軽量かつ高剛性なBontragerのステム一体型ハンドル「RSL VR-C」を購入しました!

軽量かつ高剛性なBontragerのステム一体型ハンドル「RSL VR-C」を購入しました!

2021-07-16T11:03:57+00:00 2021/07/16|ニュース|

こんにちは、スタッフ吉岡です。

ここのところ雨が降る日が多く、自転車に乗るモチベーションを保つのが難しいです…

そこでバイクパーツをアップグレードしてモチベーションを上げよう!と思い、先日TREK Segafredo(トレックセガフレード)のプロ選手たちも使用するBontrager(ボントレガー)のステムハンドル一体型ハンドルの「AEOLUS RSL VR-C」を購入しました!

Bontrager Aeolus RSL VR-C Handlebar / Stem 

Wight : 279g~297g

size : 380mm(C-C)~420mm(C-C) / 80mm~120mm(ハンドル中央部まで)

角度:7° リーチ:100mm ドロップ:124mm

price : ¥71,280-(税込)

※写真のハンドルのサイズは420mm x 120mm

 


 

【一体化ハンドルのメリット】

ステム一体型ハンドルに変えるメリットは大きく3つ!

・ハンドル周りの剛性が上がる

・重量が軽くなる

・見た目がカッコよくなる

などが挙げられます!ハンドル周りの剛性が上がると力が逃げにくく、無駄なく速く走ることが出来ます。

特にスプリントのような大きな力が加わる際にはハンドル周りの剛性感が重要で、レースではスプリントに持ち込むことが多い私にとって、非常に大きなメリットになります。

今回購入したRSL VR-Cはカーボンで出来ており重量も299gと軽く、以前使っていたハンドルとステムの重量から約100gの軽量化に成功しました!

バイクの軽量化を考えている方にはピッタリなアイテムです!

空気抵抗を考慮して、ケーブルがハンドル下部でまとめられています。ケーブルが見えにくくなっているので見た目もスッキリします!

また、ケーブルがハンドルの内側ではなくハンドルの外側を通っており、メンテナンス性が良いところも嬉しいポイントです。

実際に取り付けてみるとこんな見た目になりました!マドンのエアロフレームと合っていてかなりカッコ良いです♪

実際に走ってみると、かなり剛性感があり、力を逃がさずそのまま速さに変換してくれているように感じました。

剛性感が高いので乗り心地も硬いのでは?と思っていましたが、長時間のライドでも腕が疲れることもなく、良い意味で予想を裏切ってくれました!

試しにスプリントしてみると、剛性感が高いのでしっかりとハンドルがパワーを受け止め、力を逃がすことなく伝達し、バイクをグイグイ進ませてくれました。

また、ハンドル重量が軽くなったのでダンシングでバイクを振る際に非常に軽快でした。約100gの軽量化ですが、しっかりと走りに良い影響を与えてくれましたよ。

ハンドルもエアロになったので平坦や下りのMadoneの走りに磨きがかかりました♪

Blender(ブレンダー)も付属しており、ガーミンやライトを綺麗に取り付けすることができます。

私は上下にアイテムを取り付けすることができるDuo Baseをチョイスしました♪


いかがでしたか。

RSL VR-Cは剛性感と軽さを兼ね備えており、今私が求めているハンドルそのものでした!愛車のMadoneにもピッタリで大満足です♪

パーツをアップグレードしてモチベーションがとても上がったのでこれからたくさんバイクに乗りたいと思います!

AEOLUS RSL VR-Cの更に詳しい使用感などはスタッフまでお気軽にご相談ください。

 

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店 吉岡 衛
Tel:06-4309-8085
================================================================