?
ロードバイクの形をしていながら、太いタイヤを装着でき、軽めのオフロード走行性能と、何百キロにも渡る長距離ツーリングを可能とする耐久性と安定感のある走りを併せ持った、車で言うとSUV的なカテゴリーに属するバイクです。

またその様なタフに使える特性から、通勤や日頃の街乗りに使用される方も多いのも事実。とても実用的なロードバイクでもあるのです!

 

Checkpointの大きな特徴は、45mm幅までのタイヤを装着可能な事です。完成車のタイヤは、BONTRAGER(ボントレガー)GR1(幅40mm)が標準装備です。

通常のロードバイクよりもエアボリュームが大幅に増すの、未舗装路はもちろん、荒れたアスファルトでも安心感に大きく違いが出ます。
乗り心地も良くなるので、ゆったりとしたツーリングには本当にピッタリのタイヤです。

 

タイヤ幅45mmまでの対応なので、フロントフォークもこんなに余裕があります。

 

そして、変速機やギアといったコンポーネントにSHIMANO(シマノ) GRXを採用しています。
これまではSHIMANOの105やTiagraなどのロードコンポーネントを使用されていたましたが、やはりそこはオンロード向けになります。

そこで、グラベルを走るにはもっとワイドなギア比(重たいギアから軽いギアまで幅広い選択が可能)が必要だったり、ブレーキレバーの握りやすさや操作性など、グラベルに特化したモデルが2021年モデルから採用されました!それが「GRX」です。

 

STIレバーは、GRX600シリーズです。(ロードコンポーネントで例えるSHIMANO105相当)
オフロード走行でのブレーキ性能や安全性を高める為に、レバーのピボットポイント(レバーが動く支点)を18mm上昇しています。
これにより、路面からのガタガタした振動が生じていても少ない力で安心して制動力を発揮させることが出来ます。

またレバーが少し外に張り出しているので、指を掛けやすくブレーキ操作が行いやすく、ガタガタ道でも安心してバイクをコントロールできます。

さらにSTIレバー全体の形状も手が滑って離れる事を防ぐため、上に出っ張ったデザインになっています。

 

続いてギア回りです。
フロントのクランクに46/30t、リアのカセットスプロケットに11-34tを採用。よって、激坂でも軽いギアをクルクル回しながら、ゆっくりとしたペースで上がる事が出来ます!

また、フロントディレーラーは、GRX RX810を採用。(ロードコンポーネントで例えるとSHIMANO ULTEGRA相当です。)
従来のロード用と比べてチェーンラインを外側に2,5mm拡大しております。これにより、リアタイヤとの広いクリアランスを確保し、45mm幅のワイドタイヤを装着しても干渉しない設計になっています。

 

更に、リアディレイラー GRX RX810 に関しては、MTBでは定番であるスタビライザーが搭載されています。
テンションプーリーの動きを抑制し、高いチェーンテンションを保つことで荒れた路面でもチェーンの暴れを最小限にし、チェーン外れのリスクやチェーンのフレームヒットのリスクを低減させます。

 

ブレーキはフラットマウント式のディスクブレーキ GRX RX400です。(ロードコンポーネントで例えるとSHIMANO TIAGRA相当です。)
リムブレーキと比較し、軽いレバー操作で(感覚的には半分くらいの握力)で十分な制動力を得られます。

ロードバイク向けに開発されたディスクブレーキは、マウンテンバイクのディスクブレーキの様に急制動にもなりづらく、ロードバイクに必要とされる高速域での繊細なコントロール性も兼ね備えている点も魅力的です。

 

Checkpoint ALR5のタイヤやギア構成は、オンロードとオフロードのちょうど中間といった印象です。
本格的なマウンテンバイク程オフロードには振らず、オンロードをしっかり走れるスペックです。
それでいながらフレーム構造は、グラベルバイクらしい頑丈さと拡張性に満ちているという点が魅力です。

 

それを活かし、「バイクパッキング」と呼ばれる、フレームバッグや大型サドルバッグを取り付けたり、ドリンクホルダーを多めに配置したりといったカスタマイズが楽しめるのがCheckpointらしさです。
着替えや輪行グッズやパンク修理セットなどを積載し、宿泊を伴うロングツーリングへ出かけてみたくなりますね。

 

そして、お客様が選択されたオプションアイテムに、フレームの中央に装備したフレームバッグがあります。
ドリンクホルダーとの隙間が小さくなりますが、小銭入れや、パンク修理キット、補給食などを収納できます。
また、ファスナーは左右ともに配置されているので荷物へのアクセスが大変優れています。

 

こちらはカスタムの一例。
Checkpointであればここまでバイクパッキングできちゃいます。




 


いかがでしたか?
街乗りからロングライド、また少し外れて砂利道へ寄り道。さらにあえて最初からオフロードツーリングを企画!
そんな幅広い楽しみ方を想像させてくれるCheckpoint(チェックポイント)。

初めてのロードバイクで、速さや軽さではなくのんびり長い距離を走りたい、または川の土手沿いのオフロードを走っても面白そう!そんな妄想を膨らましている方はグラベルロードをお勧めします!


 

関連記事もご覧くださいね!

TREKグラベルロード Checkpoint AL3(チェックポイント)のご紹介~普段使い~林道サイクリング・バイクパッキングまで~」

 

通勤からロングサイクリング、バイクパッキングもお任せあれ!TREK CheckPoint (チェックポイント) AL 4 2020年モデル

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 西條 芳哉
=================================================================