難しいオフロード、苦しい坂道より簡単に・楽に!2021最新「e-MTB」のTREK (トレック) Powerfly 5(パワーフライ)をご紹介!

難しいオフロード、苦しい坂道より簡単に・楽に!2021最新「e-MTB」のTREK (トレック) Powerfly 5(パワーフライ)をご紹介!

スタッフ吉岡です。
ライドをよりラクに、楽しく走りたい方にピッタリなTREKのe-MTB「Powerfly 5」が入荷しました!

それでは早速紹介致します!

Powerfly 5 ¥485,000- (税別)

カラー:Radioactive Red/Trek Black

サイズ:XS/S/M/L/XL

メインコンポーネント:SRAM NX&SX  (1×12速)

ドライブユニット:Bosch Performance CX,magnesium motor body

フレーム:Alpha Platinumaアルミニウム

 


 

電動アシスト付マウンテンバイク――いわゆる「eMTB」と呼ばれるPowerfly 5。

アシスト付きのスポーツバイクは、その速さ・快適さ・楽しさが話題となり、ここ数年で一気に成長したカテゴリーでもあります。

中でもこちらのPowerflyは、厳しい坂道をものともしないパワー、スムーズな加減速、着脱が容易な内蔵バッテリーなどを実現した、Bosch(ボッシュ)製の強力なモーターアシストを搭載したモンスターマシン。

 

オフロードはもちろん、普段のオンロードサイクリングでも高いパフォーマンスを発揮します。

まず、こちらはモーターユニット。最大24km/hまでのアシストが可能で、登りでは実に250wものパワーアシストが発生します。
参考までに…どの程度のパワーかというと、体重60kg程度の平均的な成人男性がかなり頑張って踏み込んでいるくらいのパワーです。登り坂も超ラクラク!

 

こちらはそのバッテリーです。625Whの超大容量バッテリーで、なんとECOモードでは最大約175kmものアシスト走行が可能!もうほとんど原付ですね。

バッテリー自体も、一見するとついて無いよう思ってしまうほど、スマートに取り付けされています。こちらの内蔵バッテリーは専用のキーを使い開錠することで取り外しが可能になりますよ。工具も必要ありません~

  

 

 

手元のメーターでは走行中でもアシストのレベル(強さ)を変えることができ、航続距離も確認することが出来ます。中でも「eMTBモード」は、オフロードなど不安定な地形に合わせて適切なアシスト量に変わる非常に賢いモード!難しいトレイルでも安心です。

 

もちろんアシストだけではありません。パーツもいいものが使われていますよ!

こちらはブレーキ。MTBではお馴染みの油圧ディスクブレーキが使われています。ローターサイズはメーカー最大サイズの203mm。それを強力な4ピストンのキャリパーで挟むため、その制動力は半端ではありません。きつい下り坂でも安心して下れます。

ドライブトレインはTREKと同じアメリカメーカーのSRAM(スラム)、そのMTBコンポーネントのNXイーグルを採用します。1×12スピードのシンプルながらも非常にワイドなギア構成は、操作も非常に簡単!登り坂も軽いギアで上がれますよ。

↓しっかりチェーンガードもついています。

リアギアは11-50Tの構成です。マウンテンバイク用で最も大きい(軽いギアの)サイズ。

 

フロントサスペンションはRockshoxのRecon。滑らかなストロークで動く、エアーサスペンションモデル。
トラベル量は120mmで、一般的なクロスカントリー向けのサイズになっています。バイクサイズがSまたはXSの場合はトラベル量が100mmになります。

タイヤ(ホイール)は29インチ×2.3mm(幅)がセットアップされています。こちらも一般的なサイズです。トレイル(オフロード)でガンガン遊ぶのであれば、もっと太いタイヤにしてみてもいいですね~。オンロードも兼ねて走るならこのサイズでOK。
またスマートホイールシステムにより、バイクサイズSまたはXSの場合は27.5インチ×2.35mmのホイール、タイヤがセットされます。

 

いかがでしたか。

トレイルライドに挑戦したいけど、急な山道を走ることが出来るか不安な方や、もっとライドの距離を伸ばしたい方にはPowerfly 5がオススメ!

普段の街乗りでも楽に上り坂を登ることができ、遠い距離もラクラク。従来のマウンテンバイクよりも遊びの幅が広がりますよ~!

気候も上がり、比較的走りやすい今のシーズンにe-MTBデビューしてみてはいかがでしょうか?

 

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!

================================================
東大阪市、奈良市、天理市のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 吉岡衛

================================================