バイシクルカラー奈良天理店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

ロードバイクと共に蘇る青春のおもひで。愛車MADONE (マドン)で人生初の淡路島一周(アワイチ)へ行ってきました!

ロードバイクと共に蘇る青春のおもひで。愛車MADONE (マドン)で人生初の淡路島一周(アワイチ)へ行ってきました!

2019-11-02T17:32:44+00:00 2019/11/2|サイクリング|

こんにちは、今年も「彼女いない歴=年齢」の更新を間近に控えた藤木です。

実は少し前から膝の調子が悪く通院しています。そのため休みの日は、映画やドラマをだらだら鑑賞するぐーたら生活。そんな生活へ終止符を打つべく、リハビリがてらに淡路島一周(アワイチ)へ行ってきました!

アワイチは総距離150kmと慣れている方であれば半日ほどで走れるのに加え、関西圏からのアクセスも良いため気楽にチャレンジできます。

今回の目的はリハビリがてらに走るだけなので、休憩は全てコンビニでサクッと終わらせています(笑)
地元のおいしいグルメや美しい景色が気になる方には申し訳ないですが、私が個人的に気になったスポットを簡単にご紹介していきます。


この日は、朝8時にスタート地点となる「Circolo (チルコロ)」さんへ。チルコロさんの詳細は下のリンクからご覧ください↓

『バイカーズカフェ チルコロ』ってどんな店?

目印は赤いマーク。皆さんはご存知でしょうか?

これは「アイアンマントライアスロン」のロゴですね。トライアスリートなら一度は完走したい、トライアスロンの最高峰レースです!

余談はさておき、美しい朝日を横目にスタートします。

スタートからしばらくは、市街地を走ります。平日と言う事もあり、交通量が多かったです。

突然、真っ白な石像が現れました。

よーく見ると、この石像の中に入れるようです。といっても、これを建てた方は既にご存命ではなく廃墟化。夜な夜な肝試しで入る若者が多いのだとか。こういう謎めいた建物に入りたくなる気持ち分かります。

また道中には、トレーラーハウスが並んでいました。ここに住んでいる人は地元の方ばかりなのでしょうか?

もし自分がトレーラーハウスに住むなら、趣味の空間として利用したいですね♪

しばらく海岸線沿いを走ります。この日は天候に恵まれ、夏ウエアで早朝から走れる程、適温でした!

30km程走っていったんコンビニ休憩。

意外にも早い休憩と思うかもしれませんが、ここまでかなりのスピードで走行。たった30km程しか走っていませんが、気付けば1000キロカロリー以上消費していたので朝食を追加で食べる事になりました。

ちなみにコンビニには野良ネコちゃんが住み着いていました。

サンドウィッチやお握りを食べていると、執拗なまでに追いかけてきます(笑)かなり食いしん坊なようです。

ネコちゃんに別れを告げて、しばらく走ると淡路島名物の”アレ”が出現します。

「ナゾのパラダイス」淡路島の有名珍スポットです。

私もこの施設が一体何なのかはよく知らいないのですが、上岡龍太郎さんが探偵ナイトスクープにいた頃、取材を受けて話題となりそれ以来淡路島の珍スポットになったようです。

「ナゾのパラダイス」を詳しく紹介されている方の記事を載せておきますのでご覧ください↓

淡路島の有名珍スポット「ナゾのパラダイス」に訪問した!

謎を残したままパラダイスを後にして下山。

下りきると海が広がっていました!

海沿いに真っすぐで走りやすい道が続きます。潮風が心地良かったです!

途中でお猿さんの看板が出現!ここはモンキーセンターという野生猿を観察できる施設。自販機が施設内に設置されているので、水分補給が可能です。

モンキーセンターを後にし、アップダウンの激しいコースを抜けるとアワイチ最大の目的地に到着します。

「青年交流の家」です。皆さんにとっては「ナゾのパラダイス」以上に謎だと思いますが、私にとっては思い出の地です。

何の変哲もない、施設内の道ですが、、、

ここは私が大学生の時に所属していた、トライアスロン部の夏合宿で練習拠点としていた場所です。この場所に立つだけで、色んな思い出が甦ります。

実はモンキーパークがある海沿いの道も合宿で走っています。

また青年交流の家から少し先にある、この直線道も色んなエピソードが詰まっていますが、思い出を一つ一つ語り出すときりがないので止めておきます(笑)

ちなみにこの直線を抜けると短い峠があり、そこの頂上が島半周の75km地点となります。

頂上からの景色はこんな↑感じとなっており、町を一望できる高さです。坂を下って福良港を目指します。

福良でコンビニ休憩を取った後は、ほぼノンストップで半周を走りました。残り半周は向かい風が強く必死でペダルを回し、己の体に鞭を打ちました(笑)


いかがでしたか?今回のブログではコースの全行程をご説明できませんでしたが、比較的簡単で分かりやすいコースという印象を受けました。また近々アワイチに行きたいと思うほど楽しかったです!

最後に簡素ではありますが、ガーミンのログを載せておきます。

アワイチに挑戦してみたい方やコースの詳細を知りたい方は、是非藤木にお声掛けください!!

=================================================================
奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)クロスバイク、ロードバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 藤木 大貴
================================================================