TREK EMONDA(エモンダ) SL7!2022年モデルの在庫あります!~SHIMANO 新型Ultegra Di2(R8170)を搭載した話題のロードバイク~

TREK EMONDA(エモンダ) SL7!2022年モデルの在庫あります!~SHIMANO 新型Ultegra Di2(R8170)を搭載した話題のロードバイク~

2021-11-22T18:08:58+00:00 2021/11/22|ニュース, 展示車のご紹介|

新型Ultegra R8170 (Di2&油圧ブレーキ)を搭載した、EMONDA(エモンダ) SL7が在庫として入荷しました!!
登美ヶ丘店には7台入荷しましたが、なんと6台が既にご予約済み、もしくは入荷時点でご成約となりました。今話題のロードバイクです。

現在販売可能な在庫は、登美ヶ丘店、天理店、東大阪店に52cmサイズが各1台づつとなります!

在庫サイズ:52cm 各店舗1台づつ

TREK(トレック) EMONDA(エモンダ) SL7 DISC
¥663,300-(税込)

カラー:・Mulsanne Blue/Trek Black
フレーム:OCLV500カーボン
コンポーネント:Shimano Ultegra R8170(Di2&油圧ブレーキ)
ホイール:Aeolus Pro37  重量 1,505g(ペア)
ハンドル:Pro VR-C カーボン
シートポスト:カーボンシートマスト

 

(次回の入荷予定)
※各1~2台の入荷です。これを持って国内完売の見込みです。早めのご予約がお勧めです!
50cm 2022年 1月下旬
52cm 2022年 5月中旬
54cm 2022年 4月下旬


 

それではSL7をご紹介します!
まずはこの綺麗なフレームカラーをご覧ください。

ベースは深くて濃い青色ですが、トップチューブはグロスからマット、そしてまたグロスへと変化するこだわりのあるカラーです。

 

マット塗装はカーボン地が透けて見える、軽量フレームならではの仕上げです。

 

ロゴはメタリックシルバーですが、よく見るとヘアライン仕上げの様なメタルな素材感を表現した独特な塗装です。
単なる色味の表現だけでなく、素材感をもって主張してくる辺りは、機材の域を超えた趣味の道具に相応しいカラーです。

 

フレームのグレードはOCLV500カーボン。EMONDA(エモンダ)のカーボンフレームはハイエンドである”SLR”と、今回の”SL”の2種類があります。
このOCLV500は剛性と振動吸収性、また軽さと価格などあらゆる要素を上手くまとめ上げた、一番沢山の方に乗って頂きやすいグレードです。

 

またSL7には初めから前後で約20万円のカーボンホイールが装着されます!リムの外幅は28mmとしっかり最新のワイドリムでありながら、重量は前後で1,505g!
後々欲しくなるホイールが最初に採用されているのは、かなり大きなメリットです。

 

そして、何といってもSL7の特徴は新型Ultegra(アルテグラ)Di2ではないでしょうか!
先日、満を持して発表になったばかりの12速セミワイヤレスコンポーネントです!

コロナ禍による生産の遅延もありますが、現在この新型コンポーネントをご注文頂いても納期が未定となっております。そんな超貴重なコンポーネントが、SL7には既に取り付けられているのです!当然入荷台数はごく少量です。

 

そんな新型コンポーネントの特徴は、まずはセミワイヤレスである点です。

 

STIレバーからリアの変速機までワイヤレスで信号を送る為、ハンドル周りはブレーキホースしか存在しません。昨今のケーブル内装型フレームと相性が良い設計です。当然メンテナンス性も抜群に向上しております。

 

またこのブラケット形状も人間工学的な視点でかなり進化しております。前作もコンパクトで握りやすかったのですが、今回は少し内側に振った形状の為、握手する様に手を差し出した際、手の平が吸い付くような優れたフィット感を実現しております。

 

また前後に若干長くなったブラケットは、ハンドルとブレーキレバーの間に指が3本違和感なく収まります。今までなんとなく握っていたSTIレバーですが、新型はしっくりと指が定位置へ収まります。

 

STIレバーは常に触れる場所ですし、また変速やブレーキ操作にも影響しますから、その形状と言うのはとても大切な要素なのです。
写真だけでは分かりにくいですが、このブラケット形状だけでも新型コンポーネントが欲しくなるくらいです。

 

変速性能を見ますと、変速スピードが格段にアップしています。またチェーンを斜めにかけた際(たすき掛け)でも、ゴロゴロといった異音が減少し、とても滑らかなフィーリングを実現しています。

 

そして私が一番驚いたのはフロント変速の速さです。ビックリするくらい速い動きをします。ここまで大幅に動きを変えてきた事に正直びっくりしました。
フロント変速=重たい、もたつく、そんな常識が覆ります!

 

またロードバイクのディスクブレーキが誕生して4年程でしょうか。ディスクブレーキパーツがマイナーアップデートを繰り返し、完成度がかなり高まっています。
まずは熱変形を受けにくいローター。さらにパッドのクリアランスも10%拡大しローターとの擦れを軽減しております。

 


いかがでしたか?コンポーネント、フレーム、ホイール、魅力的なアイテムばかりで構成されていると言っても過言ではないEMONDA SL7!

価格は約66万円ですが、海外と比較すると日本はかなりお得な価格設定に感じます。

 

そして実は驚く事に、店頭在庫の1台と、来年入荷予定の1~2台を持って早くも完売表記になっています。。。ご購入出来るのは今のうちかもしれません。

ぜひお早めに店頭にて実車をご覧くださいね!


 

Facebookをフォロー頂くと、スタッフが走っている様子やブログ更新がタイムリーにご覧いただけます!

 

インプレッションアドバイザー大森のInstagramも更新しています。
日頃のサイクリングの様子はもちろん、年間2万キロ走るからこそわかる直感的なインプレッションもお伝えします。

 

また最近現役時代と変わらない程のパフォーマンスまで仕上げてきたスタッフ吉岡のInstagramuもご覧ください。

 

さらに代表の個人的な自転車日記(Instagram)も更新しています。
ロードバイク以外にもMTBやランニング、スイム、トライアスロン等楽しみ方のヒントになれば幸いです。

 

少しマニアックな技術や商品ネタは代表ブログからご覧ください。


奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク(MTB)専門店。
バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店

バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店はサイクルスタート掲載店です。