メンテナンスの苦手意識を払拭!!~東大阪店でメンテナンス講習会を開催しました~

メンテナンスの苦手意識を払拭!!~東大阪店でメンテナンス講習会を開催しました~

2021-12-17T17:24:18+00:00 2021/12/14|ニュース, イベント|

スポーツバイクにメンテナンスは必須ですが、メンテナンスってなかなかめんどくさそうでやる気が起こりにくいですよね…

そこで先日メンテナンス講習会を開催しました!

今回、チェーン周りの洗浄をメインにフレームやディスクブレーキの洗浄についてご紹介しました。

使用するケミカルはWAKO’S製品をメインにご紹介しました!WAKO’Sの製品は日頃からスタッフも愛用しており、使い勝手が良く簡単にお掃除できるのでオススメです!


 

 

洗車前のバイクがこちらです。ドライブトレインの各部やフレームに汚れが目立っています。この状態で走っているよ各パーツの消耗が早くなったり、ペダルを漕ぐのが重くなったりと良いことがありません…

見た目も悪いので洗車してあげましょう!!

まずはチェーンのお掃除から!今回使用したのはチェーンクリーナーとパーツディグリーザーの二つ。

どちらも中身は同じですがチェーンクリーナーはスプレータイプで、パーツディグリーザーは液体タイプです。どちらか使いやすい方を使ってあげてください。

チェーン掃除の次には変速機周りやスプロケットをお掃除。こちらも先ほどご紹介したチェーンクリーナーやパーツディグリーザーを使用しています。チェーンや変速機、スプロケット掃除の仕上げにはフォーミングマルチクリーナーですすぎ作業を行い、クリーナーをしっかり落とし、オイルの乗りを良くしています。

チェーン周りの洗浄が終われば各部を注油していきます。注油に使用するのはラスペネとチェーンルブです。ディスクブレーキのバイクを注油する際にはスプレーが飛散しないように注意が必要です。そのあたりのポイントに関しても講習会ではしっかり説明させていただいています。

各部の注油が終わればフレームの掃除へと移ります。フレーム掃除にはフォーミングマルチクリーナーとBontragerのバイクウォッシュを使用しました。フレームの裏側やチェーンステー等の目立ちにくいところまでしっかり綺麗にしていきます。

その後仕上げにフレームをコーティングをして終了です。仕上げにはMucOffのミラクルシャインを使用しました。

  

 

こちらが各部の洗車が終わった写真になります。

最初の写真と比べて非常に綺麗になりました。この状態をなるべくキープしてあげるとパーツの消耗を抑えられ、ライドにより快適に出かけていただけますよ!


ざっと流れをご説明しましたが、講習会ではもっと詳細な説明を聞いていただけます。ここ最近主流になりつつあるディスクブレーキタイプのバイクの洗浄方法などについても紹介しております。

スタッフに直接メンテナンスに関するお悩みをご相談いただけますので、是非お気軽にご参加お待ちしております!

 

参加費に関しましては、当店で自転車をご購入頂いたお客様=無料、その他のお客様=¥2,200-(税込)です。

当イベントは予約制となっております。お申し込みはお電話(06-4309-8085 )もしくは店頭にてスタッフまでお声掛け下さい

 

メンテナンス講習会の他にもパンク修理講習会や初心者向けのライドイベントなどを開催しております。そちらも是非ご参加お待ちしております!

イベント日程に関しては下記からご覧ください↓↓↓

 

お店のfacebookもあります!スタッフが走っている様子や、ブログの更新をチェックしてください!

スタッフ吉岡のInstagramもぜひご覧ください!

=================================================================
東大阪市、奈良市、天理市にあるTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー東大阪店
Tel:06-4309-8085
=================================================================