【TREK / New Checkpoint】2022年モデルでフルラインナップを更新!最新のグラベルシーンに向けた全く新しいグラベルロード

【TREK / New Checkpoint】2022年モデルでフルラインナップを更新!最新のグラベルシーンに向けた全く新しいグラベルロード

TREKから全く新しいCHECKPOINTが発表されました!

 

TREKはグラベルバイクのCheckpointを一気に3つのラインナップでフルモデルチェンジさせてきました!

しかも3つの車種はジオメトリを共通としながらも、それぞれ異なる味付けがされています。

グラベルレース向けのSLR。
TREKのOCLVカーボン700が使用され、軽量、最新の軽量エアロロードEmondaのようなエアロなフレーム形状、最新のグラベルバイクカテゴリーに向けて設計されています。

長距離のグラベルツーリングバイク的な味付けがされたSL。
OCLV500カーボンで厚めで頑丈、ダボ穴も沢山ついて、SLRよりも幅広くグラベルロードの遊びを楽しんで頂けるバイクとなっています。

SLRとSLは、長距離ライドの強い味方、TREKのIsoSpeedを装備。
SLRは新型のトップチューブ内蔵タイプのIsoSpeedで、SLはシートチューブタイプのIsoSpeedを装備。

最後に、アルミのグラベルバイク、ALRです。
アルミながらもAlpha 300シリーズの軽量アルミニウムを使用し、56サイズの重量は9.75とまずまず。
通勤や日常の足としても気軽に使えるバイクに仕上がっています。

このように3種類の味付けがされた新しいCheckpointは、幅広く多様なお客様にご提案できるラインナップとなっています。

プログレッシブジオメトリー
今回のアップデートで大きく変更されたバイクのジオメトリー、最近のマウンテンバイクのように全長が長くなり、速いスピードでの安定性を出す方向性です。

ホイールベース(全長)が長くなった分、フレームリーチも長くなっています。
これも短いステム、広いハンドルバーを使用することで荒れた路面での下り、高速域での安定性を増すためです。

どれくらいまでのタイヤが入るのか?
700cのホイールサイズのタイヤでは45mmがオフィシャルの最大のタイヤ幅ですが、TREK推奨の最大タイヤ幅は安全マージンが多めに取られているのでもう少し大きなタイヤも入るはず…

フレームに設けられたマウントの数もものすごく多いです。
同時に発表されたBontragerのバイクパッキング用のバッグたちと合わせていただくことも可能、純正品、オススメです。

完成車のラインナップは、

Checkpoint SLR 9 eTap ¥1,424,500

Checkpoint SLR 7 eTap ¥958,100

Checkpoint SLR 7 ¥958,100

Checkpoint SLR 6 eTap ¥881,100

Checkpoint SL 5 ¥379,500

Checkpoint ALR 5 ¥269,500

詳細は、メーカーサイトでもご確認いただけます。
https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/checkpoint/

今すぐにご予約可能です!

 

これらのバイクのそれぞれの特徴などスタッフから直接に聞きたい、細かい情報など気になれば、バイシクルカラー東大阪店まで、ご来店をお待ちしています。

 

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店
Tel:06-4309-8085
=================================================================