ロードバイクはやっぱり足回り!完成車のままはもったいない・・・タイヤ&ホイール交換のすすめ。

ロードバイクはやっぱり足回り!完成車のままはもったいない・・・タイヤ&ホイール交換のすすめ。

2019-05-26T15:48:21+00:00 2019/05/26|取扱商品のご紹介|

ロードバイクのカスタムは数あれど、圧倒的に大きな違いを生み出すのは足回りです。タイヤ&ホイールを交換することで、バイクの性質をライダーの目的や好みに合わせてアレンジできます。

また、正直に言って多くのロード完成車は、フレームに多くのコストを割いているためホイール&タイヤにはあまりお金がかかっていません。完成車付属ホイールは時に『鉄下駄』と言われるほど重い(前後で2kg程)ことも・・・。
折角の高性能ロードフレーム、完成車ホイールのまま乗っているのは勿体ないと思いませんか?足回りのカスタムで、フレームのポテンシャルを引き出しましょう!

前置きが長くなりましたが、今日は当店で取り扱っているパーツブランドBONTRAGERから、ライダーや乗り方に合わせたおすすめの「ホイール&タイヤ」組み合わせを4つご紹介します。


【1、PARADIGM TLR & R3タイヤ25c幅】

合計価格¥54,630-(税抜)


PARADIGM TLR
前後セット価格:¥44,444-(税抜)
前後セット重量:1750g


R3タイヤ25mm幅
価格(1本):¥5,093-(税抜)
重量(1本):203g

完成車からの初めてのアップグレードにおすすめ。リーズナブルな価格ながら、登りと漕ぎ出しの軽さを確実に体感できる組み合わせです。PARADIGMホイールは踏み心地もマイルドで脚に疲労がたまりにくく、硬めのアルミフレームとも相性が良いです。
R3タイヤ25mm幅はオーソドックスな選択ですが、軽さ、乗り心地、耐パンクのバランスがとれているのでCOMPホイールと合わせてオールラウンドな性能を発揮してくれます。
EMONDA ALRなどの完成車ホイール&タイヤと比べて合計で500gほど軽くなります。全体の重量が8kg台のロードバイクからすれば相当なもの。しかも足回りでの違いならなおさらです。


【2、PARADIGM ELITE & R3タイヤ28mm幅】

合計価格¥121,297-(税抜)


PARADIGM ELITE
前後セット価格:¥111,111-(税抜)
前後セット重量:1490g


R3タイヤ28mm幅
価格(1本):¥5,093-(税抜)
重量(1本):230g

軽量かつ剛性が高く、カチッとした加速感が気持ちいいパラダイムエリートに、あえて太めの28mmタイヤの組み合わせです。私(鈴木)もアルミロードEMONDA ALR5 で使用しています。

アルミや硬めのカーボンフレームには乗り心地向上のため幅広の28mmタイヤを履かせたくなります。太いタイヤは荒れた路面での安心感も全然違います。ただ、太いタイヤは重量は増えます。それをパラダイムエリートの軽量性で補うことで、漕ぎ出しから滑らかな走行感を味わえます。スムースな走りで、踏めばしっかり反応する。ロードバイクらしい加速と乗り心地を両立できます。
EMONDA ALRなどの完成車ホイール&タイヤと比べて合計で700gほど軽くなります


【3、Aeolus Comp 5 TLR & AW3タイヤ 28mm幅】

合計価格¥120,186-(税抜)


Aeolus Comp 5 TLR
前後セット価格:¥110,000-(税抜)
前後セット重量:1885g


AW3タイヤ 28mm幅
価格(1本):¥5,093-(税抜)
重量(1本):285g

平坦な道をメインに、ロングツーリングをしたいライダーにおすすめです。
エアロ効果の高い(空気抵抗が少ない)Aeolus Compホイールは、一度スピードに乗ってしまえば維持するのが得意。琵琶湖一周などに最適です。
ツーリング向きのAWタイヤは濡れた路面で水はけがよく、耐パンク性能も◎。幅は25mmでも良いと思いますが、どんな道も走破できるツーリング車として振り切るなら28mmや32mmもありです。重量増加は回転力維持に繋がるので、信号の少ない田舎道ではメリットが大きくなります。
完成車ホイール&タイヤと比べた場合、軽くなるのは213g。巡航性能の向上が目的なので、これだけ軽量化できれば十分な結果です。


【4、Aeolus Pro3 & R4 320 Clincher タイヤ25mm幅】

合計価格¥202,334-(税抜)


Aeolus Pro3
前後セット価格:¥184,000-(税抜)
前後セット重量:1506g


R4 320 Clincher
価格(1本):¥9,167-(税抜)
重量(1本):230g

20万円を超える価格なので決してお手頃とは言えませんが、足回りで重要な3要素「軽さ・巡航性・乗り心地」を高い次元で実現させた超優等生セットです。
カーボンリムのアイオロスプロ3はリムハイト(高さ)35mm。ディープホイールの中ではそれほど高い方ではありませんが、足を止めても回り続ける巡航性能に驚くはずです。「D3(Dual Directional Design)」と呼ばれる独自のリム形状は横風の影響を受けにくく、風の強い河川敷や海岸線ライドでの安定感が違います。

私は以前、同じリム形状の旧モデルアイオロスを使用していました。

平坦もヒルクライムも、しっかり踏む集団走行も気軽な単独ツーリングも、まさに何をさせても不自由のない優等生。見た目にも丸みを帯びたリムが綺麗で、彫刻のような佇まいが気に入っていました。

R4 320 タイヤはハンドメイドの高級タイヤ。土台となるケージングが細かくしなやかで、本来ならレースなどでおすすめするような製品です。ただ、軽い転がりと高いグリップ性能はレース以外の週末ライドでも嬉しい性能です。チューブラータイヤのようなスキンサイドはビジュアル的にも高級感があります。消耗品であるタイヤにこの金額は・・・と思うかもしれませんが、その価値はあります。このタイヤだけでも是非一度試してみて欲しいですね。


いかがでしたか?足回りのカスタムはロードバイクの性質をガラッと変えるだけに、選ぶのは難しいです。しかもフレームとの相性を考えればなおのこと・・・
スタッフは何本ものホイール&タイヤを履き替えてきたので、実体験も含めて色々とアドバイスもできます。お気軽にお尋ねください!

=============================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店。
バイシクルカラー 鈴木 恒
=============================================================================