バイシクルカラー東大阪店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

WAVE CEL(ウェーブセル) SPECTERを購入しました! 全く新しい振動吸収テクノロジーを採用したヘルメット!

WAVE CEL(ウェーブセル) SPECTERを購入しました! 全く新しい振動吸収テクノロジーを採用したヘルメット!

スタッフ山下です。
私は以前からライドの際はBONTRAGER(ボントレガー)のBallista(バリスタ)というエアロヘルメットを愛用していましたが、
去年の夏は今までに無い程の酷暑となり、エアロヘルメットよりもベンチレーションの多く冷却性の高いVelocis(ヴェロシス)の様なヘルメットが一つ欲しいなと思っていました。

そのタイミングで新商品となるWAVECEL(ウェーブセル)搭載のヘルメットが発売されると聞きさっそくどの様なヘルメットなのか調べてみました。

 

WAVECEL(ウェーブセル)の詳細はこちら
↓↓

https://wavecel.trekbikes.com/jp/ja_JP/

 

大きく分けて2種類となり、

 


BONTRAGER XXX WaveCel Road helmet Asia fit」¥31,481-(税抜) ※5月頃入荷予定、予約可。

Color : Black . White . Radioactive Yellow/Black . Azure/Black . Purple Hhaze/Black


BONTARGER Specter WaveCel Road helmet ¥19,444-(税抜) ※メーカー在庫あり、発注可。

Color : Black . White . Radioactive Yellow . Viper Red

 

以上の2種類となります。初回国内入荷分は数に限りがございますので、在庫切れの場合はご容赦ください。

 

私はこの2つを比較検討した結果、ベンチレーションの数、素早く確実に固定できるFidlock マグネットバックル(顎紐固定部分にマグネット)、また価格の面を考慮しSpecter WaveCel Road helmet(スペクターウエーブシェルヘルメット)を購入する事にしました。実際届いたものがこちらです!

どの様な商品であるかを検証したいと思います。

まずは実際に着用した被り心地についてですが、私の以前から使用しているBallista(バリスタ)はアジアフィットで、今回のSpecter(スペクター)はアジアフィットではない為、サイズ感が心配でしたが被ってみた際の違和感はありませんでした。
※表記上はアジアフィットでは無いので、サイズ感が気になる方は念のため店頭で被って確認して頂いた方が良いと思います。

またBallista(バリスタ)の特徴である深い被り心地と比べるとやや浅くなる印象でしたが、特別これが浅いわけではなくむしろ一般的な深さです。

 

後ろの固定の強弱はBoaダイヤルを採用しているので細かな調整も可能となっています。

 

次にSpecter(スペクター)にはバックル(顎紐)を固定する部分がマグネット式になっています。繋ぐ場合は近づけると磁力で勝手にくっつきます。外す際はスライドで外せます。

慣れるとこれがとても楽で、サイクリングはもちろんトライアスロンに出られる方にも使いやすいのではないかと思います。一度使うと元に戻れない感じです。もちろん走行中も外れたりする事も無く、ヘルメットがずれる事などもありませんでした。

 

実際の走行感ですが、Ballista(バリスタ)に比べるとベンチレーションが多いので空気の流れがかなり良く、夏の暑い季節に活躍してくれそうな冷却性能があるなという印象でした。苦手な夏がなぜか楽しみです。
またベンチレーションの箇所にサングラスを掛けてみましたが、問題なく掛ける事が出来ました。

 

私が好きなトレックセガフレードのデゲンコルブ選手も旧チーム時代にトレーニング中に事故に巻き込まれて指を切断しかけるという大事故に合いました。その後Trek-Segafredoに移籍し安全性の重要を訴えかけています。日中にもライトを使用するデイライトや、レースなどでも落車などから身を守る為にプロチームもすでにWAVECEL(ウェーブセル)のヘルメットを着用しています。

購入1年以内であれば事故で破損したヘルメットの交換(Crash Replacement Guarantee)サービスや、どの様な理由であってもボントレガー製品にご満足頂けない場合は返品可能な「ボントレガー30日満足保証」もあるので事故での破損やサイズが合わないなどの不安も解消できます。
※(交換の際はレシートもしくは領収書が必要です。)

従来のヘルメットに比べ革新的な商品になっています。今なら私が購入したSpecter(スペクター)を店頭に展示していますので、実際に手に取ってご覧下さい!

 

奈良市・天理市・東大阪市のTREK(トレック)ロードバイク・クロスバイク・MTB専門店。
バイシクルカラー東大阪店 スタッフ 山下 和矢

 

 

 

 

2019-03-30T17:21:01+00:00 2019/03/30|商品|