この春ロードバイクデビューするならこのバイク!~TREK(トレック)・DOMANE AL/EMONDA ALR~

この春ロードバイクデビューするならこのバイク!~TREK(トレック)・DOMANE AL/EMONDA ALR~

2020-02-14T11:08:23+00:00 2020/02/14|ニュース|

こんにちは、北村です。

今年は冬季も比較的暖かく、サイクリングには非常に適した気候になっています。
もう春も近い様子ですが、そんな中、この春からロードバイクデビューをしたい!と言う方も多いはず。
今日はそんな方々の為に、とっておきのロードバイクをご紹介いたします!

DOMANE AL2 ¥85,000-(税抜)フレーム:100 Series Alpha Alminium
カラー:Matte Alpine Blue/Matte Trek Black
サイズ:47,50,52,54,56,58
メインコンポーネント:SHIMANO Claris 2×8Speed

軽量なアルミフレームに振動吸収性の高いカーボンフロントフォーク、SHIMANO Claris変速機を使用したエントリーモデルです。 DOMANEシリーズは一般的なロードバイクと比べてハンドルが少しだけ高く、アップライトな姿勢になります。初心者の方でも慣れやすい設計で、のんびりツーリングを楽しむのにもおすすめです!

新色のMatte Alpine Blueですが、エントリーモデルとは思えない、美しいカラーリングが特徴!

青よりほんの少し、微妙にトーンを落とした高級感のあるブルーです。トップチューブの上だけは艶のある仕上げですが、ベースはマット塗装です。

  

多くのバイクメーカーで「エントリーグレード」と言えば丸形のアルミパイプを接合しただけのモデルがほとんどです。でもDOMANE ALのパイプ形状は違います。フレームにかかる応力に合わせた断面形状に加工され、エントリーモデルとは思えないルックスも特徴です。

  

メインの変速機にはSHIMANO「Claris」を採用しています。入門用グレードの変速機とは言え、安定した変速性能はさすがシマノ。ただ、少し乗りなれてくるとよりスムーズに動く上位グレードにアップグレードするのもおすすめです。合わせてブレーキもアップグレードすれば、峠道も安心感が増します。

 

DOMANE AL2はうまく価格を抑えつつも、そうは見えないルックスが魅力です。このバイクから初めて、楽しくなればパーツのアップグレードと言うのも良い選択肢ですね。初めてのバイクとしては、間違いのない1台!
この春はこのロードバイクで颯爽と走ってみましょう!


Domane AL 3 ¥105,000-(税別) フレーム:100 Series Alpha Alminium
カラー:Viper Red/Trek Black
サイズ47/50/52/54/56/58
メインコンポーネント:SHIMANO SORA 2×9Speed

続きましてはこちらのバイク。先述した「DOMANE AL2」と同等のフレームを使用し、
各パーツのグレードを一段階アップさせた上位バイクです。

トップチューブにマットカラーのアクセントがあり、バイクの高級感を引き立てます。

シートチューブにはTREKの本社・工場のあるウォータールーのサイクリング・クラブロゴがあり、
見た目もかわいらしい遊び心が溢れたデザインになっています。

コンポーネント

コンポーネントと呼ばれる変速機などはブレーキを除き、すべてSHIMANO(シマノ)のSORA(ソラ)R3000系です。
価格調整のため廉価版パーツに置き換わる事が多いフロントクランク(前ギア)ももちろんSORA。

クランクは自転車の顔といっても過言ではない部分です。安いパーツではバイク全体の雰囲気が安っぽく見えてしまうので、こういったところでも手を抜くことがないのはTREK(トレック)のこだわりがうかがえるポイントですね。

リアスプロケット(後ろギア)は9段で歯数は11-32Tとワイドギアを装備。
軽めのギアが充実している為、初心者の方でも坂道を登りやすい配慮がされていますね。

R3000系SORAのシフトレバーは上位グレード譲りのコンパクトで握りやすい形状です。
「リーチアジャスト」と呼ばれる、手の小さい方でもブレーキレバーを操作しやすくする機構も装備。
当店ではこちらのセッティングをお客様に合わせて必ず行っております。

下位グレードと比べ、コンポーネントのグレードが違うだけで、かなりバイクの印象が変わります。
ご予算に合わせて、最適なロードバイクを選んでくださいね!

Domane AL 3  WSD¥105,000-(税別) フレーム:100 Series Alpha Alminium
カラー:Crystal White
サイズ44/47/50
メインコンポーネント:SHIMANO SORA 2×9Speed

そして、スポーツバイクは何も男性だけのものではありません!最近は女性の間でも人気で、
TREK(トレック)も女性用のロードバイクをラインナップしていますので、ご安心ください!

先述の「DOMANE AL3」の女性用モデルになり、綺麗な純白のホワイトカラーを採用!

ロゴもシルバーで非常に美しく、クールなデザインです。仕様面では男性用とほぼ同じで、
サドルがやや広めの、女性用デザインであること、最小サイズの44と言うフレームサイズがある事くらいです。

前年度から女性用のロードバイクの需要が高まり、エントリーモデルであるこちらのバイクは、
非常に人気があります!ロードバイクデビューしたい女性の皆さんに、ぜひ選んで頂きたいバイクです!

 


ここまでは、気軽にロードバイクを始めたい方に向けてのバイク紹介でしたが、
中には、初めてのロードバイクだけど、ゆくゆくは本格的に走りたい!とお考えの方もおられると思います。
そんな方におすすめの車種が「EMONDA ALRシリーズ」のバイクです!

TREK(トレック)が誇る技術がふんだんに盛り込まれたこのバイクですが、なんと今ならSALE中で、
「ALR4」ならば、先述した「DOMANE AL3」とたった数千円の差額しかなく、非常にねらい目!

※メーカーの在庫が無くなり次第終了。

「DOMANE AL3」をお考えの皆様は、この機会に上位バイクも検討していただくと良いかと思います!
それでは下記にて、スタッフ劇推しの、ハイスペックアルミロードバイクの詳細を見ていきましょう。

【EMONDA ALR4】

      

¥135,000-(税別)→特別価格¥108,000-(税別)※20%OFF

―ALR4の特徴―

①軽量かつ美しいアルミフレーム

フレーム素材には、TREKが独自に開発したALPHA(アルファ)アルミの300シリーズを採用!
先述した「DOMANE AL」シリーズよりも、グレードが格段にアップしています。

一般的にアルミフレームは、カーボンと比べると硬くて快適性に劣ると言われています。しかし、トレックのエンジニアは軽さと強度を持たせつつも、走りの質を向上させることに取り組みました。

その結果、Alpha 300アルミは、アルミ独特の加速感と振動吸収性を実現。
「EMONDA ALR」のアルミフレームは快適で、長時間/荒れた路面でのライドであっても、
不快感や疲労の蓄積を抑えてくれます。

 

また、エモンダのフレームは美しい曲線を描いており、溶接痕もほとんど見られません。一見カーボンフレームと見間違えるほどの滑らかな表面が特徴です。

②Shimano TIAGRA(ティアグラ)

ALR4はシマノの「TIAGRA(ティアグラ)」というコンポーネント(変速機)を搭載しています。

 

フロントギア2枚・リアギア10枚の総計20段変速です。ギアの枚数は変速機のグレードによって変わってきます。

 

また変速性能や耐久性や重量等も同様です。ティアグラは、通勤・通学等の街乗りメインや週末にのんびりサイクリングを楽しむと言った方であれば、十分なスペックを確保しています!

③ダイレクトマウントブレーキ

 

エモンダALRのブレーキ構造はリムブレーキです。その中でも「ダイレクトマウントブレーキ」という方式を採用しています。これは通常のキャリパーブレーキと固定方式が異なり2本のボルトを用いて固定しています。これにより剛性(硬さ)がアップし、ブレーキングパワーが大幅に向上しました。ただし、ALR4にはシマノ製ではないブレーキが搭載されています。そのままでも実用上・安全上全く問題ありませんが、本格的にロードバイクを楽しみたいという方はアップグレードをお勧めします。

【EMONDA ALR5】

 

¥179,000-(税別)→特別価格¥143,200-(税別)※20%OFF

上記の「ALR4」のさらに上位グレードのロードバイクで、プロがセカンドバイクとして所有するほどの、
かなり完成度が高いバイクです。初めての1台に選べば間違いなしのハイスペックバイク!

―ALR5の特徴―

①軽量かつ美しいアルミフレーム

フレーム素材にはALR4同様、TREKが独自に開発したALPHA(アルファ)アルミを採用しています。
下記にて、その特徴や性能を述べていきましょう。

 

【ハイドロフォーミング】

自動車の世界では既に主流であったハイドロフォーミング技術を採用。これは円筒状のフレームチューブに液体を注入し、水圧を用いて形状を成型する製法です。これにより、強度の確保と美しい形状を両立。
また、空力性能と走りの質を高める事が出来ます。

 

【インビジブルウェルド】

TREK(トレック)の独自の製法により、各チューブが完璧に組み合うよう加圧成形しています!
そのためチューブ同士を溶接しやすくし、それに伴う溶接材の量も大幅に減少させました。
その結果、通常のアルミフレームより強度と耐久性に優れ、軽量化と美しいビジュアルを手に入れました。

実車を見て頂くと分かりますが、この仕上げは本当に美しく、ビギナーの方々が良くカーボンフレームと間違えるほどです。是非とも店頭にてこの美しい仕上がりをごらんください!

②Shimano 105(イチマルゴ)

ALR5はシマノの「105(イチマルゴ)」というコンポーネント(変速機)を搭載しています。

 

フロントギア2枚・リアギア11枚の総計22段変速です。これは現在、ロードバイクのスタンダードの段数です。

  

そして105グレードから上位グレードと同様の構造をした変速機となるため、変速性能や耐久性等バランスよく高次元で実現しています。また上位グレードとの互換性もあるのため、後々アップグレードを行いやすいというメリットもあります。趣味としてロードバイクに乗る方や最終的に100km程のロングライドに挑戦したいという方に最適です!

③ダイレクトマウントブレーキ

  

ブレーキ構造はALR4でも先述した、「ダイレクトマウント」方式です。
ALR5ではブレーキもシマノ「105」で統一されています。確実な制動力と操作性の高さが特徴で、
初心者の方でも安心してお使い頂けます。

④カーボンシートポスト

ここがALR4との大きな違いの一つで、シートポスト(サドルを支える棒状のパーツ)の素材にカーボンを採用しています!

ALR4のアルミポストに比べ非常に軽量なため、バイクの軽量化に繋がっています。また振動吸収性にも優れているため、長時間のライドでも身体への負担が少なく、走り終わった後の疲労感や痛みを軽減してくれます。
これだけでもこの上位バイクを選ぶメリットは大きいと言えます!


いかがだったでしょうか。本日ご紹介した2車種のバイクならば、どれをとっても間違いはありません!
ご自身の予算と照らし合わせて、最適なバイクをお選びいただけますと幸いです。

WEBでは分からないので、実車を見てみたい方のご来店は大歓迎です!気になる方はまたぜひお話をお聞かせください!

※DOMANE AL3 WSD、EMONDA ALR4/5以外は店頭にはございませんのでご了承下さい。

また、試乗ももちろん大歓迎です!論より証拠、乗って試して体感してみましょう!
試乗車の詳細は下記をごらんください。

乗って確かめよう!奈良天理店ロードバイク&クロスバイク、E-bikeの試乗車紹介。

奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 北村