~春からロードバイクデビューをご検討中の方へ~ロードバイク購入時に揃えておきたいアイテムを厳選してご紹介!!

~春からロードバイクデビューをご検討中の方へ~ロードバイク購入時に揃えておきたいアイテムを厳選してご紹介!!

2020-02-17T16:22:35+00:00 2020/02/17|ニュース, 取扱商品のご紹介|

こんにちは、藤木です。

徐々に冬の終わりが見えてきて、日中は暖かい日が増えてきましたね。
さて、春からロードバイクデビューしようとご検討中の方も多いのではないでしょうか?

トレックではそんなデビューを応援すべく、一部車種がセール価格となっており大変お買い得です!

 

 

セールバイクの詳細については下のリンクからご覧頂けます。

トレックの軽量アルミロード EMONDA(エモンダ)ALR4 / ALR5がSALE価格で20%OFF!

現在セールのトレックバイクをご紹介!~クロスバイクFXシリーズからロードバイクEmonda SL5 / SL6など沢山あります!~

実際、セールが始まって以来、ロードバイクのご商談が急増しています。そんな中、初心者の方から「ロードバイクだけ購入すれば、そのまま走る事が出来るのでしょうか?」というご質問をよく頂きます。

もちろんロードバイク単体でもサイクリングを楽しめますが、必要最低限揃えておきたいアイテムがいくつか御座います。そこで今回はバイクと一緒に買い揃えておきたいアイテムを、厳選してご紹介致します!


―バイクと一緒に揃えたいアイテム―

①ヘルメット

ロードバイクはスピードの出る乗り物です。また基本的には車道を走るシーンが多いため、ヘルメットの着用は必須と言っても過言ではありません。自分自身の安全確保はもとより、ご家族に心配を掛けないためにも、ヘルメットを被りましょう!!

「Starvos(スターボス)」価格:¥7400-(税抜)

      

ヘルメットとしての基本的な性能を備えつつも、価格を抑えたモデルです。通気口が大きいため、夏場でも頭が蒸れる事はありません。また上下位置と周囲の締め付け具合を、片手で容易に調整できるフィットシステムを備えています。

「Velocis(ヴェロシス)」価格:¥23,200-(税抜)

      

スタッフ使用率の高いヴェロシスは、重量・通気性・安全性を高次元で実現しているモデルです。

フィッティングシステムには、細やかな調整を可能とするボアダイヤルを採用。

また転倒事故で頭部を打ちつけた際、脳損傷リスクを軽減する、「MIPS(ミップス)」を搭載しています。

TREKのプロチームでも選手が愛用しているため、その実力はお墨付きです!

「Specter WaveCel(スペクターウェーブセル)」価格:¥19,500-(税抜)

     

トレックの最新最新技術が詰め込まれた、ハイスペックヘルメットです。

一番の特徴は、ヘルメット内部に「WaveCel(ウェーブセル)」という全く新しい素材を配備している事です。これは前述したミップスよりも、脳損傷リスクを大幅に軽減してくれます。またフィッティングシステムは、ヴェロシス同様に「ボアダイヤル」を採用しています。

ちなみに私(藤木)もウェーブセル搭載モデルを着用しています!

 

ウェーブセル搭載のヘルメットを着用してからは安心感が高く心に余裕が生まれます。その結果、ライドに集中し安全な走行に注力出来ます。また他のヘルメットに比べ重量はやや重いですが、アジアンフィットやボアダイヤルの採用により、重量面が気にならない程のフィット感と快適性を実現しています。

関連記事もご参考下さい↓

「ヘルメット無し。問題なし。」その認識は間違いです。あなたの脳を守るBONTRAGER(ボントレガー)のWAVECEL(ウェーブセル)。

~ケーリー・カトリン選手の死から紐解くヘルメットの重要性~ MIPS(ミップス)WAVE CEL(ウェーブセル)搭載モデルを選びましょう。

②フロントライト

前照灯は主に、「夜間の走行に必要。」というイメージをお持ちの方が多いです。しかし夜間走らない方でもフロントライトの着用をお勧めしています。
なぜなら、自転車と車の事故の多くが日中に発生しているからです。

そのため、トレックは「デイライト」を推奨しています。これは日中であってもライトを点灯させる事で、対向車や歩行者に自転車の存在を認識させる事を目的としています。またボントレガーライトは、日中でも効果的に視認されるフラッシュパターンを採用しているので、通常のライトより「デイライト」に適しています。

「Ion 450」価格:¥7,700-(税抜)

  

ボントレガーの定番フロントライトです。最大光量は450ルーメンとなっています。夜間走行時に必要とされる最低限度の明るさを確保しています。また3つの光量とデイフラッシュ・ナイトフラッシュの5パターンを搭載。とりあえずION450があれば、一日中走って日が暮れても安心です。

「Ion Elite(イオンエリート)」価格:¥13,500-(税抜)

 

こちらは最大光量1000ルーメンを確保する本格的なフロントライトです。夜間の走行において十分な明るさと照射機能を持っています。またフォーカス・フラッシュ・レンジフラッシュパターンを採用し日中でも確実な視認性を確保。そして最長稼働時間は26時間(ナイトフラッシュの場合)!全てのサイクリストに着用して頂きたい優秀なモデルです。

③リアライト

日中に発生する自転車事故の8割が、車による後方からの追突です。

主な原因はドライバーのよそ見運転。そこでリアライトを、日中でも点灯させる事を推奨しています。これによって、早い段階から後方のドライバーに自転車の存在を認識させる事ができるため、事故のリスクが大幅に軽減します。

「Flare RT(フレアーアールティ)」価格:¥7,300-(税抜)

 

リアライト言えばFlare RT!最大光量90ルーメンで、なんと2km先から視認可能です。また最長稼働時間は15時間となっています。(ナイトフラッシュの場合)全てのサイクリストに着用して頂きたいモデルです。

「Flare R City(フレアアールシティ)」価格:¥4,800-(税抜)

 

こちらのリアライトの最大光量は35ルーメン。都市部において必要とされる最低限度の光量を持つモデルです。約900m先から視認可能となっています。最長稼働時間は20時間とやや長めです。(ナイトフラッシュの場合)

「デイライト」について詳しく知りたい方は下の記事をご覧下さい↓

『ライトは夜間だけ。その認識問題あり。』TREKが世界中のサイクリストへ推奨している「デイライト」はご存知ですか?

④ペダル

大半のロードバイクにはペダルが付属しません。ロードバイクの場合、通常の「フラットペダル」に加え「ビィンディングシューズ」と呼ばれるペダルと専用シューズを固定し、より効率的なペダリングを可能とするモデルもラインナップされています。これはライダーの走る目的によって選ぶ必要があるため、スタッフへお気軽にご相談下さい!

「三ヶ島 シルバンストリーム(フラットペダル)」¥3,400-(税抜)~

 

フラットペダルの定番!三ヶ島という日本のメーカーです。職人さんが1つ1つ丁寧に組み立ており、ペダルにかける情熱が伝わってきます。また回転部分の精度も高く、非常に滑らかな回転と優れた耐久性が大変魅力です。

「Shimano SPD SL(ビィンディングペダル)」価格:¥7,785-(税抜)~¥23,322-(税抜)

こちらはシマノの「SPD SL」という種類のビィンディングペダルです。とはいえ一概にSPD SLと言ってもグレード分けされており、価格帯が大きく異なります。

 

価格の違いに繋がっている要素は主に2点。1点目は、ペダル本体の素材です。一見似たような雰囲気ですが、左のエントリーグレードに用いられている素材は樹脂です。一方右のペダルには、軽量なカーボン素材が採用されています。

 

2点目は回転軸の構造です。上記写真の左が「アルテグラ」、右がフラグシップの「デュラエース」というモデルです。明らかに左側の軸は右に比べ細身です。逆に右側の軸はガッチリしており、ライダーのパワーをしっかり受け止められる構造となっています。

 

ちなみにペダル選びの基準として最もスタンダードなものは、バイクに付いている変速機のグレードとペダルのグレードを合わせる事です。

ビィンディングペダル&シューズについて詳しく知りたい方は、下の記事もご参考下さい↓

コストパフォーマンス抜群!ロードバイク専用「ビンディングシューズ」の効果とは!?~BONTRAGER(ボントレガー)STARVOS&CIRCUIT~

⑤鍵

大切な愛車を盗まれたら笑い事では済みません。ちょっとしたコンビニ休憩でも油断大敵です!
しかしながら、大きくて頑丈なカギは荷物になってしまう事もしばしば。ですのであまり荷物にならず、かつ防犯性に優れるモデルをご紹介します。

「Bontrager ABUS Comp Combo/Keyed Chain Lock」価格:¥1,800-(税抜)

鍵のプロフェッショナル「ABUS(アブス)」製のチェーンロックです。

 

キータイプとダイヤルタイプの2種類が用意されています。主な特徴は、高い防犯性を誇る太さ4mm の焼入れ鋼製チェーンです。チェーンはバイクを傷付けないように、対刃布のスリーブでカバーされています。長さは60㎝あるので、余裕をもってバイクをロックする事が可能です。

⑥サイクルコンピューター

サイクルコンピューターは走行中の速度を始め、走行距離や走行時間等を数値化し記録する端末です。ロードバイクはスピードの出る乗り物なので、どの位のスピードで自分が走っているのか分かると増々楽しくなりますよ!また長距離を走る際は、ペース配分するのにも役立つため実用性も兼ね備えています。

「Ride Time Elite /DupTrap S Combo」¥15,500-(税抜)

基本的な機能を抑えた、ベーシックなサイクルコンピューターです。

スピードメーター本体と無線接続のセンサーがセットになっています。主な機能として、速度・走行距離・走行時間・総走行距離・時計・カロリーがあります。

更に「ケイデンス(ペダルが1分間に回転した回数)」の計測も可能です。

また別売りのハートレートセンサーを購入すれば画面に心拍数を表示できる等、本格的にトレーニングしたいという競技志向の方にも大変お勧めです。

⑦ボトルケージ&ボトル

スポーツを楽しむ上で欠かせないのは水分補給です。夏場であれば、1回のライドで3リットル飲み干すこともあります。

ロードバイクの場合、写真の様にボトルを2本取り付ける事が出来るため、走行中であっても容易に水分補給が可能です。

「Elite Cage(エリートケージ)」価格:¥2,100-(税抜)

最もオーソドックスなボトルケージです。これといった特別な特徴はありませんが、カラーラインナップが非常に豊富なので、愛車のカラーカスタムにも大変おすすめです!

「Bat Cage(バットケージ)」価格:¥1,500

ボントレガーのボトルケージといえば、「バットケージ」。30年程前からラインナップされている、ベストセラーです!先程紹介したようなカラーラインナップは無く、黒色のみの展開となっています。

一見何の変哲もないケージですが、高いホールド力が魅力です。

ちなみに、トレックのプロチームでも使用されており、実用性を重視するプロ選手から絶大な信頼を得ています。

「ボトル類」価格:¥690-(税抜)~

ボトルには様々な種類があります。主な違いは容量ですが、飲み口の形状やボトル自体の形状も多少異なるため、自分にとって使いやすそうなモデルを選ぶと良いでしょう。

⑧空気入れ

「Bontrager Chager」価格:¥4,400-(税抜)

スポーツ自転車専用の空気入れです。専用の空気入れが必要な主な理由は2点。

1つ目の理由は、タイヤへ空気を入れる差込口が「仏式」となっているからです。一般車(ママチャリ)とは異なるため、ご家庭でお使いの空気入れは適合しない場合が御座います。

2つ目の理由は、スポーツバイクの場合、車種やタイヤごとに適切な空気圧が決まっているからです。

専用の空気入れには、空気の量を管理するメーターが付いています。これを見ながら空気を入れる必要があります。また3~4日程放置していると空気がかなり抜けてしまうため、通勤や通学で毎日乗るという方は2日に1回程のペースで空気を補充しなければなりません。スポーツバイクに乗る上で、空気入れは必須アイテムと言えます。

⑨パンク修理キット

スポーツバイクで発生するトラブルの1つが「パンク」です。頻繁に発生する事はありませんが、ご自分で修理できないと身動きが取れません。ですので、パンク修理キットはライドのお供として、常時携帯しておく事をお勧めします。
また当店ではパンク修理をマスターして頂くため、講習会を毎月開催しております!お気軽にご参加下さい!(※要予約)

「パンク修理講習会」を開催しました!春からサイクリングを楽しむための必須スキル!

「Bontrager Tire Lever」価格:¥390-(税抜)

パンク発生時、ホイールからタイヤを外すために用いる工具です。

 

写真の様にリム(ホイール外周部)とタイヤの間に噛ませて使用します。

「Air Rush Road Poump」価格:¥4,200-(税抜)

こちらは、2つの機能が1つになった優秀なアイテムです!その2つの機能とは何か?

 

1つ目は、携帯ポンプ機能です。出先でパンクした際に、空気を入れるために必要となりますが、手押しの為ポンピング回数が多く時間と労力が掛かります。

 

2つ目は、CO2ボンベ機能です。こちらは手押しポンプと異なり、圧縮空気を充填するだけなので、数秒足らずでタイヤに空気が入ります。ただし、使い方をマスターしないと上手く空気を入れられず、カートリッジを無駄使いしてしまうので要注意です。

そんな2つの機能が1本にまとまっているので、非常にコンパクトで荷物がかさばる事もありません。また重量も72gと非常に軽量なため、1本持っておくと安心してライドに出掛けられますよ!


いかがでしたか?今回ご紹介した製品はごく一部に過ぎません。ですのでお客様お一人お一人のライドスタイルや好みに合わせて、最適なアイテムを選ぶ必要があります。
「何を揃えれば良いか分からない。」「気になる商品がある。」という方はスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

 

この春から私達と一緒に、快適で楽しいロードバイク生活を謳歌しましょう!!

====================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 藤木 大貴
====================================================================

天理店facebookをフォローしよう!

ストアニュース更新お知らせの他に、スタッフが走ってる様子や日常をアップしているので、是非ご覧下さい!

代表 丹のInstagram公開中!

ライドやカスタム等の様子がアップされています。こちらも是非ご覧下さい!