バイシクルカラー奈良天理店のスタッフがそれぞれの目線で情報をお届けしていくブログ!

マウンテンバイク、チェーンステーの傷が気になる方に。チェーンステーガードのお話。

マウンテンバイク、チェーンステーの傷が気になる方に。チェーンステーガードのお話。

こんにちは、北村です。

最近当店でもじわじわとマウンテンバイク人気が高まってきており、店頭でたくさんの質問を受けます。
その中でも多いのが、「山の中を走ると、やはりフレームに傷がいきますか?」と言う質問です。

結論から言いますと、絶対に傷は付きます。むしろそれでこそマウンテンバイクとして正しい乗り方です!
・・・とはいえ、付かなくてもいい傷は極力つけない方が良いに決まっています。

マウンテンバイクで傷が付きやすい箇所の代表格が「チェーンステイ」です。

チェーンステーとは、チェーンの下にあるフレームの部分の事です。
マウンテンバイクの激しいライドでは、ライド時にチェーンが激しく上下に暴れるため、
チェーンステーに傷が付く事は良くあることです・・

私のマウンテンバイクには、最初から黒いガードが付いているために心配ないのですが、
何も付いていないバイクに関しては、何かしらの対策をしないと、ライドで傷だらけになります・・

そんなときに大変便利なアイテムが「チェーンステーガード」です!

ガードの一例

LIZARD SKINS(リザードスキン)NEOPRENE BIKE PROTECTION  サイズS/M  ブラック/レッド
Sサイズ(外周70-100mm) ¥1,100-(税抜) Mサイズ(外周100-125mm) ¥1,200-(税抜)
※長さはともに280mm。

ネオプレーンと言う、伸縮性のある生地になっており、チェーンステーに巻き付けて使います。
どれだけチェーンが暴れようが、カツンと言う音もしなくなり、非常に快適です!

GIZA PURODUCTS フレームプロテクター ¥900-(税抜)

こちらはシールタイプのプロテクターです。クリアカラーなので、目立ちにくいのが特徴です。
「ハイモジュールPU」と言う特殊素材を使用し、耐久性も抜群です!


さて、このフレームプロテクターですが、構造を見れば非常に単純なので、自作できないかと思い立ち、
実際に作ってみることにしました!ピンクが欲しかったというのが一番の本音ですが(笑)

まずは材料の調達です。伸縮性も良く、ある程度の耐久性もありそうなピッタリの素材を発見しました。
100均で売っていた、大きめのポーチです!この生地部分をまずは分解します。

縫い目を綺麗にほどき、二枚に分解します。長さもちょうどよく、ベストな素材です。

そしてこれを惜しみなく裁断します。余談ですが、二枚取ることができるので、コスパは最高です(笑)

端にほつれ止めミシンをかけます。ちなみに私の家にはミシンが3台あり、私の洋裁歴は10年以上です(笑)
こんなくらい朝飯前なのです。

裏表にマジックテープを縫い付けてできあがり!マジックテープは手芸用品売り場で200円くらいです。

クロスバイクで実際に運用していますが、何の問題もなく使用できています!汚れていると言う事は、
それだけチェーンが暴れていると言う事ですね。フレームも汚れにくくなり、一石二鳥です!
汚れが気になる方は、定期的に手洗いしてくださいね。

材料費はわずか数百円!作ろうと思えば2つ作れるので圧倒的コスパ(笑)
市販品にはない、自分だけのカラーが欲しい方は、自作も良い選択肢だと思いますよ!

マウンテンバイクだけでなく、バイクを綺麗に保ちたい、傷を付けたくないという方は、
是非ともチェーンステーガード、試してみてください!

奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク専門店
バイシクルカラー奈良天理店 北村