~ロードバイクをトライアスロン仕様に~DHバーの取り付けとフィッティングを行いました。トライアスロン関係は藤木にお任せ下さい!!

~ロードバイクをトライアスロン仕様に~DHバーの取り付けとフィッティングを行いました。トライアスロン関係は藤木にお任せ下さい!!

2020-02-04T17:39:49+00:00 2020/02/4|ニュース|

こんにちは、藤木です。

先月から春のサイクリングシーズンに向けて、愛車をアップグレードされる方が急増中です。

       

写真の様なホイールや軽量なカーボンパーツへの交換を多数承っております。

そんな中、先日普段とは異なるアップグレードがありました。それは、トライアスロンの出場を検討されいるお客様のバイクに、「DHバー」取り付けとフィッティングを行うというものです。

作業の様子をこれからお伝えさせて頂くのですが、その前に「DHバーとは何か?」「DHバー装着の目的」「トライアスロンに何故必要なのか?」の3点を簡潔にご説明します。

―DHバーとは?―

「DHバー」は2本の棒と2つのパッドから構成されいます。元々は、コンマ一秒を争うタイムトライアルレースに使用するTT(タイムトライアル)バイクに装着されていました。現在では、ロードバイクに取り付け可能なモデルが多数ラインナップされています。

―DHバーの目的―

DHバーを装着する目的は、主に空気抵抗を減らす事です。

空気抵抗は、自転車のスピードや乗り手の体力に影響を及ぼします。また空気以外では、路面とタイヤの摩擦抵抗、チェーン・ギア周りといった駆動摩擦抵抗が挙げられます。しかしそれらの影響は小さく、抵抗のおよそ8割はライダーの身体が受ける空気と言われています。

続いてDHバーを装着すると、どの様な効果があるのか説明します。

写真の様にDHバーを握った状態では、身体が小さくなります。また頭から背中にかけて一直線上で、地面とほぼ平行なポジションです。これにより通常のロードバイクポジションよりも整流効果を得られます。

一方こちらは前面から見た画像です。これは非常に分かり易いですね。ご覧の通りハンドル中央に身体が収まる体勢となるため、前面の投影面積が小さくなります。その結果、前から受ける風の抵抗が最小限に抑えらるという訳です。おおよそこれら2点で空気抵抗は大幅に削減され、体力の温存と高速域での巡航が可能となります。

―トライアスロンとDHバーの関係性―

トライアスロン(ITUエリートレースや一部レースを除く)では「ドラフティング走行」が禁止されています。
※ドラフティング:前走者の後ろに付いて空気抵抗を避ける走行方法です。

そのためレース中は常に単独走行となるので、前述した空気抵抗を全て受ける事になります。DHバーを装着する事で極力空気抵抗を抑え、体力の温存を図ります。特にトライアスロンの場合、バイクパート終了後にランニングが控えているため、「DHバー」は必需品と言えるでしょう。

余談ですが、DHバーの「DH」は「ダウンヒル」の略です。何故空気抵抗を減らすアイテムなのにダウンヒル(下り)という名称になっているのか?

 

これはDHバーを握ったポジションが、スキー競技の滑降体勢に似ているからだそうです。確かに全く同じ姿勢ですね。

少し話が逸れましたが、DHバーについてご理解頂けたと思うのでいよいよ本題に入ります。

まずは、DHバーをバイクに取り付けていきます。構造自体はシンプルで、比較的安易に取り付け出来ますが、各ボルト類には締め付ける力が決められています。

必要以上に締め付けるとクランプが割れてしまったり、ハンドルバーを損傷する恐れがあるため、トルクレンチを用いて作業を行います。

 

バー自体には既にバーテープを巻いていますが、フィッティング後にカットします。

取付後はフィッティングです。デフォルトのポジションから、調整を繰り返しライダーにとって最適なポジションを導き出します。

基本的にはバー自体の位置調整がメインですが、ロードバイクにDHバーを取り付ける場合、TTバイクとフレーム設計が異なるためサドルの位置やハンドルの高さ等、相対的に見る必要があります。

また腕を置くパッドの位置調整も細かく行えるため、自分の身体に最適化する事が可能です。

全ての調整が完了したら、再度バイクにまたがりポジションを再確認。

この一連の流れを数回繰り返して、ポジションが決まりました。

とはいえ初回のフィッティングだけで全てが決まる訳ではありません。今後、実走行した上で再調整を行う必要があります。またロードバイクのポジションと言うのは、「これが100%の正解!」というものがありません。ですので、パフォーマンスを最大限引き出せるポジションにたどり着くまで、自分自身で試行錯誤する事もしばしば。これもロードバイクの魅力や楽しみの一つです!!

最後はバーテープをカットして作業完了です。お客様のご要望により、左右非対称のカラーコーディネートとなっています!色もネオンイエロー&ピンクでポップな印象ですね♪

 

作業完了後のバイクです↑ ロードバイクからトライアスロン仕様のマシンへ生まれ変わりました!


いかがでしたか?皆様思い思いに愛車のアップグレードをされています。また現在、「冬のアップグレードキャンペーン」を実施中です。お得な機会に是非愛車をアップグレードしましょう!!

☆2/28まで!お得な「冬のアップグレードキャンペーン」☆

最後に私(藤木)の経歴を簡単に紹介させて頂きます。実は大学時代、トライアスロン部に所属しておりました。

↑は今と違って、かなり鍛えていた頃の写真です(笑)

また在学中に「デュアスロン(ラン10km/バイク40km/ラン5km)」という競技のエイジグループ枠で、日本代表表として世界選手権に出場した経験も持っております。

トライアスロンに挑戦してみたいという方は、是非私(藤木)にご相談下さい!!

====================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 藤木 大貴
====================================================================

天理店facebookをフォローしよう!

ストアニュース更新お知らせの他に、スタッフが走ってる様子や日常をアップしているので、ぜひご覧下さい!

代表 丹のInstagram公開中!

ライドやカスタム等の様子がアップされています。こちらも是非ご覧下さい!