お尻の悩みを抱えるトライアスリート必見!!ボントレガー初のショートノーズサドル「AEOLUS PRO SADDLE」スタッフ藤木の本気でインプレッション第2弾!

お尻の悩みを抱えるトライアスリート必見!!ボントレガー初のショートノーズサドル「AEOLUS PRO SADDLE」スタッフ藤木の本気でインプレッション第2弾!

2019-11-26T16:14:54+00:00 2019/06/24|取扱商品のご紹介|

こんにちは、藤木です。
遂に、トライアスロンシーズンへ突入しましたね!ちなみに私は先日、TOKYO2020のトライアスロン観戦チケットを申し込んだのですが、落選してました。
そんな余談はさておき、トライアスリートの皆さんは、お尻の痛みに悩んでいませんか?
サイクルウェアでのトレーニング時は痛くなくても、レース本番に痛くなることはしばしば、、、
トライスーツの股パットは非常に薄いので、辛いですよね💦
今回は、そんな悩めるトライアスリート達へ、イチオシのサドルを私がインプレッションします!


AEOLUS サドルシリーズ

アイオロスサドルをザックリ説明します。
トライアスロンのバイクパートでは、上半身を深く前傾させエアロポジションで長時間走行した場合、股間部分に大きな負担がかかります。

そこで「Aeolus Saddleシリーズ」ではフルカットアウトと呼ばれる、サドル前端から後端までを左右に分ける構造を採用し、股間部分への圧迫を軽減させています。
※ショートノーズサドルのため、同社の通常サドルと取付位置の設定方法が異なります。
マニュアルでは、10mm後退させ、2°下へ前方向に傾けます。

新型アイオロスサドルの詳細はこちらから


私がインプレッションするのは、アイオロスサドルシーズ中、最も軽量な「pro sddle 」(145mm幅)となります。
アイオロスプロサドルは、パッドを最小限に抑えカーボンレールを採用しています。
パッドが最小限のため、他のアイオロスサドルよりやや硬めです。

 

ビジュアルは、マドンと相性バッチリです!

今回インプレッションにあたり、堺浜で40kmタイムトライアルを実施しました。
アイオロスサドルは本当に良かったです!
タイムトライアルのため1時間以上エアロポジションで走り続けたのですが、最後まで痛みはありませんでした。また、サドル先端に座るようなポジションでも尿道部分への圧迫感はなく、走り終えた後にしびれもなかったので、DHバーとの組み合わせもかなり良いかと思います。

続いては、サドルの前方部/後方部/全体部に分けて詳しくインプレッションしていきます。


【前方部から考察できるアイオロスサドルの魅力】

一見、ショートノーズサドルは前方部分が短くカットされているので、ライド中におけるポジションの自由度が低く思われがちです。
しかし、アイオロスサドルは前方部分まで、溝が入っていることに加え先端も非常にワイドな作りです。
そのため、高出力を出せるサドル前方に座るようなポジションでもサドルがお尻に食い込む不快感はありません。
逆に、一般的なサドルは前方部分はシェイプされているので、面積が狭く圧迫感を感じるライダーが多数です。

一見、ポジション自由度が低く見えるショートノーズサドルの方がポジションをコントロールしやすいということが、実際に使用したことで判明しました。


【後方部から考察できるアイオロスサドルの魅力】

座面が通常サドルよりも広いので、骨盤や臀部を支えられている印象でした。
また、臀部のサポートは上半身のサポートにも繋がり、深い前傾姿勢でも体幹に大きな負担が掛かりません
今まで使ってきたサドルよりも、全身サポートされている感覚した。
レースシーンだけでなく、ロングライドにも向いているサドルだと考えられます。


【全体部から考察できるアイオロスサドルの魅力】

   

(左がアイオロスサドル/右がモントローズ エリートサドル)
サドル全体の形状が右の通常サドルと比べ、ラウンドされているのが分かります。
しっかりしたくぼみがあるので、スウィートスポットを見つけやすく、扱いやすいサドルだと思います。


【総括】
・トライアスリートに最適
・ライド中におけるポジションの自由度が増す
・臀部から上半身にかけて支えられるので、体幹をはじめ身体への負担が軽減される
・スウィートスポットを見つけやすい
・レースシーンはもちろん、ロングライドにも効果的


アイオロスサドルいかがだったでしょうか。
今回、実際に使用したことで多くの発見がありました。アイオロスサドルは、乗り方を問わず多くのライダーに適していると思います。サドルでお悩みの方は、アイオロスサドルを是非お試しください!
(※アイオロスサドルの効果には個人差がります。必ずしもポジション等の悩みが解決するわけではありません。予めご了承ください。)

■インプレッションライダー

藤木 大貴(フジキダイキ)
スポーツ自転車歴12年。高校時代、クリテリウムのロードレースに参加。大学ではトライアスロン部所属。
在学中、デュアスロン(ラン10km→バイク40km→ラン5kmを行う競技)で世界選手権出場経験を持つ。
現在は、来年度競技復帰を目標に、日々練習中。

=================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)クロスバイク、ロードバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 藤木 大貴
=================================================================