マウンテンバイクは電動が面白い! ~TREK(トレック)のe-MTBから、Rail(レイル)5とRail9.7のご納車です~

マウンテンバイクは電動が面白い! ~TREK(トレック)のe-MTBから、Rail(レイル)5とRail9.7のご納車です~

2021-05-21T16:45:51+00:00 2021/05/21|ニュース|

お客様の電動マウンテンバイク(e-MTB)が入荷しました!Rail9.7とRail5の2台をご紹介します。

TREK(トレック) Rail 9.7 ¥904,200-(税込)
フレーム:OCLVカーボン
ホイール:Line Comp30 カーボンホイール 
コントローラー:Bosch Kiox
モーター:Bosch Performance CX
バッテリー:Bosch PowerTube 625
ドライブ:SRAM NX Eagle 1×12s

Fフォーク:RockShox Yari RC 160mm
Rサス:RockShox Deluxe Select+
重量:22.77Kg (チューブ込み)※ベースはチューブレスです。


 

まずはトップグレードのRail9.7です。e-MTBでありながらフレームとホイールにカーボンを採用したハイパフォーマンスモデルです。

 

 

弟分であるRail5と比べ1kg程軽量化されていますが、特にホイールをカーボンにすることで、トレイルでの走破性や段差を乗り上げる際の軽さが群を抜いて向上しています。
たった1kgと思われるかもしれませんが、実はMTBにとって足回りの軽量化は、ロードバイク以上に効果的なのです!

 

また標準でチューブレス仕様となっています。MTBでトレイルを走る方には嬉しいですね!

 

ディスプレイはKiox(キオックス)と呼ばれる、スマホのアプリと連携できるモデル。スピードやケイデンス、自分のパワーまでも表示出来る為、もはやサイクルコンピューター要らずと呼べるスペックです。

 

自分のパワーも表示出来ますので、e-MTBとは言えしっかり運動出来ますよ!
ちなみにディスプレイはGARMINの様に細かくカスタマイズ可能です。ただ日本語に対応していません。とはいえ分かりやすい単語しか表示されませんので安心頂いて大丈夫かと思います。

 

画面はタッチパネルではない為、操作は手元のコントローラーで行います。慣れてしまえば簡単です。特に走行中は画面をスクロールしたりすることも少ない為、モーターのモード選択ボタン(+ or -)がメインとなります。

 

モーターユニットはTREKのe-MTBでお馴染みのBosch(ボッシュ) Performance CX。

瞬間の最大アシストは200%と、ビックリする様な高トルクですが、その高出力だけが特徴ではありません。このPerformance CXはペダリングに対する反応が早く、漕ぎだすとタイムラグを感じる間もなくガツンと一気にトルクが発生します。

 

 

またパワーカーブと呼ばれる持続する出力の変化がとても繊細で、ペダル一回転の中で非常に細かくトルクが変化します。

自分で漕いでいる感覚に沿ってパワーが掛かるので、いわゆる多くの方が想像する「アシスト自転車」とは全く異なるものです。

またe-MTBモードと呼ばれるモードが搭載されているのもポイントです。こちらはトルクが二次曲線的に変化する為、不整地でのトラクションを考慮したとても優れたモードです!

 

 

バッテリーもフレームに内蔵され、一見電動とは気付けない程スッキリとしたルックスですね!


 

続いて、お求めやすい価格を実現したRail5です。

TREK(トレック) Rail5 ¥685,300-(税込) 
コントローラー:Bosch Purion
モーター:Bosch Performance CX
バッテリー:Bosch PowerTube 625
ドライブ:SRAM SX Eagle 1×12s

Fフォーク:RockShox 35 Gold RL 150mm
Rサス:RockShox Deluxe Select+
重量:23.53Kg (チューブ込み)


 

フレームやホイールにアルミを採用し価格を抑えていますが、上で紹介した9.7と同じモーターやバッテリーを搭載しています。

 

また何といってもRail5はこのカラーが特徴ですね!マウンテンバイクとは思えないラグジュアリーなカラーは、山の中だけでなく街中でも映えます。

 

コントローラーは直感で操作しやすいBosch Purion(ピューリオン)。必要最低限の機能に特化しつつも、全く不足を感じない優れたコントローラーです。

 

バッテリーとモーターは、上位モデルの9.7と同じものを搭載しています!これは嬉しいポイントですね!


 

いかがでしたか?e-MTBは高額ですが一度乗るとその世界に魅了されてしまいます。

たとえばマウンテンバイクで山の中に入ると、ロードバイク以上に登りで体力を消耗し、半日も走ればクタクタです。
しかしe-MTBであれば体力を気にせずガンガン山の中へ入って行けますので、遊べる時間も大幅に延びます。

事実私は、e-BIKEのお蔭で新しいコースを開拓できました。

また単純にスピードが上がる為、自分が飛躍的に能力が向上したかの様な、何とも言えない優越感に浸りながらライドが出来ます。ある意味怖いでほどです。。


 

下記では、少し前にご納車させて頂いたRail5もご紹介しています。ぜひご覧ください!

 

またスタッフでe-MTBを試乗した様子はこちらからご覧頂けます。

 

またシティータイプのe-BIKE、Verve+2の試乗車も常設しております。


 

Facebookをフォロー頂くと、スタッフが走っている様子やブログ更新がタイムリーにご覧いただけます!

 

代表の個人的な自転車日記(Instagram)も更新しています。
ロードバイク以外にもMTBやランニング、スイム、トライアスロン等楽しみ方のヒントになれば幸いです。

 

またインプレッションアドバイザー大森の自転車日記(Instagram)も更新しています。
日頃のサイクリングの様子はもちろん、年間2万キロ走るからこそわかる直感的なインプレッションもお伝えします。

 

また少しマニアックな技術や商品ネタは代表ブログからご覧ください。

 


奈良市、天理市、東大阪市のTREK(トレック)のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク(MTB)専門店。

バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店