コストパフォーマンス抜群!ロードバイク専用「ビンディングシューズ」の効果とは!?~BONTRAGER(ボントレガー)STARVOS&CIRCUIT~

コストパフォーマンス抜群!ロードバイク専用「ビンディングシューズ」の効果とは!?~BONTRAGER(ボントレガー)STARVOS&CIRCUIT~

2019-10-17T16:21:17+00:00 2019/10/17|取扱商品のご紹介|

こんにちは、鈴木です。
ロードバイクで楽に、速く走るために有効なカスタムは、
タイヤ、ホイール、コンポーネント、ハンドル、シートポスト交換・・・と色々あります。
でも圧倒的に費用対効果が大きいのは、専用シューズを使用してペダルと固定する「ビンディングシューズ」の導入だと思います。

今日はビンディングシューズの効果と、ビギナーにおすすめのシューズをいくつかご紹介します。前半は説明が長くなりますが、ビンディング導入に迷われている方は参考にしてください!

~ビンディングシューズの効果~

ビンディングシューズには大きく分けて2種類あります。「自転車から降りて歩くことができるもの」と、「ほとんど歩けないもの」。ビンディングペダルのメジャーメーカーSHIMANOは、自社の歩けるビンディングを『SPD規格』、歩けないビンディングを『SPD SL規格』と呼んでいます。
ここでは歩けない『SPD SL規格』を中心に説明します。

まず、歩けないと言っても実際には「歩きにくい」と言う意味です。最初の写真のように靴の裏が硬く、ほとんど滑り止めがついていません。しかも大きな『クリート』と呼ばれるパーツを取り付けるので不安定です。でも、転倒しないよう注意しながらサイクリング中にコンビニやカフェレストラン程度なら立ち寄ることはできます。

前置きが長くなりましたがやっと本題です。

【効果① 硬いソールで踏んだパワーがはっきりとペダルに伝わる】

この違いは使ってみればすぐに体感できます。データや理屈で説明せずとも、カチッとした踏み心地は誰もが認める絶大な効果です。
スニーカーで乗っているとソールが撓みます。さらにクッション性が高いものほどパワーが伝わるまでに時間差が生まれ、ペダリングのタイミングロスにもつながります。底が薄くて硬いロードバイク用シューズは、バイクパーツの一部として機能します。
歩けない一番の理由であるソールの硬さは、ロードバイクシューズとして最も重要な要素です。バイク全体で見た場合でも、フレームやホイールの剛性と同等くらいに重視すべきポイントだと思います。そう考えると、3~4万円のシューズも安く感じませんか?!

【効果② ペダルを踏む位置がずれない】

シューズにボルトで固定したクリートをペダルにはめ込むので、毎回ペダルの同じ位置に足を置くことになります。スニーカーでフラットペダルを踏んでいると、走行中にずれることもしばしば。綺麗で効率の良いペダリングができるはずはありません。毎回同じ位置で乗ることで、パワー伝達ロスが少なく、ペダリングスキルも上達しやすくなります。滑らかにペダルを回す感覚は、ビンディングの方が断然習得しやすいです。

【効果③ シューズ&ペダルが軽い】

店頭でロードバイクシューズを手にするとすぐに分かりますが、非常に軽量です。歩くことを考慮していないのでクッション材はほとんどなく、足にぴったり沿うような無駄のない形。ペダルもコンパクトで軽いものがほとんどです。足を回す感覚が全然違います。バイク総重量の軽量化にも貢献します。


普通のスポーツシューズはウェアの一部として揃えます。身に着けるものなので当然ですが、ロードバイクの場合は少し違います。バイクの性能に大きく影響する機材、パーツのような存在でもあります。フィット感も重要なので選ぶのが難しいですが、ここからはコストパフォーマンスも高いビギナー向けのロードシューズを紹介します。

~おすすめのビンディングシューズ~

STARVOS】スターヴォス

 
BONTRAGER STARVOS Road Shoe ¥12,000-(税抜)
カラー:Black / Visibility Yellow
サイズ:39~45

3本のベルクロで固定するシンプルで軽量なモデルです。どんなウェアやバイクにも合うブラックと、視認性が高く挿し色としても使えるビジビリティイエロー2色。ロードシューズとしては価格も控えめで、初めての一足におすすめです。

 

 

【CIRCUIT】サーキット

 
BONTRAGER CIRCUIT Road Shoe ¥14,800-(税抜)
カラー:Black / Viper Red
サイズ:39~45

フィッティングシステムにBOAダイヤルを使用しているモデルです。ワイヤーでタイトに締め付けることが出来るので、シューズと足との一体感が生まれます。ちょっとした停車中でも、ダイヤルを回すことで締め付けを簡単に微調整できます。BOAダイヤルを使用しながらコストパフォーマンスも高く、当店で断トツ一番人気のシューズです。

 

ご紹介したTREK(トレック)純正のBONTRAGER(ボントレガー)の製品には

『30日間満足保証制度』

があります。
これは、購入後30日以内ならいかなる理由でも製品に満足できない場合は返品・交換が可能というもの。
特にシューズは実際に履いて数時間走行しないとベストなサイズかどうか判断しずらいので、この制度は非常に心強いですね。実際にこの制度を利用してサイズ交換をされるケースも多々あります。


~SPD SLペダル~

最後に、代表的で人気のSHIMANO(シマノ)製ペダルも紹介しておきます。


SHIMANO PD-R550 ¥7,785-(税抜)


SHIMANO 105 PD-R7000 ¥11,769-(税抜)


SHIMANO ULTEGRA PD-R8000 ¥15,312-(税抜)

価格・グレードが上がるごとに、部分的な素材やベアリングの構造が異なります。重量や耐久性などに差が出るので、使用目的や頻度で選ぶことになりますが、詳しくはスタッフにご相談ください。
なお、ペダルには「クリート(靴裏に取り付けるプラスチックパーツ)」が一つ付属します。クリートは消耗品で、単品販売がありますが、最初はシューズとペダルを購入すればビンディングデビューできます。

総額予算としては2万円強~3万円程度が一般的です。


そのビンディングデビューですが、不安な方も多いのでは?!ペダルとシューズを固定するわけですから「立ちごけ(シューズが外れず停車時にコケてしまう事)」が怖いのも当然です。
当店では、その不安を解消すべく

「デビューレッスン」

を行っています。

固定台に自転車を載せて、コツをお伝えしながら練習していただきます。
※一部の車種では固定台を使用できないため踏み台での練習になります。
ポイントを理解すれば安全にスムーズに使えるようになります。
ペダル&シューズをご購入のお客様は、バイクをお持ちいただければ無料で受けていただけますので、是非ご利用ください。
レッスンだけご利用の場合は有料(¥3,000-税抜)ですが、不安な方はお気軽にご相談ください。


ロードバイク専用シューズ(ビンディングシューズ)はロングツーリングや峠道でより絶大な効果をもたらします。これまで以上に遠くへ行きたい方、もっと速く爽快に走りたい方、すぐにでもビンディングデビューしましょう!

=============================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店。
バイシクルカラー奈良天理店 鈴木 恒
=============================================================================