バイシクルカラー東大阪店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

熊野速玉大社・那智の滝ツール・ド・熊野太地コースを実際に走ってみた(その3)

熊野速玉大社・那智の滝ツール・ド・熊野太地コースを実際に走ってみた(その3)

みなさん、こんにちは!スタッフ山下です。
前回は鯨博物館前から出発する所までをお伝えしましたが、
今回は実際に熊野速玉大社・那智の滝ツール・ド・熊野太地コースを
走ってみた感想をお伝えしたいと思います。

実際に走ったルートはツール・ド・熊野のレースコースから少し変更し、
太地町から新宮方面に走って行きました。


通り道はかなりトンネルも多く自転車は側道を走りますが、
側道が無い所もあり注意しながら走行していきます。


途中、道の駅なちで休憩を取りました。
和歌山はサイクルラックを設置している所が多く、
サイクリストにとってはありがたいですね!



そこから新宮方面に走って行った所で,
ひろつのはしという橋があり、そこからの海の眺めが素晴らしい風景でした。

この近くに熊野古道の看板があったので、実際に見に行ってみようと向かいました。

現代ではなかなか見ない、幻想的な道が続きます。


途中に海が見える景色が広がります。

高野坂へ到着しましたが、坂が階段しか無く、
これ以上先へは、自転車で行く事が出来ませんでした。
しかし、世界遺産を実際に見てみると、
行ってみないとわからない幻想的な世界観を体験する事が出来ました。


ここから出発地点の鯨博物館前に戻ります。
自転車、歩行者用の道も何か幻想的ですね!

鯨博物館前に戻って、
今回の熊野速玉大社・那智の滝ツール・ド・熊野太地コースを
実際に走ってみた編は終わりになります。
実際のツール・ド ・熊野のルートを変更している所はありますが、
景色もよくルートも青い車線で矢印を引いているので、
とても走りやすかったです。

和歌山は海、山、川が沢山あり、自転車で走っていても風景を楽しみながら
ライド出来ます。

夏休みに和歌山でサイクリングの計画を立てるのもオススメですよ!

奈良市・天理市・東大阪市のTREK(トレック)ロードバイク・クロスバイク・MTB専門店。
バイシクルカラー東大阪店 スタッフ 山下 和矢
2018-07-24T14:26:53+00:00 2018/07/24|サイクリング|