バイシクルカラー東大阪店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

New愛車!TREK(トレック) MADONE(マドン)9 バイク仕様詳細

New愛車!TREK(トレック) MADONE(マドン)9 バイク仕様詳細

みなさんこんにちは!スタッフ山下です。

前回マドン9の組み立てからアワイチライドまでご紹介してきましたが、
最後にバイクの仕様詳細についてです。

2018

Madone 9.5      PROJECT ONE

OCLV700   H1フイット ジョン・デゲンコルブ ”Chasin’ Aces”カラー

バイクのコンポーネントについてご紹介します。

メインコンポーネント ULTEGRA DI2

ロードレース、クリテリウムなどで使用するのであれば変速性能を考えDURA ACE
という選択肢も考えましたが、主にトライアスロンやロングライドメインで
考えていたため、ULTEGRA DI2を選択し予算を抑える事にしました。

フロント クランクROTOR  52−36

リア ULTEGRA   11−28

ホイール前後

Bontrager Aeolus 5 TLR D3 Clincher Road Wheel

Bontrager Pro IsoCore VR-CF Road Handlebar

SHIMANO SW-R9160

サドル

Bontrager Montrose Pro Saddle

DHバー使用時はポジションがより前乗りになる為、

Hiloなどのトライアスロンなどで使用しやすいサドルも今後、購入検討中です。

マドン9専用ライトマウントが付属しているのでライトの取り付けも可能。
エアロロードであるにも関わらず、ISO SPEEDを搭載し乗り心地も抜群です。

ボトルゲージ

Bontrager Bat Cage Water Bottle Cage

前後のボトルゲージの取り付け位置は前のボトルの空気抵抗を低減する位置に
設計されていてエアロを突き詰めた設計になっています。
実際にロングライドでバッドゲージを使用しましたが、固定力は抜群でした。

Project Oneのペイントはアメリカ本社で行われ、ペイントを施工した方の
サインを車体に入れる事も可能です。(有り、無しは選択できます)

 

マドン9のスペックをご紹介してきましたが、まだ書ききれない程の
ポテンシャルを持っているスーパーバイクです。
確かに他のモデルに比べ価格は決して安いとは言えませんが、その性能や技術力は
ずば抜けていると実際に走行してみて感じました。

 

次回は熊野速玉大社・那智の滝ツール・ド・熊野太地コースを実際に走って
みた編です。

 

奈良市・天理市・東大阪市のTREK(トレック)ロードバイク・クロスバイク・MTB専門店。
バイシクルカラー東大阪店 スタッフ 山下 和矢

 

2018-06-16T14:58:54+00:00 2018/06/16|サイクリング|