冬季限定!ホイールアップグレードキャンペーン!~TREKロードバイクをBONTRAGERホイールでアップグレード!~

冬季限定!ホイールアップグレードキャンペーン!~TREKロードバイクをBONTRAGERホイールでアップグレード!~

【ホイールアップグレードキャンペーン!】


【期間】
2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土)

【内容】
期間中に10万円(税別)以上のBONTRAGERホイールセットをご注文頂くと、
R3ロードタイヤ、スタンダードチューブ、工賃の総額¥14,400-(税別)をサービス!

【条件】
お支払い方法が現金、ショッピングローン、PayPayのいずれかである事。
クレジットカードの場合はスタンダードチューブ、工賃の総額¥3,800-(税別)のサービス。

★★PayPayであれば当キャンペーンに加え、キャッシュレス消費者還元分、PayPayの利用特典も重なり大変お得です★★
※タイヤはBONTRAGER R3タイヤのブラック、チューブはスタンダードチューブとなります。
上位のR4タイヤ、ライトウェイトチューブをご希望の場合は差額のお支払いで対応可能です。
※タイヤとチューブをお持ち込みで、サービス分をホイールから差し引く事は出来かねます。

 


【お勧めホイール!】

BONTRAGER(ボントレガー) Paradigm(パラダイム) Elite TLR Clincher
【フロント】¥51,000-(税別) 重量655g 
【リア】¥60,200-(税別) 重量835g

アップグレードの定番ホイールです。多くの完成車(ALRシリーズやSL5)に採用されるホイールは、単品販売の存在しないラインナップ外のホイールとなります。重量も2000g程(店舗実測2070g)とかなり重たく、かつ軸の回転抵抗もかなりおもたいホイールです。
ぱっと見た印象は同じホイールに見えますが、材質、構造が大きく異なります。ホイール前後で500gの軽量化は、走り出せばものすごく大きな違いとなって現れます。
【関連記事】
軽量EMONDAに軽量アルミホイールを取り付け!東大阪店
カスタムの第一歩、お客様が選んだのはParadigm Eliteホイール!東大阪店
アップグレードにまずはお勧め!Paradigm Elite!奈良登美ヶ丘店

 


BONTRAGER(ボントレガー) Paradigm(パラダイム) Elite TLR Disc Clincher
【フロント】¥54,700-(税別) 重量705g
【リア】¥82,500-(税別) 重量815g

完成車のディスクブレーキの増加に伴い、2019年夏に満を持して発表になったParadigm Eliteのディスクブレーキ仕様です。ディスクブレーキの場合、リム面がブラックカラーとなりますので、足回りがグッと引き締まった印象ですね。
【関連記事】
超軽量アルミホイール、Paradigm Eliteのディスクブレーキが発表!奈良天理店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) Comp5 TLR Clincher
【フロント】¥45,000-(税別) 重量775g
【リア】¥65,000-(税別) 重量1085g
【リム】アルミ

ディープリムと呼ばれるリム高のあるホイールは、一目でアップグレードされたバイクであることが伝わります。その為アップグレードホイール=ディープリムとお考えになりがらご検討頂く方も多いですね。
ディープリムのホイールは中速以上の平坦路で大きく効果を発揮します。正面から受ける風によって生じる空気抵抗(リムで乱れる気流)を整えて後方へ流します。琵琶湖一周といった、信号が少なくかつ平坦路が続くロングライドでは脚を温存して走る事が出来ます。
【関連記事】
平坦路のスピードアップをサポート!Aeolus Comp5東大阪店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) Comp5 Disc TLR Clincher
【フロント】¥45,000-(税別) 重量775g
【リア】¥65,000-(税別) 重量1085g
【リム】アルミ

上記モデルのディスクブレーキ仕様です。ディスクブレーキになると一般的にホイール重量はわずかならが増すケースが多々ありますが、モデルよってはリムブレーキと同重量(カタログ値)となるものがいくつか存在します。リムの内幅や外幅が変る事でその事を実現しています。「リム」をブレーキとしての機能を除いて設計出来る事のメリットです。

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) Pro5 TLR Clincher
【フロント】¥84,000-(税別) 重量705g
【リア】¥100,000-(税別) 重量900g
【リム】OCLV Proカーボン

ディープリムは平地巡航性は向上しますが、重量増によりストップ&ゴーの多いコース、また峠道が苦手となります。そこでお勧めとなるのがカーボンホイールです。リムにアルミではなくカーボンを採用することでより軽量化を実現します。
もちろん価格がグッと上がりますが、BONTRAGERには「XXX」と「Pro」の2つのグレードがラインナップされます。Proシリーズであれば価格を抑えてフルカーボンのディープリムをご購入頂けます。
【関連記事】
平地メインのロングツーリングにいかがでしょうか!?Aeolus Pro5!東大阪店
巡行性と軽量性、前後異なるリムハイトでいいとこどりはいかがでしょうか!?奈良天理店
MADONE、Aura5からAeolus Pro5へアップグレード!奈良天理店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) Pro5 Disc TLR Clincher
【フロント】¥84,000-(税別) 重量780g
【リア】¥100,000-(税別) 重量940g
【リム】OCLV Proカーボン

上記モデルのディスクブレーキ仕様です。スタッフでは東大阪店の西條が使用しています。極端に軽量なモデルや高価な場合はその用途が限定されるケースがありますが、ミドルグレードであるProシリーズはより長い距離を楽に走る為にピッタリと言えますね。
【関連記事】
スタッフ西條 平地ロングライド最適のカーボンホイール(AeolusPro5Disc)を購入しました!東大阪店
スタッフ西條 愛用ホイールAeolus Pro5Discのハブメンテナンス!
東大阪店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) XXX(トリプルエックス)4 TLR Clincher
【フロント】¥147,300-(税別) 重量630g
【リア】¥165,800(税別) 重量770g
【リム】OCLV XXXカーボン

BONTRAGERのパーツの中でもハイエンドに位置するモデルの称号である「XXX(トリプルエックス)」。詳しい方はこのロゴを見るだけでハイエンドのパーツであると分かるのではないでしょうか。重量、剛性、耐久性、求められるあらゆる性能を高い次元でまとめ上げたモデルです。
お値段はかなりしますが、毎週走りに行かれる程ロードバイクにどっぷりハマっている方には、これほどメリットのあるアップグレードはないのではないでしょうか。ディープリムにより平地の巡行性が高いだけでなく、OCLV XXXカーボンにより重量も軽く仕上がっています。正にオールラウンドホイールです!
【関連記事】
スタッフ藤木 Aeolus XXX6を本気インプレッション!奈良天理店
スタッフ藤木 Aeolus XXX6を購入しました!奈良天理店
スタッフ藤木 Aeolus XXX6で1000km走った感想。奈良天理店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) XXX(トリプルエックス)4  Disc TLR Clincher
【フロント】¥147,300-(税別) 重量675g
【リア】¥165,800(税別) 重量780g
【リム】OCLV XXXカーボン

上記モデルのディスクブレーキ仕様です。
【関連記事】
最高峰カーボンホイールXXX4を取り付けさせて頂きました!(チューブラー仕様) 奈良登美ヶ丘店

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) XXX(トリプルエックス)2 TLR Clincher
【フロント】¥138,000-(税別) 重量580g
【リア】¥156,500(税別) 重量725g
【リム】OCLV XXXカーボン

特徴はズバリ「超軽量ホイール」です!高速巡行性よりも急勾配の登りにおける軽さが最大のメリットです。単純に軽いだけでなくOCLV XXXカーボンリムの高剛性がダンシングの際のライダーの加重にしっかり応えてくれます。軽いだけでなく登りでしっかり進むホイールです。山間部のツーリングやストップ&ゴーの多いサイクリングにお勧めです。

 


BONTRAGER Aeolus(アイオロス) XXX(トリプルエックス)2  Disc TLR Clincher
【フロント】¥138,000-(税別) 重量630g
【リア】¥156,500(税別) 重量750g
【リム】OCLV XXXカーボン

上記モデルのディスクブレーキ仕様です。ディスクブレーキ仕様であっても1300g台とかなり軽量です。私(丹)はここ2年程このXXX2を使用しています。空力を考えるとディープリム(XXX4)に軍配が上がりますが、急勾配でのバイクの振りの軽さ、また冬の川沿いの横風など総合的なメリットを考えてXXX2を使用しています。私にとっては「超軽量登り向けホイール」と言うより「万能ホイール」といった印象が強いかもしれません。
【関連記事】
XXX4は前モデルのD3と何が違う??購入して比較してみた。東大阪店

 


【なぜBONTRAGERホイールがお勧めなのか?】

①TREKバイクに最適化された専用設計

ボントレガーのホイールは、TREKのバイクと組み合わせる事で最高のパフォーマンスを発揮するように設計されています。事実、エアロロードジャンルを担うMADONE(マドン)ではボントレガーホイールを履かせることで、最も効果的な空力性能を得られるフレーム設計となっています。

②一流のエンジニアと風洞実験による確かな性能

 

TREKは世界一エンジニアの多い自転車メーカーです。流体力学を始め、宇宙開発に携わった事のある者まで在籍。そんな彼らが風洞実験を行い、様々な角度から意見を出し合って一つの製品を作り上げます。

③プロ選手によるフィードバック

実験や理論はあくまでも机上の空論。乗り手が何を感じ、ホイールがどの様な変化を見せるのか。製品の開発段階で、プロチーム「トレック・セガフレード」の一流選手にプロトタイプを使用してもらい、選手の意見を取り入れています。

④リムはTREK独自素材

リム素材にはOCLVカーボンと呼ばれる、TREKの独自素材が用いられています。OCLVとは「Optimum Compaction(超高密度圧縮) Low Void(低空隙)」の略称ですこの素材は、航空宇宙産業の水準をも上回る高い強度と耐久性を誇ります。

⑤自社製造による高い品質

 

TREKが本社を構えるアメリカ・ウィスコンシン州ウォータールーにある、業界先端の社内製造施設で生産されています。全てが熟練の職人による手作業。細部に至るまで決して手を抜かない。これがTREK製品の高品質と自信・誇りに繋がっています。


【カーボンケア・ホイールプログラム】のご紹介。

最初の購入から2年以内にカーボンホイールを走行中に壊してしまった場合….、

なんとトレックが無料で修理もしくは交換してくれます!
※ファーストオーナー様であることが条件です。(購入証明のレシートが必要)

ここまで手厚いサポートが付帯したホイールはとても珍しいケースです。

このお得なキャンペーン期間中にBONTRAGERのホイールで愛車をアップグレードしてみてはいかがでしょうか!?


天理市、奈良市、東大阪市のTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店