エアロに生まれ変わった”最軽量ヒルクライムバイク”「TREK Emonda SLR (エモンダ)」をご納車致しました!

エアロに生まれ変わった”最軽量ヒルクライムバイク”「TREK Emonda SLR (エモンダ)」をご納車致しました!

こんにちは。近頃どんどん布団から出るまでの時間が長くなっている気がするスタッフ武本です。
自転車乗りの間では「お布団峠」とも呼ばれているようで。この時期はかなり厳しいですね…笑

さて。今回はお客様からTREKのカスタムオーダーメイドシステム「Project One (プロジェクトワン)」を使いご注文頂き、バイクを組み上げさせて頂きました。一体どんなカスタマイズをされたのか…? ぜひご覧くださいね♪


Emonda SLR 7 DISC ¥839,695-(税抜)

※選ぶパーツ、塗装、アクセサリーによって値段は大きく変動します。上記の値段はご注文時の価格です。

Emonda (エモンダ)はTREKの軽量ロードバイクシリーズで、これまでその車体の軽さからヒルクライム(登り)への適正が極めて高いと、2014年の発表以来ヒルクライム向きのバイクとして高い評価を受けてきました。

そんなEmondaも昨年の6月にフルモデルチェンジ。フレームを新たに、高速域で有効な「エアロ形状」を獲得、その上ディスクブレーキ対応モデルながらもSLRグレードではTREKの新作「OCLV 800 Carbon」を採用、フレーム単体重量690gという驚異的な軽さを実現させました。

ヒルクライムだけでなく、平坦・下りでも高いアドバンテージを手に入れた新型Emonda。まさに死角のないコンプリートバイクへと生まれ変わりました。

そんなEmondaの最上位グレード、SLRモデルを「Project One」でカスタムオーダーしていただきました。

【Project Oneとは】

TREKが展開する「Project One (プロジェクトワン)」は、ご自身の好みの塗装や、乗り方・体格に合わせたパーツ選びが可能なカスタムオーダーメイドシステム。
(下の画像をクリックするとProject Oneカスタムテストが出来るページへ飛びます。)

かなり幅広く塗装パターンや色が展開されているので、ご自身だけのオリジナルな1台が作れちゃいます。今回はフレーム単色×ロゴカラー単色を組み合わせる「Solid Logo」パターンをお選び頂きました。

真っ白なホワイトカラーの「TREK White」をメインに、ワインのような深みのある赤色「Rage Red」をロゴカラーにチョイス。これぞシンプルイズザベスト。どこか高貴さを感じさせるカラーリングです。

シュミレーターサイトでぜひ理想のカラーリングを探してみてください♪

お客様のご要望でロゴステッカーもお貼りました。まるでプロチームバイクのようです。

ペインターサインも入っています(無しにも出来ます、カスタムカラーのみ)。今回はリッチモンドさんのかわいいサインでした。

さて、続いてはパーツです。塗装と同じく様々な組み合わせが可能です。乗り方やシチュエーションに合わせて選んでみましょう!

コンポーネントはシマノ アルテグラ Di2 (R8070/R8050シリーズ)。電動で変速を行うDi2モデルです。レバーに設置された変速スイッチを軽くクリックするだけで素早く、確実に、少ない力で変速が可能です。

実際のライドでは数百回と変速を行うときもあります。私自身もDi2に乗り換えた身なので強く感じますが、変速レバーをストロークさせる運動は指の力と体力をかなり消耗します。ガッツリ走るライダーには非常にオススメ。また手の力に自信の無いお子様や女性の方にも◎

変速機に電力を通し、信号を送るために電線がつながれています。ワイヤー式と違いワイヤーが緩むなどして変速の調子が悪くなるなどが無いのでほぼメンテナンスフリー。

クランクは170mm、歯数は50-34のリア11-30Tの組み合わせ。Project Oneではご自身の体に合った最適なクランク長やギアも選択可能ですよ。

ブレーキはもちろんディスクブレーキです。ご要望でディスクローターをXTRグレードのもの(RT-MT900)に変更しました。個人的な所感ですがロード用(SM-RT800)などと比べて横風の影響を受けにくいように感じます。それもありますが…やはり見た目の良さがあります。手裏剣みたいでカッコいいですよね。

ホイールはTREKの傘下メーカー、BONTRAGER (ボントレガー)のカーボンホイールです。名前は「AEOLUS ELITE 50 (アイオロス エリート)」。リムハイト50mmのカーボンホイールです。

前後セット12万円台ながらもカーボンホイールとしてラインアップするグレードです。OCLVカーボンを採用したワイドリム(内19.5mm)で、乗り心地も◎!さらにチューブレス化も可能。今回はあえてグレード(剛性)を落としたホイールにすることで乗り心地アップを狙いました。

ハンドルは同時に発表されたBONTRAGER RSLハンドルバーをアッセンブル。ステムとハンドルが一体になったカーボンハンドルです。

フラット部がエアロ形状になっているため空気抵抗が減ります。重量も非常に軽く(281g)、Emondaの軽さを阻害しません。

組み付けも簡単で、ケーブルやホース等を中に通さなくともハンドル下部に沿わせるだけでOK。

さらにBONTRAGERのBlendr(ブレンダー)システムにも対応しています。ライトやコンピュータをスッキリと取り付けることが可能です。

サドルは「Aeolus Elite (アイオロス)」。トレンドになっている”ショートノーズサドル”です。前傾姿勢、それも前乗りを想定したサドルで、前乗りになっても腰が安定します。中央のカットアウトで軟部の痛みも軽減します。

そして気になる重量ですが…7.8kg(ペダル込み)でした!エントリーカーボンホイールでこの重量であればかなり軽いと思います。登りは軽く、リムハイトも50mmあるので平坦でもスイスイ走れそうですね♪

いかがでしたでしょうか。TREKのProject Oneでは自分だけの一台をカスタマイズできます。シュミレーターサイトでぜひカスタマイズしてみてくださいね!
またご不明点などありましたらお気軽にスタッフへお問い合わせくださいませ。

以上、武本でした!


☆こちらもあわせてご覧ください!

夢の一台を作ってみませんか?「Project One」のページはこちらから!

・スタッフ武本もEmonda SLR DISCを購入してみました!【前編はこちらから】【後編はこちらから

スタッフ吉岡が新型Emondaをインプレッション!元国体優勝選手の評価はいかに!?

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!


===============================================================
東大阪市、奈良市、天理市のTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 武本 直樹
===============================================================