バイシクルカラー奈良天理店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

ロードバイクで飛鳥~御所、吉野へ!奈良の山を巡るスタッフライドへ行ってきました!

ロードバイクで飛鳥~御所、吉野へ!奈良の山を巡るスタッフライドへ行ってきました!

こんにちは、鈴木です。昨日はバイシクルカラーのスタッフで飛鳥~御所、吉野を走ってきました!

目的はサイクリングイベント「10/27(日)秋の奈良山を巡る飛鳥~御所、吉野ライド」のコース下見です。詳細についてはリンク先をご確認ください。

スタートは飛鳥駅。そう言えば集合写真はこの一枚のみ・・・写真に写るバイシクルカラー各店スタッフ(鈴木、藤本、藤木、武本、原)と、昨年まで奈良天理店でアルバイト勤務していた金築が西宮から駆けつけてシャッターを押してくれました。

因みにスタッフバイクは左からTREK(トレック)の「EMONDA」「EMONDA」「MADONE」「MADONE」「DOMANE」と、見事に好みが分かれています。みんな自分のバイクがベストだと思っています・・・

出発は朝8時前、若干肌寒いくらいの気温の中、まずは御所方面へ向かいます。西に見える山の境界がくっきりしていて、清々しくライドが始まりました。

御所市街を抜けて山の麓、少し標高が上がった所です。写真では分かりづらいですが、進行方向左側の景色が大きく開いて見晴らしの良い高台ルートです。終始喋りながらのリラックスサイクリングで、景色を楽しめるちょうどいい感じのペースです。

稲刈りが始まっています。このコースは綺麗な田園風景も魅力です。できれば27日のイベント当日まで刈り取らずに待っててほしい・・・

近鉄福神駅を過ぎ、梨で有名な大阿太高原へ。ここまでじわじわと上ってきましたが、高原の後は爽快な下り坂です。

下市口駅そばのコンビニでひと休み。イベントの下見なので、他の立ち寄りやすいコンビニもチェックします。スタッフ武本に至っては、走行しながら自動販売機の数まで数えてくれていました。

その後は吉野川沿いに、ほとんど平坦な道を進みます。交通量は少ないですが、道幅は広くないので対向車に注意。

本当に雲一つない秋晴れ。

歴史を感じる街道を抜けると、

柿の葉寿司で有名な「平宗吉野本店」さんへ到着。イベント当日はここで昼ご飯を頂く予定ですが・・この日は出発が早すぎてオープン前に到着してしまいました。

そこまでお腹も減っていないし、このまま飛鳥まで行ってしまおう!と言う事で、吉野川を渡って峠を目指します。

目指したのは「芋峠」。飛鳥までどのルートで抜けるのが良いか?吉野付近が地元のスタッフ2人と相談した結果、距離が多少長くとも、比較的安全だと言う事でこのルートを選びました。

段々と林が深くなり幻想的な雰囲気に。

確かに距離はなかなかありますね。イベント当日は途中で何度か休憩を挟む予定なのでご安心ください!

峠の頂上へ到着!20代前半の、パワーを持て余した4人のスタッフが待機してくれていました。

峠のあとも幻想的な下り坂が続きます。一人で走ると少し怖いくらいの雰囲気がありますね。

影が多く、路面が荒れている箇所もあるので要注意です。

今の季節は栗のパンクも要注意。

案の定、藤木が栗を踏んでパンクです。手際よく修理している間に、

他のスタッフはのんびりした飛鳥の空気に馴染みます。

稲渕地区の棚田を抜けて、石舞台方面へ。

まさに「日本の原風景」といった感じですね。景色もさることながら、この辺りは程よいカーブと傾斜の下り坂です。ロードバイクで抜けるのが本当に気持ち良いですね。

石舞台まで戻って傍のレストランへ。さすがにお腹が減りました。普段別々の店舗で勤務しているスタッフが久々に集まると、話題に事欠きません。しばらく喋ったのち、この日のライドは飛鳥で解散!

山に囲まれた奈良盆地の風景や、広々した吉野川。杉に囲まれた木漏れ日を抜けて、飛鳥の田園景色も楽しめました。お喋りしながら走れる、ゆとりの走行ペースも大事ですね。

下見ライドの結果、「10/27(日)秋の奈良山を巡る飛鳥~御所、吉野ライド」イベントのルートは距離を短く変更する予定です。近日中に新しいルートを掲載する予定です。
当日は安全に楽しみましょう!!

=============================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店。
バイシクルカラー奈良天理店 鈴木 恒
=============================================================================